teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


青年革新懇交流会

 投稿者:i  投稿日:2015年 5月12日(火)08時51分10秒 zaq7ac55b06.zaq.ne.jp
返信・引用
  青年革新懇全国交流会開催へ
「安倍政権ノー」声上げ つながり、たたかい広げる
16、17日名古屋で 田中代表世話人に聞く

???? 青年革新懇全国交流会が16、17の両日、名古屋市内で開かれます。意義や魅力、青年革新懇の役割について、全国革新懇代表世話人の田中悠日本民主青年同盟委員長に聞きました。(写真)田中悠民青委員長 青年革新懇全国交流会は、2年ぶり2回目です。スローガンは「さぁ一歩、自由と平和はこの手の中に」です。 いま安倍政治に一番おびやかされている世代が青年です。ブラック企業・バイトの横行や非正規雇用の拡大が青年の貧困をひろげています。奨学金ローンの問題も深刻です。安倍首相がめざす「世界で一番企業が活動しやすい国」は青年の犠牲が前提です。「戦争立法」によって戦地へ派兵されるのは、こうした将来の選択肢を奪われた多くの青年です。

黙っていない

 しかし、青年も黙っているわけではありません。秘密保護法や原発再稼働の推進に各地で広範な青年が反対の声をあげ、一点共闘の大きなうねりを生みました。沖縄の新基地建設阻止への連帯や、「安倍政権ノー」の共闘へと発展しています。 声を上げはじめた青年が、生活向上、民主主義、平和の三つの共同目標にもとづく政治革新をめざす革新懇運動と響き合っています。要求とたたかい、悩みなども持ち寄り、政治革新へ発展させていく場が全国交流会です。 前回の交流会以降、五つの青年革新懇が誕生し、「政治に無関心な青年から、政治を変える青年へ成長できた」「自分らしさを発揮できる居場所ができた」と語られています。 全国交流会は、青年のつながりを広げ、政治に声を上げていく大事な結節点です。

広がる出会い

 全国交流会の魅力は生きた活動の交流と人との出会いです。青年ネットAICHIは、全国で最初につくられた青年革新懇です。全国各地の生きいきとした活動が学べます。運動のイロハがわかる分科会もあります。親睦を深める懇親会にも期待してください。 16日の全体会では翻訳家の池田香代子さん(全国革新懇代表世話人)と関西学院大学教授の冨田宏治さん(大阪革新懇代表世話人)が対談します。 日本共産党の池内さおり、本村伸子両衆院議員も参加します。国会報告など注目です。 分科会も充実です。奨学金とブラックバイトの問題を告発してきた中京大学教授の大内裕和さんの講演、「沖縄の今」では沖縄大学客員教授の小林武さん(全国革新懇代表世話人)を助言者に学びます。元自衛官や元自民党県議をパネリストに戦争立法の問題を学ぶ分科会、異業種交流の「はたらき方交流」など多彩。フィールドワーク「僧侶と語る平和」は、実際にお寺へ行き僧侶と交流するユニークな企画です。 いまの政治に対して「おかしいな」と感じている青年は迷わず参加してほしいと思います。政治や社会に「おかしい」と言える場所、行動のきっかけがないと考えている青年はたくさんいます。交流会への参加は、「おかしいことは変えよう」と踏み出す一歩になり、一緒に歩む仲間がきっと見つかるはずです。 さぁ一歩 自由と平和はこの手の中に いこまい!(行こうよ) あいち青年革新懇全国交流会2015 16日(土)全体会午後1時開会 17日(日)分科会午前9時~11時 名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール) 主催 全国革新懇、青年ネットAICHI 資料代500円(学生・障がい者無料) 問い合わせ 全国革新懇03(3357)5515 青年ネットAICHI052(872)6918

2015年5月11日(月)
 
 

保守だから 安倍ノー

 投稿者:i  投稿日:2015年 4月22日(水)11時05分40秒 zaq7ac54af5.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
  私は保守だから 安倍政治にノーの声をあげる
  中島岳志さん
(北海道大学大学院准教授・『週刊金曜日』編集委員)
  全国革新懇ニュース15年4月号



 「全国革新懇ニュース」4月号に、北海道大学大学院准教授・『週刊金曜日』編集委員の中島岳志さんが登場します。「リベラル保守」を自認する中島さんは、安倍内閣の政治は保守とは正反対だと断罪。秘密保護法やアメリカ一辺倒、集団的自衛権行使を批判し、「保守」「革新」の2分法をやめて協力する時代だと説きます。

 「大阪市廃止統合構想」について、大阪革新懇事務局長の服部信一郎さんが、安倍・橋下の「改憲タッグ」を打ち破ろうと全国に呼びかけています。

 NPT(核不拡散条約)再検討会議に参加する宮城泰年さん(全国革新懇代表世話人)が、宗教者としての平和の訴えをしています。

 

共同声明

 投稿者:i  投稿日:2015年 3月29日(日)17時35分18秒 zaq7ac55b06.zaq.ne.jp
返信・引用
  (紹介)法律家6団体の共同声明

 与党合意に抗議し、閣議決定の撤回と、
安全保障法整備の即時中止を求める法律家6 団体の共同声明

1 はじめに
 自民、公明両党は、今月20日、昨年7月1日の閣議決定に基づく新たな安全保障法整備の具体的な方向性について合意し、共同文書を発表した。今後政府は、この方向性に即して作業を加速化し、必要な法案を本年5月半ばには国会に提出できるようにさらに準備を進めていくとしている。
 そもそも、昨年7 月1 日の閣議決定は、集団的自衛権の行使は憲法上許されないとする歴代政府の憲法解釈を一内閣の独断で変更し、集団的自衛権の行使を含む自衛隊の海外での武力行使を容認し、日本を戦争のできる国に転換するものであり、許される条文解釈の限界を超え、憲法第9条そのものを否定する内容である。同時に、憲法第96条の改憲手続きによらず、閣議決定とその後の立法により、憲法9条の実質的な改憲を行おうとすることは、立憲主義と国民主権の原理にも反し違憲無効である。
 今回、発表された与党の共同文書は、この違憲の閣議決定に基づいて、安全保障法制の具体的な方向性を明らかにしたものであり、米国以外の他国軍隊の武器等防護のための武器使用まで許容する点など、昨年の閣議決定すらも踏み越える内容となっている。ここに示された法制の中身は、憲法第9条平和主義に違反するとともに、憲法第96条立憲主義の原理にも違反するものであり、違憲無効を免れない。
 私たち法律家6団体は、与党合意に強く抗議するとともに、政府に対しては、違憲無効の閣議決定を直ちに撤回し、現在進めている安全保障法制定作業を即時中止することを求めるものである。

2 共同文書「安全保障法整備の具体的方向性について」の問題点
(1)憲法第9条の下で許容される自衛の措置―集団的自衛権行使関連
 与党合意(共同文書)の問題点の第1は、自衛隊法、武力攻撃事態法等を改正し、わが国に対する武力攻撃が発生していなくても、わが国と密接な関係にある他国に武力攻撃が発生した場合(新事態)に、自衛隊による武力行使を認め、集団的自衛権の行使を可能とする点である。
 集団的自衛権の行使は、憲法9条の下で許されない国権の発動たる戦争、武力による威嚇又は武力の行使にあたり違憲である。そのことは、戦後約60年の長きにわたり、政府が堅持してきた解釈でもある。また、新3要件は、法律要件として著しく不明確であり、何らの歯止めにもならない。現に、安倍首相は、ホルムズ海峡が封鎖され石油の輸入が滞れば、存立事態に該当する余地があると、経済的理由による集団的自衛権の発動の可能性も否定していない。さらに、存立事態にあたるかどうかを判断するのは、国家安全保障局、国家安全保障会議(NSC)、最終的には首相判断であり、秘密保護法により、国会も国民も事実の検証がなんらできないままに、わが国が他国と戦争状態に入る現実的な危険が加わる。

(2)他国軍隊に対する支援活動―周辺事態法改正関連並びに国際社会の平和と安全への一層の貢献―PKO法改正関連等
 与党合意(共同文書)の問題点の第2は、日本の平和と安全、日米安保条約の効果的運用、国際社会の平和と安全への貢献などの名のもとに、自衛隊の海外派兵(派遣)を恒常的に解禁し、且つ、武器使用を含む自衛隊の活動権限と範囲を飛躍的に拡大し、米軍及び米軍以外の他国軍隊との一体的な共同軍事行動を可能にする点にある。
 従来の自衛隊の海外派遣法制は、PKO法、周辺事態法、テロ特措法、イラク特措法などがあるが、憲法9条の制約のもとで、時限的にも(特措法)、地域的にも(わが国の周辺地域、将来にわたって戦闘が発生しない非戦闘地域、後方地域など)、活動権限内容においても(正当防衛と武器等防護のためにのみ武器使用が許される、他国の武力行使と一体とみなされる活動を認めない、停戦後の治安維持活動は許されないなど)限定されてきた。
 しかしながら、与党合意は、これらの憲法9条による制約をすべてはずすことを目的としている。
 ア)すなわち、わが国の平和と安全に資する活動を行う他国軍に対する支援活動 -周辺事態法改正関連では、①自衛隊派兵(派遣)の要件を、わが国の平和及び安全に重要な影響を与える事態という漠然不明確で運用次第でいくらでも広がる要件に変え、②地域的にはわが国周辺地域に限定せず、無限定に地球上のどこでも派兵できるとし、③支援対象を米軍以外の他国の軍隊にまで広げ、④「後方地域」ではなく、「現に戦闘行為を行っている現場ではない場所」で、⑤武器弾薬の供給、輸送活動、空中空輸等々の軍事行動を支援活動として認める方向性である。これは、日本の安全にかかわる問題として、国連決議ないし要請は不要とされ、国会承認についても事前承認は「原則」であり、例外の余地を残している。
 戦闘地域の後方で給油を行うなどの支援活動は、武力行使と一体の活動以外のなにものでもなく、憲法9条の禁止する「武力の行使」そのものである。支援活動中の自衛隊自体が、相手(国)の攻撃対象にさらされるほか、戦闘現場で展開中の米軍ないし米軍以外の他国軍隊が、相手(国)から攻撃されれば、その場でなし崩し的に集団的自衛権の行使(戦闘状態に突入)となる危険性が極めて大きい。
 イ)さらに、国際社会の平和と安全への一層の貢献分野 -新法(恒久化法)PKO法改正関連では、新法(海外派兵恒久化法)においては、前記の周辺事態法改正と同旨の規定が盛り込まれることが予想され、また、PKO法を大幅に改変し、国連の決議に基づくものや、関連する国連決議がある場合のみならず、国連決議がない場合でも、要請があれば、米軍及びその他の国の軍隊の一員として紛争終結後の治安掃討作戦(治安維持活動)にも加わることを任務に加え、且つ、任務遂行のための武器使用を解禁する内容となっている。PKO活動にこれらの任務及び武器使用が認められれば、いわゆる平時が一転して有事に転換しかねない危険が増大することとなる。切れ目のない自衛隊の武力行使と集団的自衛権の法的根拠を与えるものにほかならない。

(3)武力攻撃に至らない侵害への対処(自衛隊法改正関連)
 与党合意(共同文書)の問題点の第3は、本来、警察権の管轄領域であるグレーゾーン事態に、自衛隊が堂々と武器をもって出動することを認め、さらに自衛隊及び米軍等の武器等防護の名の下に武器の使用=武力行使を認める点である。すなわち、与党合意は、わが国の防衛に資する活動に現に従事する米軍部隊の武器等の防護を自衛隊法95条の趣旨を踏まえつつ認めるとし、さらに米軍以外の他国軍の武器等防護についても検討するとしている。憲法9条の下、武器等防護のための武器使用については、職務上武器等の警護にあたる自衛官に限り認められるなど厳しく限定されてきたが、平時であるグレーゾーン事態に武器を持った自衛隊が出動することを認めれば、グレーゾーン事態が一転して国際紛争の火種を大きく燃え上がらせる事態に発展し、有事にもつながりかねない危険を飛躍的に増大させることは、PKO法改正の問題と同質である。

(4)与党合意に基づく安保法制が国民の命と平和な暮らしを守るか
 与党合意(共同文書)は、いかなる事態においても国民の命と平和な暮らしを守り抜くため、切れ目のない対応を可能とする国内法制を整備するとしている。
ここでいう切れ目のない対応とは、前述したとおり、憲法9条を実質的に改憲して、その足かせをはずし、自衛隊を平時有事を問わず、いつでもどこにでも切れ目なく派兵(派遣)し、米軍および米軍以外の他国軍隊と一体となって、あらゆる「脅威」に対して、戦争・武力による威嚇、武力の行使ができる体制の法整備を指す。これは1990年の湾岸危機、翌年の湾岸戦争以来、一貫してアメリカが日本に要求してきた「血を流す」軍事的国際貢献であり、2013年10月3日の日米安全保障協議委員会(「2+2」)の共同発表「より力強い同盟とより大きな責任の共有に向けて」や、昨年10月8日に発表されたガイドライン再改定の中間報告で「切れ目のない、力強い、柔軟かつ実効的な共同の対応」「平時から緊急事態までのいかなる段階においても、切れ目のない形で、日本の安全が損なわれることを防ぐための措置をとる」とされていることの忠実な実践にほかならない。
 しかし、平時からの自衛隊の早期投入と武器使用が可能となれば、一発の銃声や砲弾により、直ちに反撃となり戦闘行動が開始されることにもなりかねない。与党合意の内容は、国際社会への貢献を名目とする出動やグレーゾーン事態の出動など、平時における自衛隊の出動により、相手(国)との武力衝突の危険性を増大させると同時に、それが、切れ目のない対応により、容易に武力行使、戦争へと拡大し、米国および同盟国軍との共同軍事作戦の下、なし崩し的に集団的自衛権の行使につなげることを可能とする仕組みの整備といえる。政府与党の主張する「切れ目のない対応」が、国民の命と平和な暮らしを守るものではなく、逆に、戦闘行為による自衛隊員等の死亡や国民がテロの標的になるなどの危険を増大させるものであることは、明らかである。

3 軍事力・軍事同盟の強化によって安全は守られない
憲法9条こそが安全保障の要
 日本国憲法は、軍国主義とファシズムにより310万人を超える自国民と2000万人を超えるアジア諸国民の命を奪ったアジア太平洋戦争の痛切な反省のもと、戦争と武力による威嚇又は武力の行使を永久に放棄し、戦力を持たず、交戦権も認めないとする世界に例のない徹底した平和主義を基本原理とする。これにより戦後約70年にわたり、日本人が戦争で人を殺し殺されることなく、平和国家として世界中の国々から信頼を得、それが日本の平和と繁栄の礎となってきた。戦争は、これまでも「自衛のため」「正義のため」「テロとの闘い」などの口実により開始されてきた。いかなる名目であっても戦争はしないとした憲法9条の神髄がここにある。憲法の掲げる平和主義こそがこれまでの日本の安全保障の要であり、これからもそうである。
 軍事力と軍事同盟による力の安全保障構想は完全に破綻している。海外では「軍隊に守られるのは危険」「軍隊そのものが危険」というのが常識である。共通の敵を想定する軍事同盟・集団的自衛権型安全保障は、果てしない軍拡の応酬と疑心暗鬼と相互不信、摩擦と対立を生み、紛争を決して解決することはない。敵を作るのではなく、国同士、国民同士の信頼関係を強化し、お互いの安全保障を図る、軍事力・軍事同盟による力の平和ではなく、世界の紛争の火種を除去するために、「専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去する」ために、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を」確立するために、積極的に非暴力・非軍事の外交と国際貢献を行う、それこそが、日本国憲法の定める積極的平和主義であり、21世紀の安全保障のあるべき姿であることを、私たちは疑わない。

4 結語
 私たち法律家6団体(構成員延べ7000名)は、第2次安倍政権による日本版NSC設置法、秘密保護法の制定、集団的自衛権行使容認等の閣議決定等々、憲法を無視し、国民の批判も国会をも蔑ろにする反民主主義、反立憲主義的手法により急ピッチで整備されてきた9条の実質改憲の動きに対し、日本弁護士連合会とも協力して、一貫して反対し警鐘を鳴らしてきた。今回も、政府に対し、改めて、違憲無効の閣議決定を直ちに撤回し、現在進めている安全保障法制定作業を即時中止することを強く求めるものである。

以 上

2015年3月27日

社会文化法律センター 代表理事 宮 里 邦 雄
自 由 法 曹 団 団 長  荒 井 新 二
青年法律家協会弁護士学者合同部会 議 長 原  和 良
日本国際法律家協会 会 長 大 熊 政 一
日本反核法律家協会 会 長  佐 々 木 猛 也
日本民主法律家協会 理事長 森  英 樹

 

〝新しい社会の姿″を

 投稿者:i  投稿日:2015年 3月29日(日)15時02分20秒 zaq7ac55b06.zaq.ne.jp
返信・引用
  問われる〝新しい社会の姿″を提示する力
  内田 聖子さん(アジア太平洋資料センター(PARC)事務局長)

  全国革新懇ニュース15年3月号



 「全国革新懇ニュース」3月号に、アジア太平洋資料センター事務局長の内田聖子さんが登場します。TPP反対などの運動の先頭に立ち、また「安倍政権打倒」の共同をよびかける内田さん。シングルイシューの運動(一点共闘)を結んで、さらに政治を動かす共同の発展への課題を語ります。
 全日本民医連会長の藤末衛さんが阪神・淡路大震災を被災し医師として救急・復旧活動に尽力した視点から3・11を前に災害復興について論考します。
 緊迫する沖縄へ訪問した全国革新懇の沖縄支援・連帯行動の現地レポート、各地でとりくまれる沖縄連帯の活動を紹介しています。
 「残業代ゼロ」より「過労死ゼロを」と訴えた大阪職場革新懇の「企業のブラック化」を考えるシンポジウムなど各地の革新懇のとりくみを紹介しています。
 

知的勇気のない社会

 投稿者:i  投稿日:2015年 3月29日(日)14時48分25秒 zaq7ac55b06.zaq.ne.jp
返信・引用
  「知的勇気」のない社会に警鐘
  丹羽宇一郎さん(前中国大使・前伊藤忠商事会長)

  全国革新懇ニュース15年2月号



 「全国革新懇ニュース」2月号に、前中国大使・前伊藤忠商事会長の丹羽宇一郎さんが登場します。集団的自衛権などの動きのなかで知識人、ジャーナリズムの発言が弱いと危惧する丹羽さん。安倍首相の靖国神社参拝を「歴史認識が問われる」と批判し、「日本の生命線は平和」と語ります。
 菅原文子さんが「表象としての最後の一葉」と題して、亡くなった夫・文太さんの最晩年の姿と重ねながら、憲法9条への熱い想いを書いています。
 昨年の衆議院選で、沖縄の小選挙区でそろって勝ち抜いた〝オール沖縄″の4氏と、躍進した日本共産党の志位和夫委員長が全国革新懇へメッセージを寄せています。
 経済エコノミストの浜矩子さんが「アベノミクス」を明快に批判、憲法守ろうと訴えた日野革新懇の講演会など各地の革新懇のとりくみを紹介しています。
?
 

翻れ21世紀の道しるべ

 投稿者:i  投稿日:2015年 3月29日(日)14時37分10秒 zaq7ac55b06.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
  翻れ 21世紀の道しるべ・憲法9条
  伊東光晴さん(経済学者)

  全国革新懇ニュース14年12月・15年1月合併号



 「全国革新懇ニュース」12月・1月合併号に、経済学者の伊東光晴さんが登場します。題して、「翻れ 21世紀の道しるべ・憲法9条」。
 伊東さんは、経済学界の大御所ならではの「アベノミクス」批判を放つとともに、自身の体験にも裏打ちされた憲法9条への熱い思いを語ります。
 合併号は、増ページを生かし、大型論評と1ページ対談を載せています。論評の筆者は、ともに政治学が専門の五十嵐仁さんと渡辺治さん。革新懇運動への期待と注文を、自由かったつに論じています。
 対談するのは、日航解雇撤回裁判の客室乗務員原告団長の内田妙子さんと、弁護士の牛久保秀樹さん。人間の尊厳をかけてたたかう2人の人権対談です。
随想欄も大型です。筆者はエッセイストの海老名香葉子さんです。戦後70年の2015年にあたり、悲惨な東京大空襲の体験を振り返りながら、戦争を語り継ぐ決意と平和への祈りを記します。
 

沖縄のたたかいが教えてくれるもの

 投稿者:i  投稿日:2015年 3月29日(日)14時23分7秒 zaq7ac55b06.zaq.ne.jp
返信・引用
  沖縄のたたかいが教えてくれるもの
  三上 智恵さん(映画「標的の村」監督・ジャーナリスト)

  全国革新懇ニュース14年11月号



 「全国革新懇ニュース」11月号は、沖縄県の高江でオスプレイのヘリパッド建設に反対する住民を描いたドキュメンタリー映画「標的の村」を監督した三上智恵さんが登場します。米軍基地建設をめぐり踏みつけにされてきた沖縄の人々は、なにとたたかっているのか、映画を観て考えてほしいと語ります。
 視点は、ジャーナリストの青木理さんが『朝日』攻撃について、安倍政権と「排外主義」の共振を指摘します。随想は俳優の根岸季衣さんが秋の魅力を紹介する「貪欲の秋」です。
 沖縄県知事選勝利へ、連帯と支援を広げる各地のとりくみ、「慰安婦」問題をゆがめる県議会へ抗議する山形、山口革新懇など各地の活動を紹介しています。
?
 

いくさはやめよ、と

 投稿者:i  投稿日:2015年 3月29日(日)13時59分34秒 zaq7ac55b06.zaq.ne.jp
返信・引用
  いくさはやめよ、と日本は世界の先頭に
  高橋 克彦さん(作家)

  全国革新懇ニュース 2014年10月号



   「全国革新懇ニュース」10月号は、故郷東北を舞台に歴史からミステリーまで数多くの作品を生み出してきた直木賞作家の高橋克彦さんが登場します。3.11大震災後からの復興と故郷のあり方、戦争しない国づくりを目指した東北の民の歴史を語り、「沖縄に基地などいらない、いくさはやめようと日本が世界の先頭で声をあげる時」と呼びかけます。
 視点は、中村八郎NPO法人くらしの安全安心サポーター理事長の「防災 いま急がれる発想の転換」、随想は、作家の雨宮処凛さんが「ヘイトスピーチと若者」と題し、差別の根底にある社会のゆがみに目をむけます。沖縄県知事選挙勝利をめざし開催された、全国、東京、大阪、高知の「沖縄と連帯する夕べ」など各地の活動を紹介しています。
 

意見広告

 投稿者:ichi  投稿日:2015年 1月 4日(日)21時00分8秒 zaq3a5591b6.zaq.ne.jp
返信・引用
  和歌山弁護士会有志の意見広告です。



意見広告

私たちは和歌山弁護士会の弁護士有志一同です。
政府の閣議決定に基づくこれまでの政府解釈の変更やそれに伴う法律改正により、憲法を実質的に改変することは、立憲主義に反する憲法違反の行為であり、私たちは法律家として断固として反対します。

日本国憲法前文(抜粋)

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣冒し、この憲法を確定する。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する緒国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

日本国憲法 第二章 戦争の放棄

第九条

第一項
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

第二項
 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

憲法違反! 外国のために戦争する道を開く 集団的自衛権の行便容認に断固として反対します。

和歌山弁護士会所属弁護士有志一同

  赤木 俊之  芝野 友樹
  淺尾 隼人  谷口 曻二
  浅野 喜彦  月山  桂
  網  康秀  道本 素平
  池本 泰智  冨山 信彦
  石津 剛彦  戸村 祥子
  泉谷 恭史  豊田 泰史
  市野 勝司  長岡健太郎
  伊藤あすみ  中川 利彦
  上野 正紀  畑  純一
  内川真由美  畑上 雅彦
  太田 達也  福田 泰明
  大谷 惣一  藤井 幹雄
  岡  正人  本多 朱里
  岡田 政和  松本 雅博
  岡本  浩  丸山  哲
  小川 裕和  森  亮介
  沖本 易子  森崎 有治
  小野原聡史  安田 克己
  海堀  崇  矢田 裕己
  木下 智仁  山岡  大
  金原 徹雄  山﨑 和友
  九鬼 周平  山本 光彌
  河野 ゆう  由良 登信
  阪本 康文  良原 栄三
  重藤 雅之
 (50音順)
 

沖縄と連帯する夕べ

 投稿者:i  投稿日:2014年 9月28日(日)10時56分27秒 zaq3a559235.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
  ■辺野古新基地建設阻止 沖縄県知事選勝利へ 沖縄と連帯する夕べを開催
   全国・東京・大阪革新懇



 全国革新懇は8日、東京革新懇と「沖縄と連帯する東京の夕べ」(写真左)を東京・文京シビックで、9日、大阪革新懇と「沖縄と連帯する大阪の夕べ」(写真右)を大阪・ドーンセンターで共催しました。
東京の夕べには600人、大阪の夕べには830人と会場あふれる人びとが参加、沖縄県知事選挙の勝利をめざす熱い連帯の集会となりました。
どちらもエイサーあり、指笛が鳴り、「沖縄を返せ」の大合唱で盛り上がり、「がんばるそ」との決意を固め合う場になりました。

 沖縄からは仲里利信元沖縄県議会議長(元自民党県連幹事長)、仲山忠克沖縄革新懇代表世話人(弁護士)、赤嶺政賢衆院議員(日本共産党県委員長、東京会場)がかけつけ、支援を訴えました。

  全国革新懇は、代表世話人の笠井貴美代さん(全国革新懇代表世話人)が東京のつどいであいさつ、池田香代子さん(翻訳家)が沖縄への思いを話しました。
大阪では、関西大学名誉教授の鰺坂真さんが主催者あいさつ、山下芳生さん(日本共産党書記局長)が沖縄のたたかいの重要な意義について話しました。
 千坂純日本平和委員会事務局長、中川悟自治労連書記長ら団体、地域から沖縄県知事選勝利への決意が語られました。

 

戦争展わかやま 2014

 投稿者:i  投稿日:2014年 9月28日(日)10時47分10秒 zaq3a559235.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
  戦争展わかやま
戦争のない平和な社会へ



8月2日(土)・3日(日)
2日 午前10時~午後5時
3日 午前10時~午後1時

和歌山県勤労福祉会館プラザホープ 2Fギャラリー
入場無料

皆さんへお願い
●戦争中の資料を提供して下さい。
●ボランティアを募集します。
●賛同募金 個人1ロ500円 団体6ロ3000円 ※意見広告は掲載しません。

主催:2014平和のための戦争展わかやま実行委員会
連絡先:和歌山市湊通丁南1丁目1-3 名城ビル2F 平和委員会内 TEL 073-488-7355

■市民参加型企画

●「ピースライブ」(2F多目的室)
 うた/演奏/朗読
 読み聞かせ(2Fギャラリー)

●体験談コーナー(語り部)(4Fホール)
 7・9大空襲、戦前のくらし
 特攻出撃体験
 戦前の監視社会

■展示企画(2Fギャラリー)
①「平和の絵画」
②「和歌山であったこと」
 ●和歌山大空襲(7・9)
 ●和歌山県の戦跡
 ●戦前・戦中の現物展示品
 ●和歌山のビキニ被曝(まぐろ漁船)
 ●ゾルゲ事件と北林トモさん
③「原爆と人間パネル」
 ●色紙への寄せ書きコーナー
 ●折り鶴コーナー
 

菅原文太氏9月号登場

 投稿者:i  投稿日:2014年 9月28日(日)10時23分31秒 zaq3a559235.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
  ▼〝いつまでも安倍政権が続くわけない″
  菅原文太さん(農業生産法人代表)
  全国革新懇ニュース14年9月号



 「全国革新懇ニュース」9月号は、映画、テレビで活躍した菅原文太さんが登場しています。
集団的自衛権の行使容認を閣議決定した安倍政権を批判し、「戦争体験と沖縄の苦しみを忘れるな、辺野古新基地を絶対につくらせてはいけない」とよびかけています。
 視点は、鰺坂真関西大学名誉教授(全国革新懇代表世話人)の 〝大学自治破壊は「戦争をする国」への道″、随想は、薩摩琵琶演奏家の後藤幸浩さんが「琵琶が奏でるブルース」と題し、思いをつづります。
 日本共産党書記局長の山下芳生さんが、沖縄で出会った「思い出の食事」をつづります。

 各地でとりくまれる「一点共闘」と共同を広げる討論会、栃木・益子町革新懇で、元町長(自民党後援会顧問)が集団的自衛権「とんでもない」と学習会を開くなど、各地の活動を紹介しています。

http://www.kakushinkon.org/news.htm

 

所沢市の債務残高は1000億円

 投稿者:所沢市の債務残高は1000億円  投稿日:2014年 9月21日(日)20時14分53秒 61-45-194-98.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  < 所沢市の財政 >

所沢市の債務残高は1,033億円あります。
市民が34万人なので一人当たりに換算すると約30万円になります。
市職員の退職金に関しては、所沢市は市が毎年単独で職員の退職金の基金などで備えるのでなく、
埼玉県市町村総合事務組合と言う組織に職員の基本給に一定の料率を掛けた金額を積んでいます。

所沢市が払っている事務組合への支出金( 所沢市民の税金 )の "25億円は他の自治体職員の退職金" になっています。
そして、退職金のための事務組合への支出金を増やし続けています。

2004年: 2,136,789,248 円
2005年: 2,140,172,806 円
2006年: 2,327,784,824 円
2007年: 2,457,732,641 円
2008年: 2,700,097,447 円

所沢市は2011年度予算で約80億円の歳出超過となり、税収不足を謳ってるにもかかわらず、市職員の高額給与・退職金などの無駄使いを改めていません。
それでは、以下に所沢市を放漫財政にしたであろう、役職に就いた市職員の名前を挙げようと思います。


平成12年

細井義公  企画部長       小澤 孝  総務部長
村上逸郎  再開発事務所長   志村勝美  下水道部長
志村 弘  財政部長       松山雅臣  市民部長
岩渕淑子  保健福祉部長     栗原功道  保健福祉部次長
中澤貴生  環境部長       並木幸雄  清掃部長
山下正之  経済部長       小峰 威  道路部長
大塚哲史  都市計画部長     高橋晴夫  都市整備部長


平成13年

星野協治  道路部長 岩渕淑子  保健福祉部長
小澤 孝  総務部長 細井義公  企画部長
並木幸雄  清掃部長 志村勝美  下水道部長
山下正之  経済部長  中澤貴生  環境部長
大塚哲史  都市計画部長   高橋晴夫 都市整備部長
志村 弘  財政部長     松山雅臣  市民部長
栗原功道  保健福祉担当理事


平成14年

小桧山正幸 水道部長        星野協治  教育総務部長
小澤 孝  総合政策部長      細井義公  財務部長
栗原功道  保健福祉担当      西久保正一 環境クリーン部長
高橋晴夫  まちづくり計画部長   小峰 威  中心市街地
志村勝美  道路公園部長      中澤貴生  下水道部長
川原賢三郎 市民経済部長      岩渕淑子  保健福祉部長


平成15年

再開発担当理事            星野協治  教育総務部長
中澤貴生  下水道部長       柳下昌夫  水道部長
小澤 孝  総合政策部長      二見 孝  財務部長
川原賢三郎 市民経済部長     小桧山正幸 保健福祉部長
西久保正一 環境クリーン部長   高橋晴夫 まちづくり計画部長
中村光夫  中心市街地       志村勝美  道路公園部長


平成16年

西久保正一 総合政策部長      二見 孝  財務部長
中村光夫  中心市街地整備担当理事  中澤貴生  下水道部長
澁谷好彦  市民経済部長      小桧山正幸 保健福祉部長
川原賢三郎 環境クリーン部長   高橋晴夫  まちづくり計画部長
小暮欽三  事務部長


平成17年

永田幸雄  中心市街地整備担当理事  高橋晴夫  道路公園部長
石井忠男  下水道部長      星野協治  水道部長
西久保正一 総合政策部長      澁谷好彦  財務部長
斉藤 清  市民経済部長      小桧山正幸 保健福祉部長
川原賢三郎 環境クリーン部長    中澤貴生  まちづくり計画部長
小暮欽三  事務部長


平成18年

石井忠男  下水道部長      星野協治  水道部長
西久保正一 総合政策部長     竹内利明  危機管理担当理事
澁谷好彦  財務部長       斉藤 清  市民経済部長
永田幸雄  中心市街地整備担当理事  高橋晴夫  道路公園部長
小野民夫  保健福祉部長     高麗 潔  環境クリーン部長
中澤貴生  まちづくり計画部長


平成19年

村山金悟  危機管理担当理事     澁谷好彦  財務部長
本間幹朗  市民経済部長       小野民夫  保健福祉部長
高麗 潔  環境クリーン部長     斉藤 清   まちづくり計画部長
永田幸雄  中心市街地整備担当理事  中  隆   道路公園部長
石井忠男  下水道部長 水道事業   富澤行雄  水道部長


平成20年

小野民夫  総合政策部長      村山金悟  危機管理
本間幹朗  財務部長        富澤行雄  市民経済部長
黒田信幸  保健福祉部長     高麗 潔  環境クリーン部長
中  隆  まちづくり計画部長   黒須 実  中心市街地整備担当理事
神田 博  道路公園部長      鈴木康夫  下水道部長
並木俊男  水道部長        笹原文男  センター事務部長


平成22年

仲 志津江 こども未来部長      並木俊男  環境クリーン部長
鈴木康夫  総合政策部        富澤行雄  財務部長
笹原文男  総合政策部長       青木直次  水道部
大舘 勉  市民経済部長       内藤隆行  保健福祉部長
新堀祐蔵  街づくり計画部長     黒須 実  中心市街地整備担当理事
木村一男  建設部長         藤巻和仁  下水道部長
澁谷好彦  水道事業管理者


平成23年

大舘 勉  総合政策部長       粕谷不二夫 下水道部長
仲 志津江 こども未来部長      中村俊明  環境クリーン部長
鈴木康夫  危機管理担当理事     桑野博司  財務部長
能登則之  市民経済部長       内藤隆行  保健福祉部長
新堀 祐蔵 街づくり計画部長     沖本 稔  建設部長
澁谷好彦  水道事業管理者      青木直次  水道部長

地方自治体の歳入に対しての人件費比率ランキングで、所沢市は29.74%であり、全国ワースト1位となっています。(2006年度予算ベース)

また、所沢市の債務残高は1,033億円という膨大な額であるにもかかわらず、現在もなお、歳出総額の約30%が市職員の人件費に使われています。

所沢市は約500億円の税収があり、補助金と借金(市債)などを加えた約800億円が所沢が1年間に使える金額です。
800億円のうちの30%、すなわち約240億円が人件費ですから、所沢市単体での税収500億円を分母として計算すると、約50%、すなわち半分が人件費に使われていることになります。

所沢市職員の平均給与が753万円であり、所沢市の財政状況には見合わない、非合理的な高額給与です。

主要先進国における公務員の平均給与は、
イギリス:410万円 ドイツ:355万円 アメリカ:340万円 カナダ:320万円 フランス:310万円 です。

この給与の額でも充分に公共サービスが行えるという合理的な数値です。
「 所沢市の債務残高は1,033億円あります 」
健全な財政状況ではありません。
市職員に支払われている給与・退職金を減額すると共に、共済年金の支給額も減額し、市の債務の減少にあてるべきです

所沢市役所
〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話(代表) :04-2998-1111
財政課 電話番号 04-2998-9030 メールアドレス a9030@city.tokorozawa.saitama.jp
引用:
「傍聴席」 所沢の民主主義をサポートするささやかなメディア…
所沢市の債務残高は1000億円
http://blogs.yahoo.co.jp/tokocitizen_c14/36348376.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tokocitizen_c14/37594680.html
http://www.t-kaze.jp/Q&A.html
http://www.t-kaze.jp/kouhou/kaze%20vol,6.pdf
http://www.t-kaze.jp/kouhou/kaze%20vol,5.pdf
http://blog.ishimotoryozo.com/?eid=1218728
http://blog.ishimotoryozo.com/?day=20070413
http://blog.ishimotoryozo.com/?day=20100307
http://gikaikaikaku.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-e656.html
http://ameblo.jp/tokorozawa1000/entry-11448845622.html
 

代表世話人ら宣伝

 投稿者:i  投稿日:2014年 7月30日(水)09時06分16秒 zaq3a559235.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
  「暴走政権やめさせよう」
新宿 全国革新懇代表世話人ら宣伝


(写真)集団的自衛権行使容認に反対し宣伝・署名行動をする革新懇の人たち=28日、東京・新宿駅西口

 全国革新懇と東京革新懇の代表世話人が28日夕、東京・新宿駅西口で宣伝し、「力をあわせて、暴走する安倍政権をやめさせよう」と呼びかけました。

 集団的自衛権行使容認に反対する署名に、多くの若者が応えました。弁士の訴えに拍手を送る人も。女子大学生の2人連れはビラを受け取り、「私たちも戦争に反対です」と話しました。

 日本共産党の山下芳生書記局長は「『海外で戦争する国』をつくる安倍政権には、国民みなさんの力で辞めてもらおう。安倍政権打倒の一点で力をあわせよう」と訴えました。

 新日本婦人の会都本部の新千明会長は「若者に命を捨てさせる政権はノーだ。百害あって一利なし。一日も早く退陣に追い込もう」と呼びかけました。

 全商連の国分稔会長は「消費税増税で6、7割の中小業者が売り上げを転嫁できず、生活を削っている」と告発。「暮らしが苦しいのは安倍政権の横暴が続いているからだ。この政権は許せない」と退陣を求めました。

 関西大学名誉教授の鰺坂(あじさか)真氏は集団的自衛権を「インチキな言い方だ。集団的侵略権だ」と批判し、「これ以上、安倍政権に任せてはならない」と訴えました。

 東京都狛江市の前市長、矢野裕氏は「憲法を守り、国民の命を戦争で失わせないという一点で力をあわせよう」と述べました。

 

全国代表世話人会

 投稿者:i  投稿日:2014年 7月30日(水)08時57分9秒 zaq3a559235.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
  政権打倒 運動よびかけ
全国革新懇代表世話人会が確認



(写真)情勢などを討議する全国革新懇の代表世話人=28日、東京都内

 全国革新懇は28日、6月の全国総会後初めての代表世話人会を東京都内で開き、暴走を極める安倍政権の打倒めざす国民的運動を呼びかけることを確認しました。日本共産党の志位和夫委員長、山下芳生書記局長が参加しました。

 日本共産党が提起した「安倍政権打倒の国民的大運動」に対しては「提起を待っていた。どの分野でも国民の憤まんやる方ない気持ちが広がっている。草の根からノックアウトしようと呼びかけたい」「消費税増税後、2割から3割の業者が廃業に追い込まれている。いち早く退陣求める運動を呼びかけた。一日も長く続けさせておけない」「一点共闘を政治を変える共同に発展させていく革新懇の役割が重要だ」との決意が語られました。

 集団的自衛権の行使容認に対して、高校生が街頭宣伝に参加して“おとなが勝手に決めるな”と訴えたり、52の全弁護士会が抗議声明を出し、各地で会長が参加して共同の集会やデモ行進に取り組むなど国民の批判・不安が広がっていることが報告されました。

 福島では、県内の全原発廃炉など革新懇などが掲げる要求がオール福島の要求になっており、県政の転換につなげたいと報告。環太平洋連携協定(TPP)のため、農協と家族経営を壊す暴挙に対する共同のたたかいが紹介され、「安倍内閣打倒は立場を超えた要求だ。一点共闘を広げて世論と運動で安倍内閣を孤立させ、その力で倒すことが大事だ」と語られました。

 沖縄知事選をめぐっては、新基地建設反対など「建白書」の実現を求める「島ぐるみ会議」が結成されたことも報告され、革新懇が沖縄県知事選勝利めざして東京と大阪で開く「沖縄と連帯する夕べ」を成功させることが強調されました。
 

桜祭り総行動

 投稿者:i  投稿日:2014年 4月22日(火)22時57分52秒 zaq3a559235.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
  憲法改悪反対!さくら祭りで総行動
   岡山県・革新美作の会

 岡山県・革新美作の会は4月12日、さくら祭りでにぎわう津山市内で「憲法改悪反対」をかかげた総行動を行い、35人が参加しました。
 第1ラウンドは、毎月定例で行っているサイレント行動の特別大型版です。津山市内で最も交通量の多い今津屋橋北詰の交差点に「特定秘密保護法は撤廃を」「集団的自衛権の容認は許さない」など7本の手づくりの横断幕をかかげて、ドライバーや通行人へ賑やかにアピールしました。
 第2ラウンドは、桜の名所鶴山公園登り口付近でおこないました。
ハンドマイクで「集団的自衛権の行使容認は許さない」、「消費税増税は中止せよ」と訴えつつ、花見客のみなさんに、「お花見は楽しんでいただけましたか。来年も鶴山公園においでください。お待ちしています。」など声をかけながら、手づくりのビラ300枚を手渡しました。
 第3ラウンドは、住宅密集地域へのビラ配布行動です。配布地域の手作り地図を手に、1人100枚のビラを配布しました。(中西孝)



 

解釈改憲に反対するひとこと

 投稿者:i  投稿日:2014年 4月20日(日)16時15分56秒 zaqdadc69ce.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
  各界からひとことメッセージ【第一弾】
 全国革新懇ニュース14年4月号



「全国革新懇ニュース」4月号は、各界著名人解釈改憲に反対するひとことメッセージ(第一弾)です。勝目梓さん(作家)、海老名香葉子さん(エッセイスト)、小山内美江子さん(脚本家)、阿刀田高さん(小説家)、日野原重明さん(聖路加国際病院名誉院長)、滝田栄さん(俳優)、菅原文太さん(農業生産法人代表)、無着成恭さん(泉福寺東堂)、内田樹さん(神戸女子学院大学名誉教授)ら20氏がそれぞれ思いのこもった言葉で発信しています。

「視点」は冨田宏治さん(関西学院大学教授)が「『ハシズム』の落日」と題して大阪市長選挙を考察。池田香代子さん(翻訳家)がアンネの日記被害事件について「随想」を寄せています。大雪避難準備情報が出されていたもとで結成総会が開かれた山梨・道志村をはじめ、各地の革新懇の活動を紹介しています。

 

全国革新懇ニュース14年3月号

 投稿者:i  投稿日:2014年 4月20日(日)16時10分50秒 zaqdadc69ce.zaq.ne.jp
返信・引用
  全国革新懇ニュース14年3月号


「全国革新懇ニュース」3月号に、ジャーナリストの斎藤貴男さんが登場しています。

東日本大震災・福島原発事故から3年、前代未聞の事故を起こしたにもかかわらず強気の東電。その根底にある「経済成長至上主義」に染まった日本社会の構造を鋭く告発し、そこからの脱却をよびかけています。また原発を柱とした「インフラ・システム輸出」とセットで憲法9条の改悪が狙われている危険性を指摘しています。

「自立支援サポートセンター」の稲葉剛さんが「消費税増税と若者の貧困」と題して視点に登場。新大久保・コリアンタウンで高麗博物館を運営する原田京子さんの随想も反響をよんでいます。埼玉県・草加革新懇が200人の参加で結成総会を開いたことをはじめ、各地の革新懇のとりくみが紹介されています。
?
 

基本計画撤回を求めて

 投稿者:i  投稿日:2014年 4月20日(日)16時00分26秒 zaqdadc69ce.zaq.ne.jp
返信・引用
  エネルギー基本計画撤回を求めて宣伝行動
  石川革新懇



石川革新懇は、県労連など4団体と共同で11日定例街頭宣伝署名行動にとりくみ7人が参加しました。全労連作成の「エネルギー基本計画撤回」を求めるチラシを配布し、志賀原発廃炉署名が15筆寄せられました。(明石輝雄)
?
 

閣議決定を糾弾

 投稿者:i  投稿日:2014年 4月20日(日)15時57分37秒 zaqdadc69ce.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
  無責任の極み、『エネルギー基本計画』の閣議決定を糾弾する
  東京革新懇が声明を発表


原発廃止という国民の願いに逆行し、安倍内閣は4月11日「エネルギー基本計画」を閣議決定しました。これに対して、東京革新懇は「無責任の極み、『エネルギー基本計画』の閣議決定を糾弾する」との声明を発表しました。

声明では、「自公両党が掲げた『脱原発依存』の公約を投げ捨て、原発を『重要なベースロード電源』と位置づけ、原発の再稼働を推進し、原発の新増設にも含みを持たせるもの」として、「福島第一原発の事故原因すら明らかにされていず、16万人の避難と生活困難が続き賠償も遅れているもとで、再稼働は論外である」と指摘しています。

「原発について、国民の7~8割が『将来は廃止』『今すぐ廃止』を求めている。安倍内閣は、主権者である国民の声にこそ応えるべきである」と訴え、「東京革新懇は、『エネルギー基本計画』の閣議決定を厳しく糾弾するとともに、原発再稼働を許さないたたかいを、国民と力を合わせ全力で取り組む決意である」と述べています。
?

http://

 

レンタル掲示板
/38