teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


お礼

 投稿者:管理人補佐  投稿日:2017年 9月13日(水)07時58分11秒
編集済
  筑波様

ご厚意有難うございました。
父、清水敏夫は先週末から北海道に旅をしています。
今週末には帰宅する予定ですが確かではありません。
気まぐれな父で申し訳ございません。
 
 

古い歌

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 9月 6日(水)13時24分54秒
編集済
  「コ・コ・モ」         清水敏夫

ゴールディ・ヒルの古いLPを聴いていたら、
「コ・コ・モ」というR&Bふうな曲が出てきた。
そういえば、大昔に石橋イサオさんから歌詞を求められた曲。

私たちの若いころ、ルイ・アームストロングらの歌で大ヒットし、
日本の歌手も競って歌っていた記憶がある。
私の聴いたのはゴールディ・ヒルとレッド・ソヴァインのカントリーデュオ。

ホーン・セクションでリードするポップ系と異なり、
カントリー版はホンキートンク・ピアノが軽快にリードする仕上がり。
不思議なもので、このヴァージョンで聴くと、生粋のカントリー曲に聴こえる。

「KO KO MO」とはインディアナ州の町の名前で、
語感がリズミカルな曲に合うのか、町の名を擬人化した歌詞がついている。
北東部ではポップ系、南西部ではこのヴァージョンで楽しんだのであろう。
 

ライブのお知らせ

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 8月29日(火)11時00分17秒
編集済
           ☆ 石橋 イサオ ☆

    9月17日(日)  2;00~4;00 pm

         「レミューズカフェ」
       京都・伏見納屋町 寺田屋近く
      TEL 075-622-0014

      采野弘和  中村昌三  蔦川 元

           チャージ 1500円 (ドリンク代別)

    お問い合わせ   090-5662-0929
 

お返事

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 8月25日(金)09時19分25秒
編集済
  Yumiさん

「カントリーゴールド」には何度か行き、
プログラムにも何度か原稿を書かせていただきましたが、
私はスタッフでもなく、実行委員会にも属していません。

したがいまして、
お話の件にはご期待にそえません。
悪しからずご了解ください。
 

ライブのお知らせ

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 8月23日(水)12時32分36秒
編集済
             2017 カントリーゴールド

   10月15日(日) 9:00オープン  12;00スタート
               雨天決行

               アスペクタ
             熊本県阿蘇郡南阿蘇

   出演;ジョージ・ドゥーカス   クリー・ハリソン
      ジェームス・カロザース  米国空軍太平洋音楽隊
         チャーリー永谷&キャノンボール

       お問い合わせ: 096-359-2735

     ※ ポスター、フライヤーがお入り用のお店は拙宅までどうぞ。
 

返信

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 8月21日(月)09時34分3秒
編集済
  大野木さん

お喜びいただけて幸いです。
まだまだ重複しているLP、CDがたくさんありますので、
お聴きになりたいカントリー、ブルーグラスをお知らせください。

ジョニー&ジャックのCDでは、[Poison Love][Don't Say Goodbye If You Love Me]
[Goodnight It'S Time To Go][Oh Baby Mine]などのヒット曲が網羅された下記がお勧めです。
☆ For Old Times Sake / Johnnie & Jack (BEAR FAMILY BCD-1663) 32曲収録。

PS もし、入手困難でしたらご連絡ください。




 
 

曇りの日は

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 8月15日(火)11時20分40秒
編集済
  「今日は曇天」                 清水敏夫

こんな日はテネシーの陽光を連想させるエディ・アーノルドの歌がいい。
高校時代、私はFEN放送に明け暮れ、そのために学校は午後登校。
11時からカントリーの放送があるので、やむにやまれぬ男の道であった。

毎日、午後から来る私に先生が尋ねた。「どうして朝から来られないのか」
私は誠実に答えた。「家計が苦しく、朝は新聞と牛乳を配達しています」
先生は同情し、午後登校を黙認してくれた。後にバレて「道徳」が1になった。

当時のFENは、どの番組も同じ歌手の同じ曲をかけまくっていた。
そうか、これがアメリカ流の音楽普及術かと感心し、
後にDJになってから、私も自分の好きな曲は毎週オンエアしていた。

エディ・アーノルド、マーティ・ロビンズ、ファロン・ヤング、ハンク・スノウ、
スピーディー・ウエスト&ジミー・ブライアントらがDJのお気に入りであった。
あまり毎日聴くのでウエストス&ブライアントが少し嫌いになった。

いつ聴いてもエディの歌は心のひだに染み込んでくる。

推薦アルバム
Country Songs I Love to Sing / Eddy Arnold (RCA)
All-Time Favorites / Eddy Arnold (RCA)


 

返信

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 8月13日(日)16時13分32秒
編集済
  脇谷さん

私の持っている最新のフーズフーをご紹介しておきます。

The Illustrated Encyclopedia Country Music (SALAMANDER BOOK LIMITED)

各歌手のバイオグラフィと代表的なLP,CDをカラー写真で紹介してあります。
208ページ、英文。(発行年は記載されていません)

値段は確か3千円ぐらいだったと記憶しています。

もし入手できなかったら、同書籍のペーパーバック版がありますので進呈します。
紙質が少し落ち、写真もモノクロですが、お入り用でしたらご連絡ください。

アニタ・カーターは、絶対にお喜びになるCDをプレゼントしますのでお楽しみに。

※ フーズフー  (who's who) 人名録、名鑑
  バイオグラフィ(biography) 伝記、経歴、生い立ち
  ペーパーバック(paperback) 装丁、紙質などを節約した廉価本


 

お返事

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 8月13日(日)14時24分12秒
  菅原さん

お問い合わせの件、精査の上、私信にてお答えいたします。
 

拝復

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 8月11日(金)07時30分21秒
編集済
  Slimさん

こちらこそご無沙汰して申し訳ありません。
家では私のことを「糸の切れた凧」と陰口を言っています。
我が家3代、こよなく愛した三重県の榊原温泉に2,3泊の予定で行ったのが、
なんと半月も居続けたことがあります。

ご投稿を拝読して驚きましたが、
ご存じのわが愚妻もグレン・キャンベルの大ファンで、
ラジオ番組では家内がグレンの曲を選曲していました。
想定外の曲を選ぶので、それが新鮮で刺激を受たものです。

長年担当しましたFM大阪の「ポップス・イン・サンデーモーニング」は、
グレンとボビー・ジェントリーの「サンデーモーニング」をテーマ曲に使っていました。
奥様がグレン・ファンで、家内も喜びます。宜しくお伝えください。

追伸 「スリムさんの奥様もグレン・キャンベルがお好きだそうだよ」と家内に言うと、
   「まあ嬉しい。やっぱり女性の方が美的センスが高級なのね」と言っていました。
    たまたま流していたグレンの「ハンク・ウィリアムスを歌う」を耳にするなり、
   「これ、いただいていきます」と、勝手にCDデッキから出して持ちさりました。

推薦 カントリーファンには、
   I Remenber Hank  Williams / Glen Campbell (capitol)

     ブルーグラスファンには、
   Big Bluegrass Special / Glen Campbell (capitol)

     フォークファンには、
   Glen Campbell Sings America (capitol)   
 

グレン・キャンベル死す

 投稿者:slim  投稿日:2017年 8月10日(木)15時49分43秒
  先生、ご無沙汰いたしております。
私も他の方々と同様、長い間更新がなかったので心配しておりました。
再び精力的に書き始められたので、一安心しておったところです。

やれやれと思っていたところに、突然悲報が飛び込んできました。

昨日、スマホをいじっていた家内が、どこでそのニュースを見つけたのか、「グレン・キャンベル死んだよ」と私に言ったのです。
カントリー音楽にはほとんど興味を示さなかった家内ですが、グレン・キャンベルだけは別で、私がCDをかけても文句を言わず、それどころか「他のCD無いの?」とせがんだほど好きな歌手だったようです。

ということで、早速チェックをしたところ、8月8日に81歳で亡くなっておりました。アルツハイマー病に悩まされた晩年でした。

どういうわけか日本のカントリーファンにはあまり人気はありませんでしたが、私にとっては、マーティ・やマールに匹敵するほど贔屓の歌手でした。

天は二物を与えずといいますが、この人は歌だけではなく、ギターの腕前も超一流でしたね。

Youtubeを見ると、早速その死を悼む動画が無数にアップされています。
そんな中から、最期のアルバムからウィリー・ネルソンと共演した、"Funny How Time Slips Away"をご紹介させてください。

https://www.youtube.com/watch?v=j5KtCUHnAFw
 

拝復

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 8月10日(木)08時59分11秒
編集済
  Tさん

お叱りはごもっともだと思います。

10年にわたり、ほぼ毎日更新していた書き込みが途絶えたのですから、
ご心配頂くのは当然かと思います。本当に申し訳ありませんでした。

決してご懸念されるような状況ではなく、単純に多忙と横着が原因でした。
今後は長期外出に際しては、家人に近況を投稿させることにいたします。

ご当地の皆様に宜しくお伝えください。

 

安心しました

 投稿者:T  投稿日:2017年 8月10日(木)08時46分42秒
  長い間サイトの更新もなく、メールの返信もなく、
Sさん共々心配していました。
まずはお元気とのことで安心しました。
清水さんの場合は個人ではなく、
半分は公人といったお立場ですの
こまめにご消息を公表された方がいいと思います。
 

拝復

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 8月 9日(水)10時43分30秒
編集済
  脇谷さん

多くのお仲間にご心配をおかけしましたが、
持って生まれた風来坊気質で、欧州各国を旅していました。

さて、レフティのジミー・ロジャース・アルバムは、
[Lefty Frizzell Songs of Jimmie Rodgers] (CBS AHL-7241) MONO

もう1枚、同じレーベルで[Songs of Jimmie  Rodgers] というのもありますが、
曲順は前後しますが収録曲は同じです。

どちらもCD化されているかどうかは知りません。
出来栄えはカントリー史に残る傑作だと思います。
 

ご無沙汰しています

 投稿者:脇谷友和  投稿日:2017年 8月 9日(水)10時26分27秒
編集済
  何年ぶりに投稿します。
しばらく更新が途絶えていたので心配していました。
ご旅行でお留守をされていたそうで安心しました。
小生も定年後はサンデー毎日で、古いカントリーを楽しんでいます。
ご無沙汰のお詫びついでに質問させてください。
レフティ・フリッツエルのジミー・ロジャースを歌うアルバムを教えてください。
また、CD化されて発売されているのでしょうか?
よろしくご指導ください。

 

連絡

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 8月 7日(月)01時04分38秒
編集済
  大野木さん

承知しました。
他にお探しのLPがありましたらお知らせください。


 

拝復

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 7月29日(土)14時27分35秒
編集済
  大野木さん

お久しぶりのお便り、楽しく拝読いたしました。
その節はお世話になり、ありがとうございました。
孫は、目下、国家試験に向けて猛勉強中です。

さて、スタンレーブラザースは私も大好きで、
あの泥臭いヴァージニア・アクセントと迫力あるドライブ感がたまりません。
スタンレーのアルバムは全てが好きですが、心を鬼にして4枚を選びました。

☆ The Stanley Brothers Sing Everybody's Country Favorites (KING 690)  MONO
☆ Hymns And Sacred Songs / Stanley Brothers (KING 5045) MONO
☆ Stanley Brothers of Virginia  Vol、1
☆             〃                Vol. 2   (COUNTY 738, 739) MONO

PS 貴兄のお好きなジョニー&ジャックの傑作「ヒアーズ」を、
  国内盤と輸入盤とダブって所有しています。
  お入り用ならば1枚進呈しますのでご連絡ください。

  ドン・リノ&レッド・スマイリーも好きで集めています。
  お聴きになりたいアルバムがあればご連絡ください。

※ 秋ごろに上京の予定があります。決まりましたらお知らせします。
  お食事でもご一緒したいと思っています。







 

スタンレーブラザース

 投稿者:大野木康二  投稿日:2017年 7月29日(土)14時12分33秒
  先生のご健在を心から喜んでいます。
ほぼ二年ぶりに投稿させていただきます。
スタンレーブラザースで先生のお気に入りをご紹介ください。
 

拝復

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 7月26日(水)09時07分5秒
編集済
  大道義知さん

お元気でご活躍とのお便り、嬉しく拝読しました。
石橋イサオさんとは、定期的に電話で交流していますが、
機会に恵まれず、京都は数年来のご無沙汰です。

週刊朝日を見ていましたら、六曜社、進々堂、フランソワ喫茶店など、
懐かしい店名を見つけ、50年も昔にタイムスリップしました。
どの店も、わが青春のオアシスでした。

とりわけ、貴兄ともご一緒した河原町四条の六曜社が懐かしく、
学生時代は、立命館前の「コンドル」、丸太町の「幌馬車」と同様、
私たちの溜まり場でした。遠く過ぎ去りしあの日が懐かしく思い出されます。

なにとぞ重々ご自愛の上、京都市政にご尽力くださるようお願い申し上げます。

                              清水 敏夫

※ 大道さんは京都の市会議員さんで、
  ブルーグラスの愛好者でもあります。
  京都のお仲間のご支援をお願いします。



 

適材適所

 投稿者:清水敏夫  投稿日:2017年 7月23日(日)10時15分46秒
編集済
  「音もまた文化」

私の場合、いちおう音楽物書きとして恥ずかしくない程度のオーデオは揃えているが、
それとは別に、古いラジカセも愛用している。
その理由は、適材適所、聴く音楽によって使い分けているからである。

専門のカントリー、フォークなども、どちらかというとラジカセの方が似合うが、
そこは職業的虚栄心で身分不相応な機材を並べている。
しかし、日常的に使用するのはラジカセの方が多い。

オーデオ愛好家に言わせれば、古い音楽でもいい機材で聴くに限るというが、
私は情緒派というか、心情派というか、私の自我によるところが大きい。
今朝も私に部屋には、フォーエイセスの「三つの銅貨」、クールカッツの「シュブーン」

ドリス・デイの「シークレット・ラヴ」、フランキー・レインの「ジザベル」、
ローズマリー・クルーニーの「家においでよ」、ジョニー・レイの「クライ」など、
50年代のヒット曲が古びたラジカセから流れている。

たこ焼きをロイヤル・コペンハーゲンの皿に盛るミスマッチは避けたい。
 

レンタル掲示板
/119