teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


大阪わかもの革新懇

 投稿者:  投稿日:2013年 8月11日(日)18時35分57秒 zaqdadc6970.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
 

交流と学習会をおこないます
大阪のわかもの革新懇準備会 

8月21日、交流&学習会

「参議院選挙の結果をどう見るか」
(冨田宏治・関西学院大学教授)





大阪のわかもの革新懇準備会は8月21日、交流&学習会
「参議院選挙の結果をどう見るか」(冨田宏治・関西学院大学教授)を開きます。
みんなで歌って、語り、学ぶ楽しい会です。
ぜひ、ご参加ください。

 
 

青年の全国交流会

 投稿者:  投稿日:2013年 8月11日(日)16時34分5秒 zaqdadc6970.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
  革新懇史上初、青年の全国交流会が3月23日から24日両日、広島で開催されました。

1日目約170 人、2日目約 100 人の青年が参加。また、生活と健康を守る会反貧困ネットワークの会員、広島民商を中心に幅 トワークの会員、広島民商を中心に幅 トワークの会員、広島民商を中心に幅 トワークの会員、広島民商を中心に幅広いつながりの方々に現地スタッフとして協力をいただきまし。 協力をいただきました。

1日目はうたごえによるプレアクトを皮切りに、全国革新懇代表世話人・田中悠さんが開会の挨拶、そして利元克巳ヒロシマ革新懇事務局長がヒロシマという土地や歴史の紹介を含めた歓迎挨拶をし後、「声あげる」ことをテーマに、ゲスト・雨宮処凛さん(作家・反貧困ネットワーク)と現地実行委員会事務局長(ヒロシマ青年革 行委員会事務局長(ヒロシマ青年革 行委員会事務局長(ヒロシマ青年革 行委員会事務局長(ヒロシマ青年革新懇事務局)佐々木路生さんによる対談、各地青年革新懇の活動交流や各地青年革新懇の活動交流や参加者同士の自己紹介を行いまし 行いました。
終了後は市内にて懇親会を開催。90人の 青年が参加し、うたごえの青年による演奏を含め、交流し ました。

2日目は 「雇用と社会保障(担当広島)」「労働運動と学習(岡山原発 島)」「労働運動と学習(岡山原発 島)」「労働運動と学習(岡山原発 島)」「労働運動と学習(岡山原発 島)」「労働運動と学習(岡山原発 島)」「労働運動と学習(岡山)」原発被害と対策(広島)」 分科会と、青年革新懇の活動について語り合う分散会を開催。
まとめの全体会では、各分科会、分散の報告ともに現地実行委員会実行長(ヒロシマ青年革新懇事務局長)大橋隆広さんが、「この集会は、青年革新懇という組織の特色を表した 集まった青年の個性によって多様な活動が各地で生まれていく可能性を語りました。

全体会の終了後、オプショナルツアー の終了後、碑めぐりは、被爆2・3世の会、奥尾秀之事務局長、古田光恵さんがコーディネート。 約 25 人の青年が参加しました 平和 公園内の碑を案内され、原爆が 投下されたとき、この被爆地にどんな人ちが何をしていたのか、人々の被爆後の生活について語られました。

終わりがはじまりに

交流会終了後、「しんぶ赤旗」(日本共産党機関紙)、「広島民報」「全国うたごえ新聞」「全国商工団体連合会機関誌)などに取り上げられました。参加した青年自身が記事を執筆。商工新聞にはヒロシマ青年革懇代表・伊勢真雄さんが交流会の場で取材を受けました。
現在、各地の青年革新懇で報告会が開催されたり、これまで青年革新懇がなかった地域で結成の動きあります。参加した青年が革新懇の活動に確信や一定のイメージをもつことができたからそでしょう。これからの全国動きに注目です。

広島青年革新懇新聞 第14号 2013年4月18日



 

柳美里さん(作家)

 投稿者:i  投稿日:2013年 8月 2日(金)22時47分4秒 zaq3a5595c6.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
 

▼ 現在進行形の福島原発事故
  柳美里さん(作家)

    全国革新懇ニュース7・8月合併月号

 「全国革新懇ニュース」7・8月合併号に作家の柳美里 さんが登場しています。
島原発事故で被災した人びとの思いを発信するラジオ番組に毎週出演。被災地では問題がまったく解決されていないことを告発しつつ、沖縄の基地問題などにもふれて「犠牲を生まない社会を」と訴え、反響を呼んでいます。

 このほか、同編集部の呼びかけによる「憲法を生かし、平和・人権・暮らしを守る日本へのひとことメッセージ」に賛同した石田雄・東大名誉教授、滝田栄・俳優、日野原重明・医師ら各界36氏のメッセージを紹介。山口青年革新懇のルポ、女優・中井貴惠さんの随想なども好評です。

「全国革新懇ニュース」紹介 7・8月合併号

 よりよい日本をめざす人びとの広がりがわかり、勇気がわく新聞(月刊)です。
 年間購読料1,800円(送料含む・一部から自宅に郵送)

 

       柳美里さん

http://

 

読者の声

 投稿者:i  投稿日:2013年 8月 2日(金)22時09分7秒 zaqdadc6970.zaq.ne.jp
返信・引用
  《更新日8月2日・開始日6月12日》

☆ 読者の声

★「全国革新懇ニュース」6月号の「視点」で、ユニクロが「ブラック企業」と初めて知りました。世界に進出する背景で、社員には過酷な労働条件が課されているということでしょうが、それを否定する社長には国内の若者がワーキングプアにならないような経営に目覚めてほしいと願います。(遠藤千賀子 無職 埼玉・朝霞市 65歳)

★6月号1面インタビューの斎藤美奈子さんは気持ちよい切り口で、憲法、立憲主義、基本的人権、国防軍を語られ、「私は憲法は変えない方がいいと思う」と勇気をもって言うことが大切と話され、感動しました。(井口はま子 看護師 三重・四日市市 64歳)(遠藤千賀子 無職 埼玉・朝霞市 65歳)

★選挙のお願いで憲法改悪のことを話すと、みんな「戦争はイヤ、何考えとるんだ」と怒っていました。9条守る運動につなげたいと思いました。(村松和子 名古屋市 61歳)

★3月に突然、愛犬チップ君が歩けなくなり、行きつけの病院で椎間板ヘルニアと診断されました。まさか保険にも入っていませんが、手術、治療、リハビリの毎日を続け、この夏やっと後足を立て、もつれながらも歩きだしました!春には前足のみで進み、まるでアザラシ君でした。もとにはもどらないでしょうが、ひき続きリハビリがんばります。TPPで混合診療が…となると、無保険のチップ君みたいな状況に我々が?!困ります。(式地美智 保育士 高知・南国市 54歳)

★全国革新懇ニュース」の巻頭のインタビューはいつも楽しみに読んでいます。参院選では、革新懇の方針にかかげている憲法9条を守ることを公約している共産党大躍進で8氏が当選して、本当によかったと思っています。地域でもっともっと革新懇の仲間を増やして政治を変えたいと思います。(為我井雅子 東京・荒川区 フリーライター 70歳)
 

読者の声

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月30日(火)08時33分11秒 zaq3a5595c6.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
  《更新日7月22日・開始日6月12日》

☆ 読者の声

★87歳の要介護2級の義母です。毎回の選挙投票日に、「もう大変やし、私1人くらい行かなくても」と、言っていましたが、初めて期日前投票に行ってきました。介護内容や物価のことなど、やはり革新候補でないと、と投票しました。(河崎馨生 大阪・堺市 元・損保社員 67歳)

★「全国革新懇ニュース」350号おめでとうございます。6月号1面の「高い理想を掲げる、誇っていい日本国憲法」――文芸評論家の斎藤美奈子さんが語る「立憲主義は、改憲派か護憲派かによらず、近代政治の基本中の基本です」に感銘。これを勝ちとってきた人間のたたかいの歴史に思いをはせた。歴史は進む。人権、民主、平和へ。 全国革新懇第33回総会の記事を読んで激突の情勢の下、参院選が自民党と共産党が全国各地で激突し自共対決が国民の目にも明らかになり、政治を国民本位とする共産党が輝いています。東京都議選の躍進に続き参院選でも3倍化の躍進が可能になっているのが今情勢だと思います。このチャンスをきちんとつかみたいです。国政選挙での統一候補沖縄選挙区の教訓は大切だと思います。三上代表世話人のこの問題でのむすびの発言は良とします。革新懇の3つの共同目標は国民の多数の支持が得られる宝です。この宝を宣伝し、政治を変える革新統一戦線を大きくしたいと思います。その中心は91周年を迎えた日本共産党を大きくすることです。革新懇のますますの発展を願っています。(藤尾幸男 農業 大阪・寝屋川市 72歳)

★参院選勝利めざして老体にムチをあてながらがんばっています。(福武彦三 無職 岡山市 86歳)

★公務員の不当な賃金カットが続くなか、景気回復とか消費が上向いているとか、いったいどこの国の話なのか?と首を傾げるばかりです。金持ち優遇のまやかしの政治に選挙で公正な審判がくだっていると良いのですが。(山本哲 東京・目黒区 国家公務員 54歳)

★いよいよ参院選、自公の悪政と橋下維新の悪政・横暴にストップをかける絶好のチャンス。暑いなか身体に気をつけて頑張りましょう。(久松正昭 大阪・堺市 会社員 64歳)

★一国の首相がトップセールスと称して商人のように振る舞う「外交」に対してあまり批判があがっていません。しかし、これはおかしなことではないでしょうか。外交の目的は、それぞれの国とさまざまな問題について理解しあい信頼を築くことであるはずです。その信頼の上に貿易による物品の売買もあります。安倍首相の狙いは物品の売りつけ、経済的力でその国への影響力を強化しようということがみえみえです。しかも売りつけるのは欠陥商品で危険物である原発です。これでは相手国の一部の政治家や企業家との関係はよくなってもその国民との信頼関係などできるわけはありません。国民相互の信頼を破壊し禍根を残す最悪の「外交」です。(大越和郞 広島市)

★パズルの二重枠の丸数字①②③…の字があまりにも小さい。メガネをかけていても読みにくい。(浜本信子 香川・坂出市 無職 71歳)

★この地方の梅雨入り宣言は例年より早かったけれど、そのご梅雨らしい天気はあまりありませんでした。渇水のため安濃ダム(農業専用)は貯水率が9.5%まで下がり、ひび割れの田んぼも現れました。6月26日の降雨で一息つきましたが、やっと40%にこぎつけたものの給水制限は続いています。きょう(29日)は梅雨が明けたような空の色です。(落合郁夫 三重・津市 82歳)

★都議選勝利にいささか胸のつかえが下りましたが、いまだ自民・公明の票の減少がないのにがっかりという反面も味わいました。でも参院選の応援に、少しは明るい目処をみつけて、がんばる気構えが沸きました。「国民は阿呆じゃないぞ」と思い知らせるためにも、お互いにしっかりがんばりましょう。憲法改悪許すまじ。(森下美代子 年金生活 京都・長岡京市 93歳)

 

読者の声

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月30日(火)08時31分50秒 zaq3a5595c6.zaq.ne.jp
返信・引用
  ★6月16、17の両日、仙台へ行ってきました。東北大地震のつめ跡2年後。語り部のタクシーさんにお願いして、仙台と石巻を見て、慰霊しました。津波のひどさと、放射能の原発。どちらも日本には大問題。とくに人為的な原発は後始末もできない!やめさせたい!(小川一恵 無職 奈良・大和郡山市 69歳)

★8月の誕生日で80歳になります。ビラまき、宣伝、署名集め、電話かけと、健康に感謝の毎日です。(杉江タキ子 愛知・名古屋市 79歳)

★年金者組合の支部長、平和委員会の県の理事などをしていますが、まだまだやりたりないの思い。元気の素は、いわずと知れた民主的運動です。革新懇では水を得た魚のように動いています。目の黒いうちに革新懇の政府ができたら万々歳。若い人に負けずにがんばる82歳です。(江口佳郎 福岡・北九州市 82歳)

★「押しつけ憲法論」。権力の横暴を規制し、平和、民主主義、国民主権の3大原則を実現するのが憲法です。支配側、権力側にとって「押しつけ」だからこそ有意義だと思う。(石倉新也 国家公務員 岡山市 47歳)

★「全国革新懇ニュース」6月号で伊丹革新懇結成の記事、ありがとう。やっと立ち上がりました。阿部さんも来ていただきありがとう。6月28日に自民党の改憲草案の学習会をしました。がんばります。(砂野宏 無職 兵庫・伊丹市 83歳)

★「全国革新懇ニュース」発刊350号、おめでとうございます。これによって、本紙の影響力が一層拡大したと思われます。平和に向けた内外への発信力がさらに強まることを期待しています。(長谷川幸生 元大学教授 神奈川・逗子市 83歳)

★パズルで2問題わからず、おたすけマンを…。問題の紙面をもう少し大きくしていただければうれしいです。虫メガネを用意して見ました。選挙が告示になり、暑さもあり、ピッタリと虫の声も鳴いていない昼このごろ、朝1回蝉が鳴く。一人暮らしの日々、身体の調子が良く、残りの答えがわかりました。きょうはクイズ書き。他にも3通出しました。(堀りえ子 京都市)

★元気いっぱいの9か月の息子と毎日楽しくすごしています。(金谷浩子 保育士 東京・江東区 33歳)

★ 日夜ご苦労さまです。東京都議選よかったですね。 時事川柳  福島の地獄気にせぬ死の商人  身を切ると定員削減筋違い  侵略の反省もなくする政治  改革のたびに世の中悪くなり  マスメディア批判精神いまいずこ(岡 康 年金生活者 三重・桑名市 79歳)
 

読者の声

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月30日(火)08時29分52秒 zaq3a5595c6.zaq.ne.jp
返信・引用
  ★「全国革新懇ニュース」350号おめでとうございます。毎号、1面に掲載されるインタビューには思わぬ人も登場して、革新懇への期待が大きいことが判ります。右傾化に暴走する安倍内閣を退場させるために、革新懇が掲げる3つの共同目標を実現することが、確かな力になります。(稲田勇 市議会議員 高知・四万十市 72歳)

★「全国革新懇ニュース」6月号の「書評」に出ていた『綾瀬はるか「戦争」を聞く』…買って読もうと思います。(加藤秀雄 団体役員 大阪・八尾市 58歳)

★「全国革新懇ニュース」はタブロイド判で、読みやすいので楽しく勉強をさせていただいています。(西村和子 無職 山口・岩国市 66歳)

★都議会で日本共産党の議員が17人、第3党になり、こんなにうれしいことはありません。選挙中、アナウンサー、ビラ配り、電話かけ、メガホン宣伝と、やれることは何でもやりました。予想以上の結果に、やればできるという思いを強くしました。こんなに国民生活をないがしろにする政治は見たことがありません。生活保護も受けられずに餓死する人まで出るのですから…。こんなに豊かに発展した日本で。参院選に向けて、また気持ち新たにひとがんばりです。(田中恵子 主婦 東京・中野区 61歳)

★「全国革新懇ニュース」を毎号楽しく読ませていただいています。350号の感想といたしましては、まず1面の斎藤美奈子さんの『高い理想を掲げる、誇っていい日本国憲法』はたいへん説得力のある記事でした。憲法問題については、9条で日本が戦争できないという点ではありがたいことだと思いつつも、今までは「戦争に負けたためにGHQから押しつけられたものだから独立国としての日本が自力で創るべき」という論調には妙に納得する面もありました。 斎藤さんのお話の「アメリカ人でも到達できなかったものをいわばプレゼントされ、それを60年以上守ってきた。実績のある憲法を、捨てやすくするために条文を変えるなんて、気がしれないと思います」に、なるほどこういう見方もあるのかと「目からうろこ」でした。 また、自民党の改憲案は基本的人権を「永久の権利」とした現憲法の97条も削除して、基本的人権を大幅に制限しようとしている。基本的人権があるから戦争を放棄するわけで、そのことをひろく伝える必要を訴えておられます。「国防軍」構想についても、自衛隊とは全然ちがうもの、名前がちがうどころの騒ぎではない。国民が監視できない第4の権力がつくられること。結局、米軍の一員になる派兵ができ、日本の国のあり様はもう根底から変わるなどの呼びかけに、これは大変なことなのだと気づかせていただきました。いまの情勢では、参議院選も自民党が圧勝し、憲法改悪も国防軍も時の流れで、国政に対して国民は無力なのかとなげくばかりでしたが、やれることはあるはずと目を覚まされました。6月16日は真鶴革新懇主催の「憲法の危機 ともに考え合いましょう」に誘われています。出かけるきっかけになりました。 3面の橋下徹氏発言に「革新懇が抗議、公職からの辞任を要求」の記事には拍手です。橋下徹氏の従軍慰安婦発言には驚きました。あの若さで戦争の体験もない彼のあのような発言に胸が痛みます。他にもその時どきの話題がコンパクトにまとまっていて、私の思考回路の指針になっています。今後も期待しています。(大河原陽子 主婦 神奈川・湯河原町 69歳)

★ 6月号のパズルの風景は懐かしいですね。水の張った田んぼに素足で入り、一列に並んで苗を植えたことを思いだしました。日本の水田、秋には稲穂の美しい田んぼを守っていきたいものです。(我が家もだれも田畑を受け継ぐ人がいなく、他の人に依頼しており、気がかりです)。TPP(環太平洋連携協定)参加はとんでもない! 映画『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』を観ることができました。製作してくれて本当に感謝です。俳優さんたちも、監督はじめスタッフも。57年以上もの独房暮らし、許せないです。一人でも多くの方に知ってほしいですね。知ったら知らせる役割がありますね。(伊藤直子 栃木・宇都宮市 61歳)

★テレビ、映画で活躍されている方のメッセージや記事が載せられており、毎号楽しみにしています。6月号の「書評」欄の『綾瀬はるか「戦争」を聞く』を読み、少々びっくりするとともに、とてもうれしく思いました。「八重の桜」と同じような優しく凛としたイメージと重なるような彼女の行動に心からの拍手を送りたいと思います。ぜひ買って読みます。「成らぬ事は成らぬのです」のセリフがたのもしく思えます。(三浦利博 農林業 愛知・岡崎市 63歳)

★6月号に全国革新懇第33回総会の模様が載っていました。なかでも「青年革新懇全国交流会」が広島で開催されたことをとてもうれしく思いました。青年の活躍を何とか応援できると良いのですが。日本の未来を託せる若いエネルギーに期待!(小泉啓子 無職 北海道・江別市 64歳)

★私は2・26事件の2日後、広島県呉市に生まれた。呉市はめったに雪など降らない所ですが、亡き母が「あんたが生まれた日には、びっくりするぐらいの雪だった」と言っていました。(髙武光子 元公立中学国語教師 福岡・糸島市)

★消費税増税、TPP(環太平洋連携協定)、原発再稼働に反対です。(髙麻宣男 看板製作業 広島市 77歳)
 

読者の声

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月30日(火)08時28分40秒 zaq3a5595c6.zaq.ne.jp
返信・引用
  ★「全国革新懇ニュース」6月号のパズルは簡単!スラスラと解けました。ただ、活字が小さいので、二重枠の番号が見えづらく、めがねと拡大鏡を併用しています。(林寿子 徳島・藍住町 71歳)

★「全国革新懇ニュース」第350号の発行、たいへんご苦労様でした。はるか以前から革新の灯をかざしての広報、本当にご苦労様です。引き続き、平和・民主・革新の日本をめざしてのご奮闘を期待します。共にがんばりましょう。(森下克彦 行政書士 鳥取・伯耆町 61歳)

★350号発行おめでとう。月1回の発行で約29年、長い間の積み重ねの結果であろう。1面は各界の著名人の話で、この人がこんなことを考えているのかとびっくりするときがある。(小寺弘一 年金生活者 神奈川・横浜市)

★350号おめでとうございます。何年か購読しておりますが、毎回内容がすばらしくて楽しみにしております。トップの革新懇インタビューは素晴らしい方がたが登場して最高です!今回の「日本国憲法」は斎藤美奈子さんのおっしゃるとおり、世界に誇る憲法だと思います。戦前に戻るように改憲するなどとんでもないと思います。また、いつも紙面を見て「すごい!」と思えるのは、全国にはたくさんの革新懇があり、しかも大企業のなかにもつくられて、活動している方がたがいることです。本当に勇気をもらいます。(正木豊子 埼玉・熊谷市 72歳)

★大阪の橋下市長。あれだけの暴言をはいても反省の色もない。本当に弁護士なのかと疑うような言動ばかりだ。テレビ局も何で何回も出演させて、言い訳させるのか。マスメディアのだらしなさに辟易する。(影山幸雄 無職 福島・郡山市 65歳)

★映画『渡されたバトン』を観てきました。私たちの町でも合併問題で住民投票を実施し、合併反対が賛成票より56票多かった。にもかかわらず、町長は合併に調印しました。この映画を観ていたら、もっとちがった戦略でたたかえたとくやしさが思い出されました。(宮崎昭子 主婦 神奈川・相模原市 76歳)

★「九条の会」アピールから10年近く。最近の改憲の動き強まるなか、「96条の会」を結成‥大いに力を結集し憲法を守る議員を‥‥そして結集を!(斎藤芳夫 元医療技術者 神奈川・相模原市 85歳)

★頭の体操と思って始めた「全国革新懇ニュース」のクイズにはまっています。むずかしい括弧(かっこ)のわくが埋まったときはとてもうれしいです。(梶田英子 主婦 兵庫県 78歳)

★今春、神戸での教員を定年退職し、あこがれの屋久島に移住してもうすぐ2カ月となる。自然とともに人との出会いに心ときめく毎日を送っている。その新天地で、新しいことにとりくもうと考えて、以前から読んでみたいと思っていた『全国革新懇ニュース』を購読することにした。先日、誘われて開店休業中の「憲法9条を守る屋久島の会」の総会準備会に参加した。この小さな島に強い信念を持って自主的に集う方がたがこんなに多くいるのかと正直思った。革新懇はあるのかな?(前原昌和 小学校特別支援教育支援員 鹿児島・屋久島町 60歳)

★「全国革新懇ニュース」350号の1面、「日本国憲法」についての斎藤美奈子さんのインタビューは大変勉強になりました。96条で「憲法は国の権力をしばる」という立憲主義の基本を学習。また、97条の削除の件も知りました。こんな私たちにとって大切な基本的人権に関する97条も削除とは!国民の知らない間に削除してしまおうとことなのか。大多数の国民が早く早く、このとんでもない改憲の中身を知っていくことが大切です。「朝日」で斎藤さん、正論を主張していってください。(広瀬 武 年金生活者 三重・明和町 71歳)
 

読者の声

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月30日(火)08時27分27秒 zaq3a5595c6.zaq.ne.jp
返信・引用
  ★「全国革新懇ニュース」祝350号!「書評」『綾瀬はるか「戦争」を聞く』も短くよくまとまっていると思います。本を買ってみようと思います。4面の「スポットライト」鶴見辰吾さんの記事ナイスでした。「3年B組金八先生」から応援しています。(太田政枝 元公務員 神奈川・秦野市 60歳)

★「全国革新懇ニュース」350号発行おめでとうございます。いま思い返せば職場に革新懇をつくり「三菱重工自工京都・革新懇ニュース」を発行したのが1997年6月でした。2カ月に1回の発行を堅持して、まもなく100号を迎えます。「自分らしく生き 楽しく働き暮らせるために」をモットーに活動しています。職場革新懇結成に参加した仲間は現在はほとんどが年金生活者ですが、「革新懇」ニュースでつながっている状況です。「全国革新懇ニュース」も1997年1月から購読してファイルして残しています。革新懇パズルを解くのを楽しみにこんごも購読していきたいと思っています。(小澤紀一 滋賀・大津市 73歳)

★「全国革新懇ニュース」インタビューに登場される方々の幅広さに感心しています。クイズの二重枠の数字、もう少し大きくなりませんか?(本山静子 大阪・寝屋川市 72歳)

★「全国革新懇ニュース」350号書評の『綾瀬はるか「戦争」を聞く』を読んで大河ドラマの「八重のさくら」の主役、その若い女優さんが現代の焦眉の社会的、人道的課題にひたむきに向き合っているということに感動しました。書店に注文したいと思いました。城山小学校は数年前訪ねたことがあり、被爆校舎や「かよ子桜」を案内していただいたことがあります。先生と児童のていねいな応対、深い印象です。(角川洋一 元教員 山形県河北町 75歳)

★「全国革新懇ニュース」350号書評で『綾瀬はるか「戦争」を聞く』が掲載されていた、忙しくてテレビは見ていないけど、若い人にも読んでもらえそうな内容になっていそう。さっそく図書館で借りて読んでみようと思いました。(久保寿男 神奈川・新座市)

★6月2日(日)、 松尾9条の会は、阪急上桂を中心に、憲法改悪反対の宣伝をしながら行動した。ウチワに要求を書いて15人ぐらいが行動した。市民からは手をふってくれてうれしかった。(山田喜彦 京都市 71歳)

★周南市八代は本州唯一のナベツルの越冬地です。昨年12月14日、ナベツルの給餌場上空をヘリコプターが旋回し、ナベツルが驚き飛び立つということがありました。周南市のナベツル保護担当者は最近、陸上自衛隊、航空自衛隊のヘリコプターが付近を飛ぶことがあり、防衛省に中止の申し入れをしていたやさきのことです。私も町議時代に防衛庁(当時)に申し入れをおこないました。そのとき「ナベツルが飛来しているとき、ヘリコプターの飛行はさせない」と口頭で約束し、長い間、今回のようなことはありませんでした。(渡辺健太郎 元熊毛町町議 山口・周南市 69歳)

★ことし10月に岡山市長選挙があります。岡山市の「市民本位の市政をつくる会」から、県革新懇事務局長で会の代表委員でもある氏平長親さんに県革新懇へ候補者としての推薦要請がありました。県革新懇代表世話人会で協議し、本人もなっとくずくめで要請を受けることにしました。9月22日告示、10月6日投票でおこなわれる岡山市長選でたたかう出馬表明をしました。全力でたたかいます。(小野原啓次 元公務員 岡山市 75歳)

★近くのホールで革新懇主催の「渡されたバトン」という映画を観ました。とてもまじめな映画で、原発は絶対にいらないという思いをまた強くしました。電力会社の札束でほほをたたくような、きたないやり方に心底怒りをおぼえました、30年間かかって、建設を思いとどまらせたこの町は、いまはどうなっているのでしょうか。人びとの心の傷は癒えているのでしょうか。(丸山光子 大阪狭山市 65歳)

★発足して10年を迎えた60歳以上の男女で構成するアマチュア劇団「エルダーキャッツ」。10周年を記念して日本国憲法をベースにしたお芝居を企画中です。(小西金太郎 会社役員 高松市 78歳)
 

読者の声

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月30日(火)08時26分13秒 zaq3a5595c6.zaq.ne.jp
返信・引用
  ★上尾革新懇は、福島で被災された方を講師に原発災害の講演を開き、改めて原発事故の恐ろしさを知らされました。究明もまだまだなのに再稼働などとんでもないと参加者50余人は「すべて廃炉以外にない」に確信を持ちました。(篠塚多助 埼玉・上尾市)

★憲法96、97、9、19、21、25条を特に守る必要がある。改憲を許したら日本の憲法はなきものになる。声を大にして反対を。完全にアメリカ寄りになり、戦争国の仲間に入ることは確実であろう。大日本帝国憲法の現代版になることは確かである。(小寺弘一 神奈川・横浜市 74歳)

★教師の現職の頃からずっと憲法のすばらしさを教えてきました。(立川禮子 元教師 埼玉・草加市 75歳)

★梅雨が大きな被害をもってくるのでは‥と心配していましたが、上陸直前にそれてしまいました。これからたくさんの梅雨が来るだろうと心配です。けれど、雨も降らないといろいろ困ることもあります。適当にネ。(坂 久 無職 三重・伊賀市 83歳)

★このクイズの答えのような風景――並んで田植えをしてーーはあまり見ることができません。1人が運転する1台の機械が田んぼにいると見ていたら、かなり広い田んぼも半日くらいできれいに苗植えできていることが多い。ことしは梅雨といっても雨が少ないが、全国で田植えはうまく進むのか心配です。(阿波角整治 奈良市 73歳)

★第33回全国総会に参加しました。全国の経験にしっかり学んでがんばりたいと思います。(椎名多美男 会社員 神奈川・川崎市 62歳)

★どこに行くのもスポーツタイプのかっこいいマイチャリ。「憲法9条マイチャリの会」と書いたオリジナルな長さ15㎝ほどのペナントをハンドルにつけての走行です。よく目立ちます。繁華街ではゆっくり走るので余計に目立つ。いつでも、どこでも憲法9条です。96条も前文も24条25条も書きたいんだけど細かすぎるし。ホワイトブルーの端切れを買って白文字で書けば浮き上がって、目立つし、よく見てくれるんです。ところがちょっとマイチャリから離れていたら盗られちゃった。ほんとにモウ! 情けないね。でもね、人気があったのだね。だから、また造るしね。(仲野良典 元高校教師 67歳)

★6月号掲載ありがとうございました。鶴見辰吾さんの記事よかったです。役者さんはその時代を現代にきっちり投影して演じていること伝わってきます。「全国革新懇ニュース」に載ることはそれなりのポリシーを感じます。(岡村淑惠 年金生活者 鳥取・米子市 63歳)

★ 6月16日号の赤旗日曜版にも”ワタミ選挙もブラック”の見出しで書かれてありました。ブラック企業大賞2012でネット投票1位になり、「市民賞」を受賞した「ワタミ」。 受賞理由を河添誠さん(首都圏青年ユニオン青年非正規労働センター事務局長)は以下のように説明しています。「時間外移動が1ケ月で140時間を超える過酷な勤務時間の中で入社2ケ月の女性社員が自殺しました。(08年6月)昨年2月に労災認定されましたが、ワタミはいまだに遺族に謝罪をしていません」。上記内容からも企業体質をよく考えてみなければなりません。(工藤克己 薬剤師 熊本・荒尾市 61歳)

★「全国革新懇ニュース」に載せられているみなさんの投書を拝読していると、「古き良き昭和の風景」を懐かしがるものが多いように思える。「革新」の名とのギャップがなんともおもしろく感じられる。(加藤博一 愛知・小牧市)
 

読者の声

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月30日(火)08時21分52秒 zaq3a5595c6.zaq.ne.jp
返信・引用
  ★「やりたい放題内閣」といっていい安倍政権に打撃を与えるべく国民の力を示すべき選挙ですね。身近な人たちに話しかけていこうと心がけているところです。(旗智早苗 無職 さいたま市 77歳)

★6月2日の「NONUKE」デーに6万人以上の人が集まりました。「原発ゼロ」を求める世論がますます強くなっていることを心強く感じました。(田中二郎 会社員 山梨・甲府市 57歳)

★「全国革新懇ニュース」350号おめでとうございます。もう30年近くにもなるのですね。毎号、読み応えを感じています。1面の斎藤美奈子さんのインタビュー記事からたくさん学ぶことがありました。憲法教育や人権教育、労働3法が教えられる必要があるというのは本当にその通りだと思います。自衛隊と「国防軍」の違いもよく解りました。最後の、「勇気を出せば友だちが見つかるとき」の「話のできる友だちがいることはどんなに人生の助けになるか。おかしいと思うことがあったときに、正論を話す友だちが1人でも2人でもいることは本当に大事です」の言葉が心に残りました。(草野恵 兵庫・宝塚市 62歳)

★「全国革新懇ニュース」350号おめでとうございます。いつも1面のインタビューが楽しみです。今回もご自分の経験と憲法を重ね合わせての発言を興味深く読ませていただ きました。「勇気を出せば、友だちが見つかるとき」ってそうですね。自分から働きかけることが、友だちを見つけることになるという示唆もよかったです。ブラック企業の問題で、ワタミのことを知った直後に、森岡先生の記事を読みました。こんどはユニクロかと。ブラック企業は陰に隠れている企業ではなく、大手企業が「ブラック企業」なんだということがよくわかりました。「梅ちゃん先生」に出ておられた鶴見辰吾さんの記事もよかったです。こんごも私たちを励ましてもらえるニュースを期待しています。(砂湖和子 大阪・高槻市)

★「九条の会」の出番「いまでしょう」。5月3日、憲法記念日と2回、渡辺治さんのお話しを聴いて、体がうずいています。自分に近い仲間だけではダメ。市町村の首長さんのなかにも「9条は守りたい」と思う人はいる。新潟の加茂町長さんたち。この人は保守でしょうなどと決めつけず勇気をもって近づこう。68歳以上の人は戦争の実際を知っている。(岡田孝一郎 元教員 神奈川・川崎市 77歳)

★350号おめでとうございます。私も家族もふくめ、毎日健康で幸福な生活を過ごしております。しかし、ほんの少し目、耳を世の中に向ければ、なんと悲しみ、苦しみのあふれた日本の現状でしょう。そんな思いのなか、勇気をもらう貴紙です。政治を変えるのは私たちです。憲法9条を守る、原発NO!など、行動あるのみと考えていますが、毎回力強い紙面でいっぱいですね。各界の方々のインタビューも楽しみです。革新懇の3つの共同目標に向かってさらなる前進をしていきましょう。(市山久美子 主婦 神奈川・藤沢市 62歳)

★350号おめでとうございます。何十年前(30歳代)から購読していて、日常生活の一部の新聞になっており、78歳になったいま、地域自治会、後援会、周りの人たちとのダベリング会など、「全国革新懇ニュース」で話題になっているものも話し合い、大いに老後の健康に生きる糧になっているようです。記事ではとくに1面の「革新懇インタビュー」、4面の「視点」の記事、また、2、3面の多面的、全国的、地方的な記事――つまり全記事をていねいにおもしろく読み、高齢者の生きる力にさせてもらっています。こんご、ますます元気を届ける記事を大いに期待し、日々がんばります。(小形啓司 東京・日野市 78歳)

★最近のマスコミはおかしい。国民が知りたいこと、見たいことは報道しないで、政府や資本家の都合のよいことだけを報道しているとしか思えない。ちょっと古い話ですが、福島原発の爆発を受けての報道は「このくらいでは人体に影響がない」を繰り返し被曝者を多くつくってしまった。毎週の金曜日の首相官邸前の集会も報道されない。地域の自民党の原発・基地問題に対する政策が本部と食い違っていることなど、あげればキリがありません。最近では天気予報まで誇大予報。今日も「午後から大雨に注意」。いま晴れています。芦川茂雄 会社員 静岡・三島市 65歳)

★6月号は憲法問題が1面に出ていて勉強になりました。革新懇の3つの共同目標は紙面の上の方が良い‥気がしました。(坪井祐二 会社員 兵庫・西宮市 52歳)

★「全国革新懇ニュース」ご苦労さまです。毎号、読みやすい編集と記事でいつも楽しみにしています。(岩崎志郎 岡山市 65歳)
 

読者の声

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月30日(火)08時20分16秒 zaq3a5595c6.zaq.ne.jp
返信・引用
  ★350号の「視点」の森岡孝二さんの「『ブラック企業』を問う」を読み、ニュースで聞いたぼろ儲けの話などもあり、ユニクロが「ブラック企業」であると改めて認識しました。しかし、悔しい現実として、能登にもユニクロが進出し、多くの人が買い物に行っています。能登でも大規模衣料店が進出して、地元の衣料品が少なくなったからです。ユニクロの不法な経営をやめさせ、かつ、世界的に低い最低賃金を上げるなど、日本の雇用と労働の条件を欧州並みに改善することが必要です。(邑田真美 石川・輪島市 65歳)

★安倍首相の骨太方針は大企業という骨だけ太くなり、肉(国民)は削られ、ますます少なくなることではないでしょうか。(萩原武勇 山梨・甲府市)

★パズル大好き人間ですが革新懇のクイズは「マス」が小さくて拡大鏡で悪戦苦闘しながら楽しんでいます。(堀江まる子 無職 名古屋市 76歳)

★公団住宅で役員をしていると、高齢者がどう生活を維持していくか一緒に考えながら、新しい社会状況に入ったな、と実感しています。高齢者で夫婦の場合と、独居となった場合では、社会の対応の態度が異なります。こんごは、高齢者社会へ向けての運動の進め方も十分考慮して行かねばと心がける日々です。(小野功 千葉・我孫子市 70歳)

★350号おめでとうございます。高知県では米軍機の低空飛行、夜間飛行訓練がことしに入って増え、子どもたちが泣き出し、怖がっている状況が続いています。国に対し、自治体や団体が申し入れや抗議をおこないますが、まったく改善されないことに怒りを感じます。全国の飛行訓練ルートの下に住む子どもたちの声を集め、直接オバマ大統領に届ける「こども使節団」を派遣してはどうかと考えているところです。(細木りょう 高知市)

★斎藤美奈子さんの「誇っていい日本国憲法」を読み、憲法は変えない方がいいと勇気を出して言っていかなければと思いました。私の父は93歳。戦争経験者です。父はいつも「戦争はだめだ」と言っています。本当ですよね。(池原裕子 主婦 富山・入善町 61歳)

★350号、おめでとうございます。6月号の斎藤美奈子さんのインタビューに「軍隊ができれば、国民が監視できない、武器を持つ、第4の権力がつくられることになる」とあります。戦前の日本がそうだし、現在も世界にいくらも例があることを忘れてはならないと思いました。(松井秀鷲 無職 三重・松阪市 71歳)

★350号おめでとう。6月号の斎藤美奈子さんのインタビューの記事がとてもよかった。以前から彼女の辛口の評論に注目していました。いよいよ参議院選挙。革新懇の飛躍的な発展を期待しています。(牧孝輔 無職 金沢市 79歳)

★森岡孝二さんの「ブラック企業を問う」が面白かったです。あくどい会社のイメージ。でも今はどこにでもありそうな会社。儲けているのに、最賃より安い給与。昔は人材を集めるために 高い給与を出していたのに。人から成り立つ社会、人間を育てる企業の責任はどこにいってしまったのでしょう。これでは将来が見えません。いま日本の社会は一部にだけ光が当たって、回りは薄暗くなっています。気骨ある企業や経営者が少なくなってきているのでしょうか。まちの工場には光と気骨があると思います。これを消さないようにと思います。(上村ノブ子 兵庫・西宮市 66歳)

★アベノミクスの正体が次つぎにはっきりしてきました。私は消費税をなくす会の活動に参加していますが、街頭宣伝などで聞かれる声は「庶民の懐は一向にあたたまらない。一部の金持ちに利益が集中してなんの成長戦略か」と厳しいです。また生保改悪はほんとうにひどい。このことは労働者の賃金を低く抑えることにもなるのでは。消費税を倍にするなどもってのほかです。なくす会は憲法改悪の動きも重視し、「消費税、憲法変えれば戦争税」ののぼりを立ててがんばっています。(杵渕智子 東京・練馬区)

 

読者の声

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月30日(火)08時16分4秒 zaq3a5595c6.zaq.ne.jp
返信・引用
  ★350号おめでとうございます。総会記事等、各地、各分野の生きいきした様子がよくわかります。いつも「勇気がわく新聞」でありますように。(大木れい子 無職 宮城・仙台市 80歳)

★全国革新懇ニュース350号発刊、おめでとうございます。原子力の平和利用といううそ構を打ち破って原発は絶対にやめさせましょう。(加納博 無職 愛知・名古屋市 74歳)

★350号おめでとうございます。私が本紙をきちんと読み始めたのは、申し訳ないことに最近です。最近はすみからすみまで読んでいます。次号はだれが1面に登場するのだろうと楽しみです。(市川浩 公務員 愛知・名古屋市 57歳)

★「全国革新懇ニュース」発刊350号、おめでとうございます。約30年近くにもなるのですね。どの記事をみても、全国のみなさんのがんばりが伝わってきます。どうか、お体に気をつけて、こんごもご活躍をお願い申しあげます。(望月賀寿子 主婦 神奈川・南足柄市 69歳)

★八尾飛行場にオスプレイが来れば、私の住んでいる家に落ちてくることも考えられる。戦争屋のアメリカにいい顔をしたい売国奴の「維新の会」はもう政党として存在してほしくない。(奥田久敏 タクシー乗務員 大阪市 64歳)

★初夏のような日が続き大雪山峰も雪形がどんどん小さくなっています。雪解け水は田畑に、飲料に恵みをもたらしてくれています。雪は天然のダム、自然がもたらす恩恵を壊すことなく人も自然の一員として生きていると思えるようにしたいと思います。(宮林延江 元教員 北海道・旭川市 72歳)

★東日本大震災(津波)を被災。仮設住宅生活2年を経過しました。今秋「米寿」を迎える爺と婆の二人三脚の生活です。「全国革新懇ニュース」愛読の証しとしてパズルに応募します。(洞口伊章 岩手・釜石市 87歳)

★350号達成、おめでとうございます。購読後50号になり、景品のボールペンは3本あります。1面のインタビューはほとんどスクラップしており、ファイル2冊になりました。(鋪 清 元国家公務員 静岡市 67歳)
 

改憲勢力

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月29日(月)23時29分27秒 zaqdadc6ce3.zaq.ne.jp
返信・引用
  参院選 改憲勢力は3分の2に達せず

(時事通信より)

 7月21日の参院選で、憲法96条改定を主張している「自民」「みんな」「維新」は計81議席を獲得しましたが、「改革」を含む非改選の62議席を合わせても143議席で、3分の2の162議席には達しませんでした。
 しかし、「加憲」の立場を取る「公明」が加われば163議席に達します。また、共同通信が選挙前に行っていたアンケートを参院選当選者と非改選議員計196人で再集計すると、「民主」で11人、「公明」で11人が「憲法を変えるべきだ」と回答しているとのことです。この計22人を加えると165人となり、計算上は、改憲発議に必要な参院3分の2の162議席を超えることになります。改憲の動きに引き続き厳重な注意・監視が必要です。

九条の会・わかやま 会誌224号(2013年7月26日付)  
 

映画「約束」とディスカッション

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月28日(日)21時52分14秒 zaq3a55922e.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
  名張毒ぶどう酒事件-奥西勝、半世紀の叫び

  映画「約束」の上映とパネルディスカッション


日 時 9月7日(土)12時50分~16時30分

会 場 東京・日弁連会館 2階講堂

13時~ 映画 「約束-名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」上映

15時15分~ パネルディスカッション


  樹木希林氏(女優、 映画「約束」母タツノ役)

  齊籐潤一氏(映画「約束」監督)

  鈴木泉氏(名張事件弁護団長)

  コーディネーター:江川紹子氏(ジャーナリスト)

主催・日弁連(日本弁護士連合会)


ビデオカメラ 映画 『約束』 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯 予告編
ビデオカメラ 映画 『約束』 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯 公式サイト
 

住民の座り込み6000日超

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月28日(日)21時32分39秒 zaq3a55922e.zaq.ne.jp
返信・引用
  九条噺

ずいぶん長いたたかいである。辺野古への新基地設置に反対する住民の座り込みはこの7月で6000日を超えることになる。たたかいの発端は18年前の米兵による少女暴行事件である。県民の怒りはたいへん激しく、基地撤去を求める声もかつてなく大きくなった。対応を迫られた日米両政府が窮余の策の一つとして決めたのが普天間基地の辺野古への移設である。(両政府の合意の詳細はSACO=沖縄に於ける施設及び区域に関する特別行動委員会=関連文書参照)▼当時、辺野古には海兵隊の基地としてキャンプ・シュワブがあったが、辺野古の地先は一帯が県指定の重要保護区域。コバルトブルーに覆われ、ジュゴンが泳ぎ、ウミガメが産卵する美しい海辺だった。普天間基地の辺野古への移設というのは、とりあえず、この素晴らしい天然の遺産をコンクリートで塗りつぶしてしまうことである。少し小高いところからこの一帯を見渡せば、あまりの美しさに感動してことばも出ない・・・。40年以上も昔のささやかな体験だ▼安倍首相はさかんに「沖縄の負担軽減のため」辺野古への移設をと繰り返す。これこそ実る見込みがない見本のようなものだ。17年間、首相の顔ぶれも随分変わったろうに、「辺野古に移設」だけは誰も変わらない。沖縄県民・辺野古住民に顔を向けた首相もいない。しかし沖縄・辺野古住民はたくましい。座り込みはさらに7000日に向けて元気に続けられているのである。(佐)

九条の会わかやま 会誌224号(2013.7.26発行)
 

集団的自衛権行使に突き進む

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月28日(日)21時24分40秒 zaq3a55922e.zaq.ne.jp
返信・引用
  首相、集団的自衛権行使に突き進む

「国家安全保障基本法案」の提出を狙う

 7月23日の朝日新聞は、「安倍首相は22日、集団的自衛権の行使容認に向けた議論を来月にも再開する考えを表明した。関連法の整備を政府提出で行う意向も示した。歴代内閣は『(集団的自衛権は)国際法上は保有しているが、憲法9条との関係で行使できない』としている。首相は『安全保障環境が大きく変わる中で国民を守るために何が必要かという観点から引き続き議論を進める』と述べ、中断している私的諮問機関『安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会』(安保法制懇)での議論を加速させる考えを示した」「『(憲法)解釈をただ変えればいいということではない。部隊が対応するには法的な裏付けが必要だ』と指摘。集団的自衛権行使の手続きを定めるため自民党が準備してきた国家安全保障基本法案については『私は閣法(政府提出法案)であるべきだという考えだ』と述べた」と伝えています。

 安倍首相は、集団的自衛権行使反対が国民の多数なのに、参院選の大勝で、明文改憲の前に解釈改憲、立法改憲で行使に突き進もうとしています。

「九条の会・わかやま」224号 2013・07・26 
 

自民党石破幹事長発言

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月28日(日)21時04分13秒 zaq3a55922e.zaq.ne.jp
返信・引用
  自民党石破幹事長が不穏な発言

国防軍で命令に従わなければ「死刑」「無期懲役」「懲役300年」

 7月日の東京新聞は、自民党石破幹事長が4月に出演したTV番組「週刊BS・TBS報道部」で、「自民党は憲法9条を変更して自衛隊を『国防軍』にすることを掲げた。それに伴い、国防軍に『審判所』という現行憲法では禁じられている軍法会議の設置を盛り込んでいるが、『審判所』設置に強い意気込みを見せた。『死刑』『懲役300年』など不穏な単語も飛び出した」と、平和憲法に真っ向背反するものとの批判記事を掲げました。
問題の石破発言の概要をご紹介します。

 改憲案9条の2の5項には、「軍人その他の公務員が職務の実施に伴う罪か国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、国防軍に審判所を置く」とある。続けて石破氏は、現在の自衛隊で隊員が上官の命令に従わない場合は、自衛隊法で最高でも懲役7年が上限であることを説明し、こう語った。

「『これは国家の独立を守るためだ。出動せよ』と言われたときに、いや行くと死ぬかもし
れないし、行きたくないなと思う人がいないという保証はどこにもない。だから(国防軍になったとき)それに従えと。それに従わなければ、その国における最高刑に死刑がある国なら死刑。無期懲役なら無期懲役。懲役300年なら300年。そんな目に遭うくらいなら、出動命令に従おうっていう。人を信じないのかと言われるけれど、やっぱり人間性の本質から目を背けちゃいけない」。こうした重罰を科すために審判所は必要で、石破氏は「公開の法廷ではない」と付け加えた。

 現行憲法は、条で「特別裁判所」の設置を禁じています。軍法会議はこの特別裁判所にあたるため、通常の行政機関を装った「審判所」という名称にしたのではないかと思われます。石破発言は、戦前の軍隊の在り方を否定することから戦後日本は出発し、現行憲法がつくられたのに、平和国家日本のありようを根底から覆するものと言わなければなりません。

 「九条の会・わかやま」 223号 2013・07・26 発行
 

有権者がこの国と自らを救う

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月28日(日)20時47分27秒 zaq3a55922e.zaq.ne.jp
返信・引用
  賢明な有権者がこの国と自らを救う。

6月8日、神戸市で「9条の心ネットワーク」他主催で、改憲派の慶応大学教授・小林節氏の講演会が行われました。要旨を3回に分けてご紹介します。今回は3回目で最終。

小林節氏③

 「憲法を守ろう」ではなく「政治権力者に憲法を守らせろ」が正しい。日本国憲法条は形式的に世界最強の厳格条文ではない。 厳格な方だが、3分の2は世界の相場だ。日本には立憲体系がなさ過ぎたから、憲法を理解して護持するという体質も薄い。96条を先に改正しようというのは、ゲームの始まる前にルールに縛られる当事者がルールを外そうという話から始める。これはどう考えても品がない。世界で憲法改正手続きの改正から入った例は一度もない。それくらい異常なことだ。

 何故こういう異常なことができるか。自民党の改正草案は前提が狂っている。憲法の名宛人は国会議員たちだ。その国会議員が5年前に「汝、国を愛せよ」などと言った。国民に国を愛してほしいなら、いい政治をすればいいだけの話だ。「思っていないけれど、憲法様が命じているから愛します」は思想・良心の自由に反することだ。法と道徳の区別が分っていない。「日本人は道を求める民族で、天皇が父の大ファミリーで慈しみ合う日本人の美徳を」などと言っている。ヨーロッパでは絶対王制が悪魔化した時は市民が革命を起した。これが歴史の必然だ。「武力闘争で国を建て、憲法だ人権だと権力を抑え込んだ体験は日本にはない」とも言っているが、これも嘘だ。明治憲法下で悲惨な戦争がやられてしまったという愚かな憲法体制であった。ということは、分りやすく言えば当時の日本は今の北朝鮮状態であった。絶対王制に対して歯向かうことすらできない程悲惨だった。天皇と国民が愛し合っていたから革命が起きなかったのではなく、それ以前の恐れ多い関係だった。天皇の名を担いだ執権、将軍、元老、軍部、官僚などと国民の間には常に葛藤があった。そういう体制の中で、負け戦を戦後処理の中で見聞きしている旧体制エリートの子どもの世襲議員は、そういう恨みをがっちりと持っている。思い込みが違うというのは気づいた方がいい。

 自民党案は9条改悪を提案している。独立主権国家である以上自衛権があるというのは、私は共有する。9条の前提に「諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」ので戦争放棄、戦力不保持としているが、「みなさんの人格を信頼して、刑法をなくす、警察いらない、鍵をかけずに生きる」というのは危ない。人間が人間である以上、刑法や民法がなくなる世の中がきたら9条でいいと思う。我々に侵略の意図がなければ侵略しないで済むが、侵略されないとは限らないので、侵略されたら国際法上もっている自衛権を発動して、日本の国力に相応しい軍事力を持つ。日本は国際国家だから、国際貢献も書いておかないとまずい。しかし、アメリカに言われたら、アメリカの二軍のように出て行くのは絶対にまずいと思う。今の自民党案だったら、海外派兵は法律に委ねるというが、政権を持っておれば法律は作れる。だからアメリカの二軍としてどこへでも飛んでいく。自民党の9条改正案は大変危ないものだ。だからこそ、一気に行けないので96条から来る。96条は何が何でも守らなければならない。5月の3週間の96条論争は負けたと自民党の何人もが言いに来た。しかし、維新などのグループは要注意だと思う。

 主権者国民は主権者意識と憲法感覚に目覚めたと思う。気を抜いたら危ないが、警戒を怠らないでほしい。護憲派も改憲派も現実を直視してほしい。私は、護憲派は理想的を超えた「空想的9条愛好家」と思っているし、改憲派は「空想的明治憲法愛好家」だ。「明治憲法は素晴らしい社会を実現していた。あの明治に戻ろう」論だ。選挙こそ悪しき権力者に審判を下す原則に帰ってほしい。賢明な有権者がこの国と自らを救う。(おわり)

九条の会わかやま 会誌224号(2013.7.26発行)
 

書籍紹介

 投稿者:i  投稿日:2013年 7月28日(日)20時14分52秒 zaq3a55922e.zaq.ne.jp
返信・引用
  書籍紹介 『自民党憲法改正草案にダメ出し食らわす!』

 護憲論者の伊藤真と、改憲論者の小林節が、憲法改正に対する意見は違っていても、憲法は国家をしばるものという点において意気投合!
 自民党の「憲法改正草案」のどういうところがダメなのか、現代の日本における憲法研究者の第一人者であり、草案作成のプロセスも知る2人が、徹底的に論じ合う。
 立場を越えて憲法の原点に立ち返る、立憲主義宣言!
(合同出版のHPより)

★96条改正草案へダメ出し!
→これでは、実質上、憲法が法律と同じになってしまう。
つまり憲法に拘束されるべき権力者たちが憲法から自由になりたい…という提案で、これは、立憲主義の否定、民主主義への反逆で「憲法破壊の試み」である。―小林節

★前文改正草案(3段)へダメ出し!
→人権尊重するのは、まず国でしょう。
こんなことまで国に言われたくない! しかも抑止力とかいって近隣諸国にケンカ腰の政治家からは特に。―伊藤真

九条の会わかやま 会誌224号(2013.7.26発行)
 

レンタル掲示板
/38