teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:6/171 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

春季近畿大会

 投稿者:紀三井寺前列席クラブ①  投稿日:2016年 5月29日(日)16時12分51秒
  通報
  今日は近畿大会2日目我ら和歌山代表の智辯、有中の出場とあってスタンドは満員でした、よって今日は久しぶりに応援スタンドでの観戦をしました、最上段での観戦でしたので涼しい風が入りネットの邪魔もなくゆったり観戦でした。それでは先ずは我ら王者智辯の出番、京都翔英との試合からですが最初は翔英の投手の球の勢いがなかなか有り打つのに時間がかかるかなと思いましたが先頭の北阪君の長打で今日は振れてるなと感じさせました。圧巻は4回のビックイニングですが先頭野口君からの4連打!まさにかつての智辯の打棒が帰ってきたと言える当たりでした、ライナー性で非常に強い当たりをしていました。おまけにホームランも二本その中で北阪君のホームランは目を引きました。北阪君は1昨年秋からベンチには入っていましたがなかなかレギュラーではありませんでしたがベンチから守備からの声は非常に良く印象に残っていましたので応援していました、そして打撃では1年2人も良く振れており文元君、林君共に長打を含むマルチヒットさらに守備においては橋くんですね~、彼がエースになってから見違える様にテンポが良くなり守備に時間を掛けずに攻撃出来る状態になっています、次は履正社との1戦力の入る1戦となりますね~。
履正社は寺島くんと中軸の打線は脅威ですね、寺島くんを見るのとおそらく3番4番の選手を見にスカウト陣がわんさか来ていました。その中大敗しましたが有中としては学校にとって大きな一歩の試合となりました。さすがに力の差は大有りですので5回コールドは止むなしでしたがあの寺島くんから5回4安打は良くやりました。開始早々はノーヒットノーランされるのではと感じさせましたが、とにかく食らいついて行こうと言う心意気が伺えました。寺島くんは140㌔をはるかに回るスピードを出していましたが素晴らしいですね、秋に見たときから一回り大きくなっていた様に思います。
橋くんの手元で変化する真っ直ぐ対豪速球寺島くんの対決が本当に見ものです(^_^)
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/171 《前のページ | 次のページ》
/171