teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


来週からシニア&小学生名人戦開幕

 投稿者:MSG総統  投稿日:2018年 1月14日(日)07時21分22秒
返信・引用
  結局5時間あめ市の御神輿に付き合った丸山です。

まあただ歩くだけなら、丁度30年前に梓川高校~奈川度ダム間を徒歩で日帰り往復した事に比べたら大した事は無かったけど、御神輿を担いで歩き続けた皆様は物凄く疲れた事でしょう。本当にお疲れ様でした。

さて来週からシニア&小学生名人戦が開幕致します。

中信予選は両部門とも混戦となりそう。シニアは内川氏、胡桃沢氏、大須賀氏、小林氏、宮下氏、宮沢氏、阪西氏と、誰が代表になっても可笑しくない顔触れ。

小学生も塩尻支部と松本第2公民館勢だけでも有力候補が2人以上いる上に、松本道場支部や池田勢が絡むのだから激戦必至。両方とも代表2枠は狭い門となるでしょう。

その日は私も観戦予定。早くも鳥肌が立ってきます。皆様も是非、結果を楽しみにしていて下さい。
m(_ _)m
 
 

13日の土曜日は道場に行かないかも

 投稿者:MSG総統  投稿日:2018年 1月 9日(火)21時13分37秒
返信・引用
  あめ市の神輿の巡行警備の為、豊科一帯を歩き回ろうかと思っています。

役割通り2時間にするか?
それとも頑張って4時間歩き通すか?

それが問題だが、いずれにせよ終了時間は22時だ。

なお翌14日は大門教室に出向く予定です。


先日の連休は佐久~伊那遠征。佐久へは車で、伊那へは電車で向かった、いずれにせよ、これでは疲れに行ったようなモノだ。

軽井沢佐久支部の練習会では専ら若いアマ棋士との戦いが主であった。松本第一高から何人も参加しており熱の入った対局の数々が繰り広げられていた。

上伊那支部の新春大会では、北原孝浩氏との初対決が、ことのほか長引いた。中盤逆転に成功してからは何度か勝ち筋があったと思うが勝ちきれずであった。これがこの日最も悔いが残る将棋となった。

果敢にA級挑戦した高山日那さんと伊那北高の1年生には何とか勝ったけど太田啓介氏に完敗で2勝2敗で終わった。結局太田氏が優勝した(2位は北原氏、3位は柏原哲也氏、4位は三浦義人氏。B級では中畑和将君が悔しい準優勝)

また気持ちを新たに磨き直して棋望会に備えたいと思う。
 

新春の棋望会・1月28日開催へ

 投稿者:MSG総統  投稿日:2018年 1月 7日(日)09時24分5秒
返信・引用
  星野仙一氏の死去に愕然とし、上田西の大敗に辟易となりつつも共に最後まで立派に頑張り抜いたなあと敬意を抱かずにはいられない丸山です。

さて棋望会ですが今年最初の開催日を1月28日としたいと思います(ただし雪の場合は中止と致します)

強者を目指して切磋琢磨する有志の方々の御来場をお待ち致します。

 

大会・イベントの御紹介

 投稿者:MSG総統  投稿日:2018年 1月 3日(水)20時34分26秒
返信・引用 編集済
  長野安茂里支部から大会・将棋教室の御案内が届きましたので、ここにて御紹介致します。


①長野安茂里支部月例会(どなたでも参加可能、小学生以下も参加可能)

■日時:第102回 1月14日(日曜日)受付:9時から 開会:10時

■会場:長野市立安茂里公民館、住所:長野市安茂里1777-1
    (長野市安茂里総合市民センター内)

    TEL:026-226-4059

■送迎:JR安茂里駅(下り)改札口出た所 9時20分出発

    ※送迎希望者は支部まで

■クラス:一般の部(A級,B級,C級)
     小学生・女性の部(A級,B級※)

    ※小学生・女性の部はA級,B級の2クラスです

     A級:自信のある方、B級:初級者の方

■会費(弁当付き)一般 ¥1,300(長野安茂里支部会員 ¥1,000)
          女性・高校生以下の学生 ¥800
         80歳以上 ¥1,000

■賞:一般の部:当日発表
  小学生・女性の部 各クラス6位まで賞状


②子供と女性将棋教室(対象者:高校生以下の学生と一般女性)
参加無料です。見学、付き添い者歓迎致します。

1月6日(土) 1月20日(土)
共に受付9時30分から 開始10時 終了12時

会場:長野市立安茂里公民館(長野市安茂里1777-1 電話:026-226-4059)
 

本日は群馬決戦

 投稿者:MSG総統  投稿日:2018年 1月 3日(水)05時50分49秒
返信・引用
  自分は用事があって高崎行きを断念致しましたが出場する選手達に精一杯の声援を送りたいと思います。

ベストを尽くして頑張って下さい!
 

買い過ぎ?標準?買い足りない?(前編)

 投稿者:MSG総統  投稿日:2018年 1月 2日(火)07時58分15秒
返信・引用 編集済
  ちょっと座興で今までに自分が購入したカープグッズを羅列してみました  

買い過ぎ?標準?買い足りない?(後編)

 投稿者:MSG総統  投稿日:2018年 1月 2日(火)07時55分32秒
返信・引用 編集済
  人によって考えが分かれる所か?
(第2掲示板に書くべきだった?)
 

発表!MSG将棋大賞

 投稿者:MSG総統  投稿日:2018年 1月 1日(月)21時12分26秒
返信・引用
  いよいよ最優秀棋士賞の発表の時を迎えました。その前に2つの賞の発表したいと思います。

※特別文学賞:北村具房

(「将棋まつり」裏方の記・ながの東急将棋まつりー36年の回想ー正に名著でした。将棋まつりにまつわるエピソードは勿論ですが、それを通して懐かしき昭和時代や長野市の落ち着いた空気も堪能できる素晴らしい作品でした)

さて特別賞の追加は止めにしました。早速銀賞とも言うべき賞の受賞者を発表致します


※準優秀棋士賞:土屋朝陽

(長野県の高校2冠王。そして何より県2連覇を達成した高校竜王戦において全国大会ベスト8という大活躍を見せてくれました。最後こそ大会初の女性セミファイナリスト誕生の引き立て役になってしまいましたが、強気と正確さを併せ持った攻撃力。高校野球では健大高崎が機動力を「機動破壊」をスローガンに掲げていますが、高校将棋では朝陽君の将棋こそが「機動破壊」という称号に相応しいと思います。奥村龍馬氏と共に長野県の居飛車穴熊党を恐怖に陥れたと言っても過言ではないでしょう)


そしていよいよ金賞。つまり最優秀棋士賞の受賞者の発表を致します。


※最優秀棋士賞:田中博己

(1年間見続けた方々ならば、ほぼ全員が予測できたと思います。名人戦では念願の初優勝。朝日アマ名人戦では2年連続の信越代表となり春の全国大会では準々決勝まで勝ち上がりプロ棋士挑戦の権利を得て熱戦を展開致しました。真面目で礼儀正しく実直な性格を持った本格正統派。私に言わせれば、高野学氏から脈々と受け継がれる王道将棋の継承者。これはまだ今でこそ丸山の独善論かもしれませんが、やがては皆からそう認知されるかもしれないという期待を大きく抱いております)

以上で平成29年の将棋大賞の主な発表を終わりたいと思います。

平成30年は、もう始まっています。今年はどんなドラマが待っているのか?そして自分も第3者としてではなく当事者に、あわよくば主人公になれるよう頑張りたいと思います。

改めて本年も宜しくお願い致します。
 

平成30年幕開けせり

 投稿者:MSG総統  投稿日:2018年 1月 1日(月)08時40分19秒
返信・引用
  平成の節目にして西暦2010年代最後の年が本日幕開け致しました。

新年開けましておめでとうございます。

旧年中の御愛顧に感謝すると同時に本年以降も皆様が御多幸・御健勝である事を心より祈念致します。

どうか本年も御指導・御支援の程、どうか宜しくお願い致します。
 
    (MSG総統) まだ2018年でしたね。

元日早々つまらんネタを提供致しました。
皆にウケたかな?

あとMSG大賞の功労賞と特別賞、もう一人ずつ加えようと思います。
 

平成29年最後の投稿

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月31日(日)22時32分52秒
返信・引用 編集済
  平成29年、つまり西暦2017年も、間もなく終わりを告げようとしています。

塩尻支部を中心に1年を振り返ると、先ず2月のさなる杯小学生名人戦にて広丘の道場に幾度も出稽古に来てくれる井原千洋君が激戦を制して優勝致しました。

3月は支部対抗戦。これは赤木崇幸・土屋英樹・津田隆汰の3選手のトリオの3位が最高成績。津田君は棋王戦でも中学生の部で2位と頑張りました。

その棋王戦では英樹氏が連覇こそ逃しましたが3位、小学生の部では井原君が2位と健闘いたしました。また竜王戦では山中達也氏が県大会進出を果たしています。

4月~5月には関東アマ名人戦予選があり山中氏と有田高大氏が本戦へ。そして何より学生大会で塩尻支部・棋望会関連の学生達が大活躍。小中学生選手権では井原君が高学年の部で優勝で長野県の小学生2冠王になり、中学生男子では三島孝太君が優勝。翌6月には土屋朝陽君が高校竜王戦2連覇を達成。一気に3人が8月の全国大会に挑む事になりました。

3人の勢いは市民タイムス杯でも朝陽君がA級2位、三島君がB級優勝、井原君がC級優勝と行った具合で、その勢いが止まる事はありませんでした。また同大会では小学生の大和巧君がD級にて優勝致しました。

また5月の高校選手権では塩尻支部とも縁が深い松本第一高校が女子団体で初優勝を成し遂げました。3人ともまだ2年生という事で来年以降も楽しみです。

7月は名人戦。塩尻支部からは坂口謹一氏と山中氏が県大会進出。津田君と井原君、惜しくもあと一歩及ばずでした。そして8月。3人の若武者が全国大会で熱戦を繰り広げました。三島君と井原君は、あと1勝及ばずでしたが全国大会でも互角に戦える感触を掴めたと思います。

三島君は、これ以外にも千曲市や岐阜県高山市で開催した中学生大会に共に優勝。本当に地力がついてきました。

そして特筆すべきは朝陽君。高校竜王戦で見事に全国8強にまで勝ち残るという大活躍をみせてくれました。まだまだ2年生。もっと大きな期待を寄せたいです。

9月の赤旗名人戦では山中氏のみならず棋望会にも積極的に参加してくれる有田氏や蛯名新君が中信代表となり県大会では有田氏が優勝致しました。また新人戦では津田君と井原君が県大会に登場。優勝こそ逃しましたが井原君が3位、津田君が4位と健闘致しました。

10月の高校新人戦では朝陽君が優勝して長野県の高校2冠王に。ライバルの鈴木翼君とは今年だけでも4回決勝戦で当たりました。

11月には県選手権が行われA級とC級が中信対決となり新井浩実氏が山中氏を、井原君が黒岩泰氏を破り、それぞれ信州王将と二段免状を獲得致しました。塩尻支部からは、これ以外にも朝陽君がB級2位、大和君がE級2位。つまり5部門の内の4部門にて塩尻支部から2位入賞者が出た事になりました。また2位と言えば井原君が安曇野将棋まつりでA級2位に入りました。

12月に入ると山梨YBS杯団体戦にて赤木・英樹・新井・太田・清板の5選手のチームがB級優勝を果たして3年ぶりのA級復帰を果たし、朝日アマ名人戦では私・丸山佳洋を始め、山中・朝陽・三島・津田の4選手が決勝トーナメント進出。山中氏が3位、三島君がベスト8、丸山がベスト16でした。

最後の大会となった松本お城将棋まつりでは個人戦一般の部で津田君が見事にA級優勝、2位は三島君でした。また小学生の部では呉優輝君が準優勝でした。そして団体戦。一般の部は黒岩・蛯名・鈴木翼の3選手のトリオが優勝。2位には朝陽・小林誠至・畑中涼の3選手による松本深志高トリオが入りました。小林君は朝日大会でもA級優勝しており、今や深志の貴重な戦力と言えます。

また小学生の部では呉優輝・呉陽登・大和の3君のトリオが混戦を制して優勝。塩尻支部の次世代を担う5年生トリオが頑張ってくれました。

とまあこんな感じですが大会での活躍だけでなく普及面でも4つの県大会の運営、詰将棋解答選手権、夏と秋に恒例の窪田空穂教室、広丘公民館や大門公民館に広丘小学校での将棋教室、棋望会、カルチャーセンター等、そして何より道場での稽古と、塩尻支部会員の方々によって、これだけの教室・イベントに取り組む姿勢には深く敬意を表したいと思わずにはいられません。

そして来年以降も将棋界の御発展に大きな尽力が期待される塩尻支部に私も少しでも貢献できるよう努力していきたいと思います。

長くなってスイマセンでした。今年1年お世話になった事に感謝すると同時に来年もまた御指導・御支援・御声援の程、どうか宜しくお願い致します。

それでは皆様、佳いお年をお迎え下さい。
 

【第2弾】発表!極私的平成29年МSG将棋大賞受賞者(三賞部門) 

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月31日(日)21時10分37秒
返信・引用
  > No.1054[元記事へ]

平成29年も残り数時間となりました。今年最後の仕事としてMSG将棋大賞の要である殊勲・敢闘・技能の三賞を発表致したいと思います。

※殊勲賞:荻原拓也

(1度は高校生部門の殊勲賞と致しましたが、そこから外して、こちらに移ってもらいました。アマ竜王戦で県大会進出。そこでも強豪相手に逆転勝利を飾ってベスト4進出を果たした点を買いました)


※敢闘賞:佐藤清文

(名人戦と赤旗戦では準決勝を戦い、竜王戦では田中氏を破り県大会8強入り。受賞者候補を、ほぼ全て総ナメにして上位進出を重ねた事を考慮致しました。時代の長野県のエースと期待したいです)


※技能賞:有田高大

(候補の欄でも書いた通り、三間飛車を主武器とした軽快な捌きで赤旗戦制覇&竜王戦準優勝)


以上であります。これで残りは最優秀・準優秀・名局の3部門。
名局賞も早目に段取りしようと思いますが、明日の元旦には2大部門を発表したいと思います。
 

平成29年の棋望会を振り返って

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月30日(土)21時28分30秒
返信・引用
  > No.791[元記事へ]

↑でも書きましたが、その昨年と同様、平成29年の棋望会の記録を、大まかに集計してみました。

その前に前以てお伝え致しますが、2位と3位の順位もハッキリさせてはいますが、ここでは数字上、優勝に準ずる成績を収めながら3位に甘んじた選手も同列に扱って準優勝とさせています。どうか御了承下さい。

1 月=優勝:蛯名 新  準優勝:土屋英樹 山中達也
2 月=優勝:三島孝太  準優勝:赤木崇幸 蛯名 新
3 月=優勝:土屋朝陽  準優勝:中畑太翔 丸山佳洋
4 月=優勝:土屋朝陽  準優勝:三島孝太 井原千洋
5 月=優勝:井原千洋  準優勝:津田隆汰
6 月=優勝:三島孝太  準優勝:高橋智哉 赤木崇幸 津田隆汰
7 月=優勝:有田高大  準優勝:三島孝太
8 月=優勝:有田高大  準優勝:津田隆汰
9 月=(台風により中止)
10月=優勝:有田高大  準優勝:土屋朝陽
11月=優勝:蛯名 新  準優勝:三島孝太 土屋朝陽
12月=優勝:山中達也  準優勝:小林悠馬

今回は昨年の事を語った時みたいに余り多くを語らないように致します。

特徴としては優勝者が全員25歳未満だった事、山中氏と有田氏以外は大学生以下の学生だった事(最年少優勝者は小学6年生の井原君)2位や3位も丸山、赤木氏、英樹氏まで除けば大学生以下だった事、複数回の優勝者が4人いて、結構顔ぶれが固定されていた事でしょうか?

因みに私・丸山は3勝の勝ち越しが3度あった代わりにイエローカードも3枚もらう羽目に。今年唯一の皆勤者となった以外は何ともパッとしませんでしたが、これに落ち込む事無く来年も全力を尽くしたいと思います。

取り敢えず1月の予定ですが天気が良ければ3日は群馬に出向き塩尻支部の学生達を応援したいですし、7日と8日は佐久~伊那と遠征してみたいですね。14日は大門教室か?松本道場支部の大会か?21日は松本にてシニア&小学生名人戦の中信予選を見届け(2月4日の県大会にも出向くつもりです)28日は棋望会という予定でいます。
 

【第2弾】発表!極私的平成29年МSG将棋大賞受賞者 

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月30日(土)20時08分44秒
返信・引用 編集済
  第1弾では学生にしぼって独自に選出致しましたが、今回はMVPや三賞、ベストバウト賞を除く各部門の受賞者を丸山の独断と偏見をもって選びたいと思います。

※最優秀シニア棋士賞:北原 昭
(シニア名人こそ逃しましたが、支部名人戦準優勝、朝日アマも8強と健在をアピール致しました)

※最優秀女流棋士賞:小林ことり
(高校女子個人2冠王、更に朝日アマ女流戦も優勝。来年も活躍が期待できる伊那北の2年生であります)

※最優秀団体チーム賞:松本道場支部(宮下謙一、大須賀欽一、船坂徹)
(強力チームが集う支部対抗戦優勝を2連覇、優勝は3度目。もうMVPにしても良いでしょう)

※団体戦敢闘賞:大谷章 松島中学(小川清香 勝野由香 勝野美和)
(大谷氏は支部対抗戦のリーダーとして長野支部チーム準優勝となった点を、松島中学は島内小学校時代の4年間、県小中学生団体戦において、男子と混じって熱戦を展開。準優勝2回、3位2回という素晴らしい成績を残した点を買いました)

※特別賞:曽根原栄一、松井清利
(曽根原氏は百戦錬磨の強者揃いのシニア名人戦で優勝。松井氏は朝日アマでベスト4進出。両ベテラン共に見事でした)

※カムバック賞:太田啓介 新井浩実
(太田氏は竜王を、新井氏は信州王将を奪取。両氏ともに久し振りの大活躍でした)

※功労賞:坂口謹一 上伊那支部 清水健治

(坂口氏は小学生~高校生の3部門の優勝者(土屋朝陽、三島孝太、井原千洋の3君)を輩出&全国大会で活躍するまでに鍛えた事を、上伊那支部の方々も小学生~高校生の団体戦合計4部門制覇に導いた事を選んだ理由と致しました。加えて辰野町への公認道場設立と精力的な所もみせていました。中高支部長・清水氏は長年に渡り中野市を拠点に長野県将棋界の御発展に努めて参りました。今後も小林豪君などの御活躍を見守ってくれるでしょう。惜しむらくは羽生永世7冠の御来訪を先頭に立って歓待してほしかったです)

※企画賞:上田城将棋まつり 松本第2公民館・福祉広場会館20周年記念小学生大会

(真田幸村公生誕450周年に華を添えた上田城将棋まつりと、2人のプロを招聘して90人もの小学生を集めた鎌田哲也氏を始めとした教室の熱意を考慮致しました)

以上です。三賞は早ければ明日の大晦日にでもと思っています。
 

超・極私的  平成29年МSG将棋大賞(学生部門) 

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月28日(木)23時47分59秒
返信・引用 編集済
  > No.1051[元記事へ]

※平成29年12月31日20時02分に再編集

う~~~ん・・・苦闘の棋望会であった。1年間ずっと皆勤したのが自分だけだったらしいのが、せめてもの自慢のタネという所だけど、これだって3月の時に星空合宿の日と同時開催しなければ、また違った形になっていたかもしれないし・・・

さて丸山私的の将棋大賞、結果発表は早くても元日にと考えていますが、それに先んじて学生に限定して発表致したいと思います。

・小学生
最優秀賞:井原千洋
(小学生県2冠 県選手権で二段免状獲得 三段戦も4強入り)

殊勲賞:古林正義
(小学生棋王戦で井原君を決勝で撃破。彼より早く初段免状を奪取した)

敢闘賞:高山日那
(小学選手権4強入り 団体戦では大将として伊那東小の連覇に貢献した女子選手)

技能賞:月岡晃太郎
(振り飛車を駆使して小学選手権準優勝 さなる杯でも3位入賞)

最優秀団体チーム:伊那東(中畑和将・竹内睦斗・髙山日那)


・中学生
最優秀賞:三島孝太
(中学選手権優勝 朝日アマ県8強 更にはアマ竜王をも撃破した)

殊勲賞:中畑太翔
(中学選手権は惜しくも準優勝だったが大きな大会で増沢理久斗君を破り決勝に進んだ)

敢闘賞:松沢咲
(中学女子の部で2人の上級生強豪を連破して優勝。団体戦でも伊那東部の連覇に貢献)

技能賞:津田隆汰
(中学棋王戦準優勝 破壊力抜群の攻撃力を買う)

最優秀団体チーム:伊那東部(中畑太翔・松澤 咲・鈴木麻弘)


・高校生
最優秀賞:土屋朝陽
(高校竜王戦では全国ベスト8 新人戦も制して県内では高校2冠王)

殊勲賞:坂口太規
(選手権で母校の後輩・土屋君の3冠独占を阻止、その1番で8強入りを決めた)

敢闘賞:鈴木翼
(選手権優勝、新人戦2位で全国大会へ2度出場。アマ大会で土屋君を破り三段奪取&県大会で8強以上が3度)

技能賞:小林誠至
(竜王戦も新人戦も県8強 右玉と引き角の二丁拳銃で鈴木君や高橋君を破る活躍ぶり 朝日アマではA級優勝)

最優秀団体チーム(男子):伊那北(鈴木麻修・矢島雄河・向山大樹)
(3人とも2度目の優勝 伊那北は5連覇達成)

最優秀団体チーム(女子):松本第一(丑山実咲・松井未来・山後郁美)
(念願の初優勝。中信地区の優勝は大町以来)

最優秀女子:小林ことり
(選手権と新人戦の2つで個人優勝。朝日アマでも女子の部を制した伊那北期待の2年生)
 

2018年最後の棋望会

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月26日(火)23時11分53秒
返信・引用
  その前に広丘の道場ですが12月30日は休みとなり、来年は1月6日からスタートとなりますので宜しくお願い致します。

さてクリスマスイブに開催した今年最後の棋望会には13名が参加致しまして結果は次の通りとなりました

優勝:山中達也(5勝0敗) 2位:小林悠馬(4勝1敗)

勝ち越し=鈴木翼 津田隆汰 土屋朝陽

レッドカード&イエローカード=各1名

今回は主宰の坂口氏が参加不可の上での奇数参加という事で対戦形式を決めるのに難航致しましたが優勝経験者の中から、くじ引きで1人に2面指しを行うという事とし、結局は蛯名君にお願いする事になりました。蛯名君には申し訳ない事をしてしまいましたが、あのメンバーで6勝4敗は見事だったと思います。しかし今後どういう形式を採るべきか、検討の要ありであります。

それに引き換え、この丸山。初戦から赤木氏、三島君、小林君と3連敗。4戦目を辛勝した後、最終戦では千日手指し直しの末、黒岩氏に完敗を喫し1勝4敗でイエローカード。全くもって、とんだクリスマスプレゼントを受け取る羽目になりました。

リーグ戦の方ですが今回は信州大学の角谷嶺平君が初参加。朝日アマ名人戦で田中博己氏を破り皆を驚かせた事は記憶に新しい所(要するに今年の朝日アマ名人戦、県予選を無傷で済んだ選手は1人も居なかったという事ですね)更に松本秀峰中の井上遼太郎君が久しぶりに参加してくれました。

初戦で山中氏と三島君が熱闘を展開。これを制したのは山中氏でしたが終局は12時という長期戦でした。この山中氏と翼君、朝陽君が2連勝と致しました。

3戦目で朝陽君と翼君、高校生のライバル対決が実現致しまして相穴熊の戦いを翼君が制し、赤木氏を振り切った山中氏とトップを並走致します。更に三島君、小林君、角谷君が連勝してトップグループに追走致します。

4戦目の全勝対決は山中氏が翼君を破り単独トップに。1敗対決では朝陽君が三島君を、小林君が角谷君を破りました。それ以外で目に付いたのは井上君。大熱戦の末に黒岩氏に逆転勝ちして2連勝。最終戦に勝ち越しをかける事になりました。井上君も着実に成長しているようです。

最終戦は先ず津田君が意地を見せて蛯名君、角谷君といった具合に信大勢を連破して勝ち越しを決めましたが三島君と井上君は共に蛯名君に敗れ残念ながら勝ち越しならずでした。

上位対決の組み合わせは山中VS朝陽、小林VS翼。先ず勝ったのは小林君。前回は負け越したのですが今回は本来の実力を発揮出来たようです。そして最後の決戦は最近穴熊を多用する朝陽君を山中氏が居飛車穴熊で迎え撃ち冷静な対処で3度目の全勝を達成致しました。

今回は今年最後&クリスマスイブという事で入賞賞品のみならず、お楽しみプレゼントも豪華&多数用意して頂けました。これだけ素晴らしい贈り物を用意してくれた方々に厚く御礼申し上げます。皆本当に嬉しそうな表情でプレゼントを受け取っていました。

来年最初の棋望会は1月28日開催を予定しています(第2候補は21日。雪なら中止)

今年も残りわずかとなりました。連日寒い日々が続きますが風邪をひかないよう御身体を御自愛して佳い年をお迎え下さい。
 

超・極私的  平成29年МSG将棋大賞候補者リスト 

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月21日(木)22時03分14秒
返信・引用 編集済
  将棋は世につれ、世は将棋につれ。いよいよ今年も、あと僅かとなりました。
さてMSG掲示板恒例の「MSG長野県将棋大賞」の季節が、またもややってまいりました。
今年も色々なドラマ、名勝負がありました。それを振り返りながら候補者を選びたいと思います

※最優秀棋士賞&準優秀棋士賞
今回は両賞ともに明確にリストアップ致しません。皆様どうか御自由に想像を膨らませて予想をお楽しみ下さい。

※殊勲賞
荻原拓也(初登場のアマ竜王戦で驚異的な粘りを発揮してベスト4進出)
土屋朝陽(高校竜王戦にて全国8強。県内でも高校2冠だが賞の分配状況によっては別の賞の候補に移すかも)
大谷 章(支部対抗戦準優勝チームのリーダー。予選突破も決勝進出も自らの手で決めた)
井原千洋(赤旗三段戦で3位、県選手権で二段奪取と急速に力をつけた県小学生2冠王)

※敢闘賞
鈴木 翼(赤旗4強を含め県大会8強以上が4回、三段奪取に高校大会も2度全国出場達成)
新井浩実(信州王将奪取で健在をアピール)
松井清利(朝日アマでは若手強豪を次々と撃破して4強入り)
倉沢周作(久々の登場で長野県棋王を奪取)
佐藤清文(名人戦4強を含め県大会の常連となった次世代の長野県のホープ)

※技能賞
太田啓介(独特の勝負術に磨きがかかり長野県竜王に返り咲きを果たす)
佐藤 歩(ブランクを感じさせない剛腕で名人戦・赤旗戦準優勝)
有田高大(三間飛車をメーン戦法に赤旗戦を制す。アマ竜王戦も準優勝。代役出場で全国でも奮戦)
中原英史(赤旗新人戦優勝をもたらせた鋭さと粘り強さ)
三島孝太(辛い中盤と鋭く素早い収束力で朝日アマ8強まで勝ち上がった長野県中学生王者)

※ベストバウト賞(今年も複数の審査員によって決定したいと思っていますが・・・)
太田啓介VS奥村龍馬(アマ竜王戦準決勝。変則的な出だしからスリリングな展開へ)
松沢 咲VS西田 誉(中学選手権決勝。中終盤で見せた強気の応酬&劇的な決着)
佐藤清文VS山中達也(アマ名人戦1回戦。二十代のライバルが繰り広げた190手越えの大力戦)
土屋朝陽VS鈴木 翼(高校新人戦決勝。両雄は今年、これを含めて4回も決勝戦と名の付く場で対決した)

※最優秀シニア棋士賞
曽根原栄一(シニア名人戦優勝)
北原 昭(支部名人戦準優勝、朝日アマも8強入り)

※最優秀女流棋士賞
小林ことり(高校女子個人2冠王。押しも押されぬ長野県高校女子最強選手)
松沢 咲(県中学生選手権優勝。中学団体戦でも大将として伊那東部中の連覇に貢献)
高山日那(県の小学生大会で4強入り。小学生団体戦でも伊那東小の連覇に貢献)

※最優秀団体チーム賞
宮下謙一、大須賀欽一、船坂徹組
(支部対抗戦優勝の松本道場支部トリオ)

鈴木麻修、矢島雄河、向山大樹組
(伊那北高校初の男子団体5連覇をもたらした。3人とも優勝は2度目)

中畑太翔、松澤 咲、鈴木麻弘組
(中学団体戦を2連覇した伊那東部中学校トリオ)

中畑和将・竹内睦斗・髙山日那組
(小学生団体戦を2連覇した伊那東小学校チーム)

丑山実咲、松井未来、山後郁美組
(松本第一高校団体初優勝トリオ)

あと、最早定例となった団体戦敢闘賞やフレッシュスター賞(高校生~小学生に分けて)特別賞、功労賞など、様々な賞を考えています。

また早目に決定とした場合、クリスマスを待たずして発表する事があります。

以上ですが、他にも多数の候補がいる筈です。自薦・他薦を随時受け付けますので是非御一報下さい。
発表は早くても元旦であります。
 

今度の24日は棋望会です

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月20日(水)21時12分51秒
返信・引用
  今年最後の棋望会は、クリスマスイブの24日であります。

強者を目指して切磋琢磨する有志の御参加をお待ちしています。

松本お城将棋まつりの団体戦小学生の部、9チーム参加で7勝1敗が2チーム、6勝2敗も2チームで結果的に上位4チームがダンゴ状態に。

それだけの激戦になった事は、多少なりと人集めに携わった自分(丸山)の溜飲を下げる事になったが、その反面、反省点も多々あり、次回以降に、また面倒な宿題を残したようだ。
 
    (MSG総統) 最も人集めに携わったと言っても実際に関与したのは、2チームぐらいで、両チーム共に事実上自主参加と言っても良いと思います。

そして6チーム揃えた松本第2公民館教室には恐れ入りました
 

松本お城将棋まつり団体戦の画像

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月19日(火)19時55分49秒
返信・引用
  (1枚目)一般の部優勝・黒蛯の翼チーム
(2枚目)一般の部2位・松本深志チーム
(3枚目)小学生の部優勝・塩尻支部チーム

皆良く頑張ってくれました。おめでとうございます
(*゜▽゜)_□(*^▽^)/★*☆♪

出来れば個人戦優勝・津田君の勇姿も撮りたかったなあ・・・
 
    (MSG総統) 写真と言えば先日の朝日アマ名人戦の対局風景を使い捨てカメラで撮影を試みたが露光不足で全部ダメ。

結局全部捨てる事に。残念・・・
 

朝日アマ・田中博己氏が2年連続で信越代表となる

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月18日(月)23時20分51秒
返信・引用
  17日に長野市にて行われた朝日アマ名人戦・信越地区代表決定戦にて田中博己氏が初戦で新潟代表を、そして決勝戦で奥村龍馬氏を破り2年連続で全国大会出場を果たした。今年の戴冠は7月の名人戦に続いて2冠目となった。

田中氏の御活躍を祝し、今度の全国大会においては前年のベスト8以上、そして日本一まで勝ち上がる事を期待したいと思います。
 

松本お城将棋まつり各クラスの結果・2

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月18日(月)23時10分31秒
返信・引用
  日曜17日開催の上記大会・団体戦2クラスの結果は次の通り

・一般の部(参加7チーム)

A級優勝:黒蛯の翼(黒岩泰 蛯名新 鈴木翼)
A級2位:松本深志高(土屋朝陽 小林誠至 畑中涼)
A級3位:松本県ケ丘高(斎藤慶太郎 石塚奏多 望月佑成)

B級優勝:松本第一高A(柏原花織 平林慎子 加藤愛理)

※2リーグに分け上位4チームがA級トーナメントに、下位3チームがB級トーナメントに組み込まれるという形式で行われた。松本市から深志、県ケ丘、第一の2チームに加えて伊那北も参戦、更に高校生と大学生が入った黒蛯の翼チームも加わって、さながら高校団体戦の様相を呈した大会となった。

大会の方は黒蛯の翼が予選で松本第一A、伊那北、松本深志を連破して全勝で予選を突破。準決勝で北信トリオを破り、決勝で深志最強トリオの再挑戦を退けた。B級は松本第一Aの女子トリオが優勝。先輩の優勝トリオに続く一大勢力として台頭が期待される。

・小学生の部(参加9チーム)

優勝:塩尻支部(呉陽登 大和巧 呉優輝)
2位:TTC(鈴木千尋 月岡晃太郎 矢口拓実)
3位:松本第2公民館D(大槻幸貴 石井大地 富田覚弥)

この部門には塩尻市・宗賀小の選手が主体の塩尻支部チームが、広丘小学校チーム以来の参加。更に松本第2公民館から6チーム、これに北安曇郡から池田小学校、北信&松本市の混成チームが加わった。

総当たりで熱戦が展開され7連勝と星を伸ばした塩尻支部の勢いを、最終戦において北信2強が主軸を成すTTCが食い止めて1敗同士で並んだが選手の勝ち星で20勝を挙げた塩尻支部が最終的に上回った。TTCはラス前のVS第2教室A戦で鈴木君が田中良樹君(1度だけ広丘道場に来た)に殊勲の星を献上し、紙一重で優勝に届かなかった。
 

松本お城将棋まつり各クラスの結果・1

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月18日(月)22時07分18秒
返信・引用 編集済
  先日の土日に松本市・あがたの森文化会館にて行われた上記大会
先ずは土曜16日の個人戦。各クラスの結果は次の通り

・個人戦A級(参加5名)

優勝:津田隆汰 2位:三島孝太 3位:胡桃沢正雄

※津田君が全勝優勝。2位以下に2差をつけてゴールした。

・個人戦B級(参加8名)

優勝:等々力和樹 2位:月岡晃太郎 3位:佐々木航

※2つのリーグに分けられ等々力氏が全勝通過。決勝トーナメントでも高校生の佐々木君、小学生の月岡君の挑戦を退けた。

・個人C級(参加6名)

優勝:高山日那 2位:水野俊輔 3位:大沢光次

※伊那東小学校の女子選手・高山さんが全勝で駆け抜けた。このクラスには塩尻支部から大和巧君が参戦したが3位タイに3人が並び、抽選でベテランの大沢氏に3位に浮かばれた。

・小学生高学年の部(参加21名)

優勝:富田文希 2位:呉優輝 3位:倉沢奏志

※こちらも2つのリーグに分けられ岐阜からやってきた富田君が全勝通過。トーナメントで倉沢君、呉優輝君を降して優勝した塩尻支部から呉兄弟が出場し、もう1人の呉陽登君は8勝2敗の予選3位で決勝トーナメント進出ならずであった。

・小学生低学年の部(参加11名)

優勝:樋口瑛太 2位:小笠原凛 3位:園部実路

※第2公民館教室の樋口君が10戦全勝、2位以下に2差をつけて優勝した。

 

朝日アマ名人戦各クラスの結果

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月12日(火)22時37分49秒
返信・引用
  その前に松本お城将棋まつりの団体戦、一般も小学生も全て埋まりました。
皆様の御協力に深く感謝致します。

また今週末の私の予定ですが土曜日は午前中=塩尻・午後=松本・夕方~夜=長野。
日曜日は、松本お城祭りに参上予定であります。

さて先日行われた朝日アマ名人戦、各クラスの優勝&上位入賞者は次の通り(参加者の約7割は学生選手だったという)

・名人戦(代表決定戦の結果・参加39名)
☆奥村龍馬ー山中達也★ ☆田中博己ー松井清利★(田中氏と奥村氏が信越大会に進出)

奥村氏は両者得意戦法を出し合った末に四間飛車を駆使して山中氏のポナンザ銀冠を攻略、田中氏は終盤で松井氏をひっくり返した。

・女流名人戦(参加8名)
優勝:小林ことり 2位:瀬木穂波 3位:富沢近意

伊那北の女子エース、小林さんが存分に力を発揮した。

・シニア名人戦(参加8名)
優勝:宮沢祐司 2位:斎藤進 3位:宮下謙一

5人が首位に並ぶ混戦の末、SB方式で宮沢氏が抜け出した。宮下氏は連覇ならず。

・一般A(参加40名)
優勝:小林誠至 2位:足立優輝 3位:田中滉人

松本深志の小林君が優勝、2位も松本秀峰の足立君と中信の高校生が上位を占めた。

・一般B(参加36名)
優勝:竹本健人 2位:風間悠斗 3位:鈴木千尋

・小学生A(参加15名)
優勝:酒井悠安 2位:桑原大知 3位:滝沢峻平

・小学生B(参加32名)
優勝:小林暖希 2位:増田康太郎 3位:中島瑛登
 

団体戦募集状況

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月12日(火)09時08分26秒
返信・引用
  一般2名は定員に達しました。残るは小学生1名です  

団体戦メンバー募集&朝日アマ名人戦の途中経過

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月10日(日)22時08分30秒
返信・引用
  17日の松本お城将棋まつりですが、団体戦のメンバーを急募致します。

募集人員・小学生の部=1名    一般の部=2名

どうか宜しくお願い致しますm(_ _)m

名人戦の代表決定戦の組合せ

山中達也VS奥村龍馬    田中博己VS松井清利

山中氏は決勝トーナメントでは太田啓介氏や蛯名新氏といった大敵を撃破しての進出。奥村氏も私・丸山佳洋に貫禄勝ちした後、北原昭氏を破り、田中氏は予選で信大の角谷嶺平君に不覚を取るも決勝トーナメントで雪辱、更に鈴木翼君を退け、松井氏は緒戦で斉藤慶太郎君に敗れるも井原千洋君を破り予選突破、更に黒岩雄大君、三島孝太君といった元気な若武者を次々に討ち取った。

私・丸山は予選で高校選手権のファイナリスト2人と連戦。鈴木君に敗れるも斉藤君を破り予選突破。決勝トーナメントでは初戦で中沢正直氏を破るも前述の通り奥村氏に完敗を喫した。

他の塩尻支部関連では私・丸山と山中氏以外には土屋朝陽君、三島孝太君、津田隆汰君が決勝トーナメント進出。三島君は松井氏に敗れ準々決勝で、土屋君は2回戦で鈴木君に、津田君は1回戦で太田氏の前に苦杯を舐めた。
 

今月最後の棋望会&松本お城将棋まつりの追記

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月10日(日)05時59分9秒
返信・引用
  今年最後の棋望会ですが、クリスマスイブの24日に開催致します。対局形式は30分30秒の5局を予定しています。

強者を目指して切磋琢磨する有志の方々の御来場を心待ちにしています。


また来週土日に開催される松本お城将棋祭りに参加するプロ棋士のスケジュールを大まかですが、お伝え致します。

豊川孝弘七段(16日、17日の両日参加)
長沢千和子女流四段(16日、17日の両日参加)
北尾まどか女流二段(16日のみ参加)
カロリーナ・ステチェンスカ女流一級(16日は午前中は塩尻市・大門教室来訪の為、午後のみの参加。17日は終日参加)

念のため大会形式の詳細を再掲載しておきます

> 個人戦 12月16日(土)
> 一般の部 a名人クラス
>      b有段者クラス
>      c級位者クラス
>
> 小学生の部 d高学年
>       e低学年
>
> 団体戦(1チーム3人) 12月17日(日)
> 一般の部 予選リーグ
>      決勝トーナメント
>
> 小学生の部 総当りリーグ戦
>
> 【両日とも】
> プロ棋士との交流会
>      指導対局 サイン会 記念撮影
> (サイン会・指導対局は別途有料の予定)
>
> 会場 あがたの森文化会館 松本市県3-1-1
> 参加費 一般 2500円 女性・高校生以下1500円  (昼食付き)
>
> ※大会事前申込制 申込締切 12月13日(必着)
>
> 申込先
> 郵送:〒390-0815 長野県松本市深志1-5-8 深志ビル内
>    松本お城将棋祭り実行委員会事務局
> FAX:0263-39-8790
> メール:tsume.matsumoto@gmail.com (@を小文字にしてください)
>
> ※長沢千和子女流四段とプロ棋士が贈る 記念ディナーショー
>   場所 ホテルブエナビスタ 地下「ミュトス」
>   日時 12月16日(土)PM5:00~8:00
> 当日券 8,000円(前売り券 7,000円)
> ファミリー券(大人1名・子ども2名) 10,000円
 

羽生永世七冠、中野市来訪

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月 9日(土)08時49分58秒
返信・引用
  1月20日、中野市民会館にて講演会を開くそうです

テーマは「先見力と決断力」

取り急ぎ御報告まで
 

山梨団体戦の戦況報告

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月 5日(火)22時18分7秒
返信・引用 編集済
  12月3日に山梨県甲府市で行われた上記大会。4チームを出場させた我が塩尻支部。その戦いぶりは以下の通りです。

・Aチーム(赤木崇幸 土屋英樹 新井浩実 清板鉄之 太田啓介)
B級優勝で3年振りにA級復帰

B級~D級は、まず予選で紅白2つの4チーム総当たりリーグ戦を行い、各組の上位2チーム合計チームが1位~4位決定戦に進み、各組の下位2チーム合計4チームが5位~8位決定戦に回る。

順位決定戦は2試合。違うリーグの2チームと戦い、予選と合わせたチームの勝ち星、選手の勝ち数、更には前年の順位が考慮されて順位が決定される。1位と2位が昇級、7位と8位が降級となる。

前年欠場した主力メンバーが復帰、更には太田氏という強力な助っ人を迎え予選は3戦全勝で紅組を1位突破。決勝リーグでは白組2位に惜敗、白組1位に辛勝。結局4勝1敗の勝ち数16で白組1位と全くの同数となったが前回の順位(前回は3位)がモノを言って優勝でA級復帰を決めた。


Bチーム(坂口謹一 黒岩泰 山中達也 土屋朝陽 三島孝太)
A級5位でA級陥落

最高クラスのA級は6チームによる総当たりリーグ戦。降級は2チームである。前年4位で残留を果たしたBチーム。中学生の三島君が勝ち越し、西田新君が抜けた穴を山中氏が埋めたようであるが、最上級のカベは相当分厚かったと見るべきか。

最後の残留争いは下位3チームが勝ち点同数となり順位では最上位のBチームは、あと1勝及ばずプロ野球に例えれば0.5ゲーム差で無念の降級となった。

優勝は甲府サロン中央支部A。前年ついに長期の連覇を阻止された無念を晴らしての王座奪回劇であった。連覇を逃した新宿将棋倶楽部Aが2位、この2チームに2-3と食い下がった白門棋道会Aが3位であった。


Cチーム(丸山佳洋 日高洋志 小沢政治 呉優輝 呉陽登)
D級1組6位で残留

前年の昇級チームだが、その時のメンバーは日高氏のみ、私・丸山に30歳代の指し盛りの2選手、更に初参加の小学生兄弟というチーム編成であった。

予選から連敗スタート、それも2試合共に0-5のストレート負けという厳しい出だしとなったが3戦目を3-2で辛勝し紅組3位で残留争いへ(ただし勝ち数では3で最下位)

順位決定戦では白組4位に2-3で敗れるも最後は白組3位を3-2で破り2勝3敗に。選手の勝ち数は8で最下位だった為、チームの勝ち点で並ばれた紅組4位に追い抜かれたものの、1勝4敗のチームが2チームあったため、辛くも6位に滑り込んで残留となった。

最悪のスタートでも呉兄弟が挫けず粘り強く指した為、これが日高氏と小沢氏の闘志を掻き立てたようで、特に日高氏が3連勝と奮い立った。大将の丸山が1勝4敗と不振。これが最後までチームを苦しめ、自力残留の芽を摘み取る元凶となった。


HIROSHO愛将会(越山貴雄 京谷淳 池田辰美 津田隆汰 大和巧)
D級2組5位で残留

百戦錬磨のベテラン3名に小中学生を加えたチーム。予選から奮闘するも惜敗が重なり無念の白組3位。それでも残留争いで松本第一高校に引導を渡して5位を確保した。

優勝したのは松本道場支部B(大須賀欽一 高田信夫 久保修一 柏原哲也 井原千洋)我が地元・安曇野市出身者が過半数を占め、更に井原君を加えたチームが優勝した事を喜ばしく思う。

尚、C級は信州大学Aが優勝。小諸支部と軽井沢佐久支部が残留であった。またE級には松本仁志氏が率いる塩尻カルチャースクール5人の小学生チームが参加。予選では力を発揮出来なかったようだが敗者特別トーナメントで2勝を挙げて気を吐いた。
 

快挙達成!

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月 5日(火)16時33分14秒
返信・引用
  羽生永世7冠誕生を心から祝します  

県赤旗将棋名人戦決勝棋譜アプリ

 投稿者:北信濃将棋情報サイト  投稿日:2017年12月 3日(日)13時17分13秒
返信・引用
  丸山佳洋さんから提供されました長野県赤旗将棋名人戦決勝の棋譜から
アプリを作成して北信濃将棋情報サイトに掲載しいました。

棋譜の提供ありがとうございました。

2017年長野県赤旗将棋名人戦決勝
https://hokusinsyougi.web.fc2.com/kifu/2017/1015/kifu_010.html

2017年 北信濃将棋情報サイト作成棋譜メニュー
https://hokusinsyougi.web.fc2.com/kifu/2017/kifu_2017.html

北信濃将棋情報サイト
https://hokusinsyougi.web.fc2.com/
 

いよいよ明日は山梨決戦

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年12月 2日(土)12時41分0秒
返信・引用
  山梨団体戦参加メンバーの方々へ

いよいよ明日は甲府遠征ですね。皆様腕が鳴っていると思います。

当日は4チーム全ての優勝・昇級が叶うよう全力を尽くして頑張りましょう!!
o(^o^)o
 

松本お城将棋まつりの御案内

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月30日(木)21時15分35秒
返信・引用
  松本お城将棋祭り

ゲスト 豊川孝弘七段 長沢千和子女流四段  北尾まどか女流二段 カロリーナ・ステチェンスカ女流一級


個人戦 12月16日(土)
一般の部 a名人クラス
     b有段者クラス
     c級位者クラス

小学生の部 d高学年
      e低学年

団体戦(1チーム3人) 12月17日(日)
一般の部 予選リーグ
     決勝トーナメント

小学生の部 総当りリーグ戦

【両日とも】
プロ棋士との交流会
     指導対局 サイン会 記念撮影
(サイン会・指導対局は別途有料の予定)

会場 あがたの森文化会館 松本市県3-1-1
参加費 一般 2500円 女性・高校生以下1500円  (昼食付き)

※大会事前申込制 申込締切 12月13日(必着)

申込先
郵送:〒390-0815 長野県松本市深志1-5-8 深志ビル内
   松本お城将棋祭り実行委員会事務局
FAX:0263-39-8790
メール:tsume.matsumoto@gmail.com (@を小文字にしてください)

※長沢千和子女流四段とプロ棋士が贈る 記念ディナーショー
 場所 ホテルブエナビスタ 地下「ミュトス」
 日時 12月16日(土)PM5:00~8:00
当日券 8,000円(前売り券 7,000円)
ファミリー券(大人1名・子ども2名) 10,000円
 

12月 権堂女流棋士指導将棋開催予定

 投稿者:北信濃将棋情報サイト  投稿日:2017年11月29日(水)22時47分9秒
返信・引用
  主催:権堂将棋クラブ(藤井、倉﨑、上野)
時間:13時~18時 会場:権堂イーストプラザ市民交流センター  地図表示
指導料 1対局 1000円(平手対局での勝者は無料になります)

■12月 4日(月) 招待女流棋士 中倉彰子 女流二段
■12月18日(月) 招待女流棋士 大庭美樹 女流初段

詳細については北信濃将棋情報サイトをご覧下さい。
https://hokusinsyougi.web.fc2.com/

 

安曇野将棋大会の結果

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月27日(月)21時30分51秒
返信・引用
  その前に12月3日の山梨団体戦、当日は広丘道場集合&7時出発ですが、津田君と三島君は自宅から直接甲府の会場に向かうとの事です。

さて先日、明科公民館にて行われた上記大会、各クラスの優勝&上位入賞者は次の通りです

A級(参加14名)
優勝:柏原哲也 2位:井原千洋 3位:内川新一 4位:三島孝太

7人1組で2つに分けてのリーグ戦で覇を競い、両リーグ共に全勝も全敗もナシという展開であったが、これを抜け出したのは柏原氏だった。予選は甘利信夫氏に敗れたのみの単独首位で決勝進出。2敗には内川氏と甘利氏が並び、直接対決で内川氏が3位決定戦に進んだ。

一方は前年B級2位の井原君が快進撃を見せる。苦手としていた三島君との全勝対決を制すると、久保修一氏、高田信夫氏、胡桃沢正雄氏も連破。最後に萩原敏孝氏に敗れるも、ラス前に決勝進出を決める。連覇を目指した私・丸山。前回は久保氏に負けただけだったが、逆に今年は久保氏に勝ったのみの1勝5敗であった。

決勝戦は井原VS柏原、3位決定戦は三島VS内川の組み合わせとなり松本道場勢の振飛車(柏原氏は四間、内川氏は三間を採用)が冴え渡り共に若武者の急戦を粉砕した。井原君も三島君も勝負所での銀の扱いを誤ったのが悔やまれる将棋であった。

B級(11名参加)
優勝:中沢拓人 2位:尾日向孝雄 3位:浅井博文 4位:池田辰美

ここも2つのリーグに分かれて熱戦が展開され安曇野市の小学生、中沢君が全勝優勝を果たした

C級(参加10名)
優勝:鹿取広人 2位:大沢光次 3位:滝沢峻平 4位:滝沢真吾

総当たりリーグ戦で争われ鹿取氏が全勝で2連覇達成。小学生の滝沢君が3位と健闘した。

D級(参加6名)
優勝:松田大成 2位:小川結香 3位:平林朋也 4位:加藤佑太

北安曇郡の有望株、松田君が全勝優勝。女子期待の小川さんが2位に入った。
 

続・山梨団体戦のチーム編成案

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月26日(日)16時57分45秒
返信・引用
  募集人員が定員に達した所で、残り2チームのメンバー構成を公開したいと思います。

・Cチーム(参加クラス・D級)
丸山、O氏、H氏、K兄弟

・HIROSHO愛将会(参加クラス・D級)
K副支部長、大元帥、I氏、T君、O君

以上であります。


> 本番まで、あと2週間足らずとなった山梨団体戦ですが当日3日は道場集合6時45分・出発7時としたいと思っています。
>
> あとチーム編成ですが、こんな感じで行きたいと思っています
>
> ・Aチーム(参加クラス・B級)
> 支部長・T副支部長・のんびり殿下・関東からの助っ人・伊那からの助っ人
>
> ・Bチーム(参加クラス・A級)
> 師範代・K氏・Y氏・A君・M君
>
> 特に何らかの意見具申が無ければ、チームリーダーと相談の上、これで決定にしようかというのが現在の私の考えです。
>
> これで残ったのが
> 丸山・K副支部長・大元帥・O氏・H氏・T君・K兄弟、そして残りの2名。
>
> その2名が誰になるかにもよりますが、いずれにせよ副支部長や大元帥閣下と要相談となるでしょう
>
> 現時点で私が出来るコメントは、ここまでであります。
 

山梨団体戦、メンバー出揃いました

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月26日(日)09時28分36秒
返信・引用
  I先生OKとの事であります。  

松本道場支部の月例会

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月24日(金)21時39分48秒
返信・引用
  その日程が記された通知が届きましたので是非御覧ください。

なお明日土曜の午後は松本市田川公民館にて船戸女流プロの指導対局。翌日の日曜日は安曇野市明科公民館にて安曇野市囲碁・将棋大会であります。

・山梨団体戦の参戦状況
大和巧君が参加OK。これで19人。残るはあと1人です
 

山梨団体戦のチーム編成案

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月21日(火)20時09分44秒
返信・引用
  本番まで、あと2週間足らずとなった山梨団体戦ですが当日3日は道場集合6時45分・出発7時としたいと思っています。

あとチーム編成ですが、こんな感じで行きたいと思っています

・Aチーム(参加クラス・B級)
支部長・T副支部長・のんびり殿下・関東からの助っ人・伊那からの助っ人

・Bチーム(参加クラス・A級)
師範代・K氏・Y氏・A君・M君

特に何らかの意見具申が無ければ、チームリーダーと相談の上、これで決定にしようかというのが現在の私の考えです。

これで残ったのが
丸山・K副支部長・大元帥・O氏・H氏・T君・K兄弟、そして残りの2名。

その2名が誰になるかにもよりますが、いずれにせよ副支部長や大元帥閣下と要相談となるでしょう

現時点で私が出来るコメントは、ここまでであります。
 

年末の自分の予定

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月21日(火)19時51分55秒
返信・引用
  平成29年も残り僅かとなりましたが、自分の今後の予定だけ羅列しておきます

11月23日・車の納車

   25日・午前中は会社の健康診断。午後は塩尻道場へ

   26日・安曇野囲碁・将棋大会(安曇野市明科公民館)に参戦予定

12月 2日・朝一は家の断捨離活動。その後は大門教室へ(遅刻しそう・・・)午後は塩尻道場へ

    3日・山梨の団体戦へ(甲府市山梨県立図書館)

    9日・豊科に釘付け状態で塩尻道場には行けないかも。行けても夕方4時か

   10日・朝日アマ名人戦長野県予選(長野市安茂里公民館)

   16日・午前中は大門教室、午後は塩尻道場へ(安茂里支部の忘年会は欠席予定)

   17日・朝日アマ信越代表決定戦か松本道場支部忘年将棋大会の、どちらかに参加予定

   23日・祝日の為、未だ目途が立たず(塩尻道場に行こうとは思っていますが)

   24日・棋望会参加のの為、塩尻市へ

何らかの形で変更が生ずるかもしれませんが、基本は、まあこんな感じで年末のスケジュールをこなしていきたいと思います。




平成29年も残り僅かとなりましたが、自分の今後の予定だけ羅列しておきます

11月23日・車の納車

   25日・午前中は会社の健康診断。午後は塩尻道場へ

   26日・安曇野囲碁・将棋大会(安曇野市明科公民館)に参戦予定

12月 2日・朝一は家の断捨離活動。その後は大門教室へ(遅刻しそう・・・)午後は塩尻道場へ

    3日・山梨の団体戦へ(甲府市山梨県立図書館)

    9日・豊科に釘付け状態で塩尻道場には行けないかも。行けても夕方4時か

   10日・朝日アマ名人戦長野県予選(長野市安茂里公民館)

   16日・午前中は大門教室、午後は塩尻道場へ(安茂里支部の忘年会は欠席予定)

   17日・朝日アマ信越代表決定戦か松本道場支部忘年将棋大会の、どちらかに参加予定

   23日・祝日の為、未だ目途が立たず(塩尻道場に行こうとは思っていますが)

   24日・棋望会参加のの為、塩尻市へ

何らかの形で変更が生ずるかもしれませんが、基本は、まあこんな感じで年末のスケジュールをこなしていきたいと思います。










 

11月の棋望会

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月20日(月)22時13分54秒
返信・引用 編集済
  今月の棋望会には8名が参加。その中には先の赤旗戦で奮闘した次代の信州大学棋道部のホープ、小林悠磨君と戸松孝徳君が初参加。数々の熱戦を披露してくれました。

今回の順位は次の通り

5勝0敗:坂口謹一 3勝2敗:蛯名新 土屋朝陽 三島孝太

抽選の結果、蛯名君が優勝。2位が三島君で3位が朝陽君

まず私・丸山は初戦から蛯名戦、三島戦と連敗。戸松君に辛勝したものの黒岩氏に負け。今回は振飛車に拘らず、むしろ居飛車模様の将棋を多く指そうと思いましたが、それが出来そうなのは最初と最後だけでした(まあ黒岩戦では英春流陽動四間飛車モドキを試せたのが幸いでしたが)飛車先をグイグイ伸ばした後に、右玉、右四間、神辺流等を使い分けてみようかなと思った次第で・・・まあなかなか上手くは行かないモノですね。

リーグ戦は坂口氏が戸松君、朝陽君、蛯名君、三島君の順に下して開庁に4連勝。これに4戦目で朝陽君との1敗対決を制した蛯名君が単独2位。これに2敗で踏み止まった黒岩氏と小林君を加えた1敗以下4名が最後の優勝争いを展開する事になりました。

最終戦では先ず黒岩氏が坂口氏との相穴熊戦にて、小林君が私・丸山の右玉相手に力を発揮できず無念の脱落。私は最終戦で辛くもイエローカードを免れました。その隣では朝陽君が戸松君を振り切り2敗をキープ。

という事で全ての行方は蛯名VS三島戦にかかってきました。結果は三島君の銀冠が蛯名君の穴熊を破り、2敗に3人が並ぶ事に。そして抽選の結果、上記の通りで蛯名君の優勝となりました。

今回は穴熊の戦いが多かった様に思えます。蛯名君の穴熊に対し朝陽君は相穴熊戦を、そして前述の通り三島君は銀冠で挑んでいましたし。

逆に私は、如何に相手に穴熊をさせないかをテーマに対局に臨んだつもりです。一時期私も四間飛車穴熊をメーン戦法に据えていた時期がありました(仕事が激務で今に比べると練習量が激減状態だった為、それを補いたいが為)しかし居飛車穴熊がカラッキシな私。ハッキリ言って、何だかなあ・・・であります。

さて今度の日曜は明科公民館での安曇野大会。立場上こそ連覇が目標とはいえ実力的には全試合を挑戦者として臨むのが当然の道理だというのが自分の考えです。気力を振り絞って頑張りたいと思います。
 

各種イベントの御紹介

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月20日(月)20時51分48秒
返信・引用
  その前に、このすぐ1つ下に山梨団体戦の参加状況を書き記していますので御覧下さい。
募集人員、残り2名であります。

それでは各種イベントの御紹介を・・・

※長野安茂里支部より下記のとおりお知らせが届きました。

■支部忘年会のご案内
皆様がたのおかげをもちまして、5年連続100名支部を達成
することがができました。今後ともよろしくお願いいたします。
1.日時:12月16日(土) 開会18:00 受付17:30
2.会場:ホテル信濃路<飯綱の間>
     長野市岡田町131‐4 (026)-226-5212
3.会費:6,000円

■自由対局(忘年会前)のご案内
1.日時:12月16日(土) 12:00~17:30
2.会場:ホテル信濃<黒姫の間>
  田村康介七段の指導将棋(無料)13:30~16:30
■こどもと女性教室のご案内
1.日時:11月25日(土)、12月9日(土)、12月16(土)
     9時30分~12時
     ※12月16日は田村康介七段の指導将棋があります。
2.会場:長野市安茂里公民館
     長野市安茂里1777-1 TEL:026-226-4059

日本将棋連盟長野安茂里支部 支部長 徳永進
〒380-0958長野市伊勢宮2-21-45
TEL・FAX(026)226-1070  090-6513-1960


※第2回YAMADAこどもチャレンジ杯 参加者募集

日程平成30年1月3日(水)時間10:00受付 10:30開会 16:30閉会

会場ヤマダ電機 LABI1高崎 4F 「イベントスペース LABI Gate」(JR高崎駅東口徒歩1分)

参加費無料(交通費・昼食代・宿泊費は本人負担)

応募資格ジュニア第1部門[J1] 中学生以下(未就学児を含む)
ジュニア第2部門[J2]・ジュニア第3部門[J3]  小学生以下(未就学児を含む)

開催部門
〇 ジュニア第1部門[J1](64名)  初段以上
〇 ジュニア第2部門[J2](64名)  6級~1級
〇 ジュニア第3部門[J3](64名)  初心~7級
※部門ごとの棋力は参加目安です 申込方法往復ハガキにて申し込み(1枚で複数人数の申し込みは不可)

<記入要領について>
 ・往信裏:郵便番号・住所、氏名、ふりがな、電話番号、学校名、学年、棋力、性別、参加希望部門、保護者名と保護者印
 ・返信表:応募者の住所・氏名・郵便番号
 ・返信裏:何も記入しないで下さい(参加証を印刷します)

申込先〒151-8516 渋谷区千駄ヶ谷2-39-9
日本将棋連盟普及課「第2回YAMADAこどもチャレンジ杯」係

締切平成29年12月7日(木)必着

注意事項・各部門とも定員を超えた場合は厳正なる抽選にて参加者を決定いたします。
 

その後の山梨団体戦参戦状況

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月20日(月)14時13分13秒
返信・引用
  先日の投稿では・・・

赤木氏、英樹氏、越山氏、坂口氏、黒岩氏、朝陽君、三島君、新井氏、太田氏、山中氏、津田君、京谷氏、そして私・丸山の合計13名。

・・・と書き記しましたが、これに加えて清板氏、日高氏、小沢氏、呉兄弟の5名が参加OKとの事で、これで参加予定選手は18名であります。
 

県将棋選手権の結果

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月16日(木)22時44分11秒
返信・引用 編集済
  ※平成29年11月17日21時27分に再編集

その前に山梨の団体戦ですが清板氏と日高氏が参加可能という事で、これで15名であります。
また空穂教室の懇親会の日程については、この1つ下の投稿を御覧下さい。

さて先日塩尻市で行われた県将棋選手権の結果は次の通りであります。

A級(三段以上の部)
優勝:新井浩実 準優勝:山中達也 三位:山田洋一

新井氏が信州王将位を奪取。予選で倉沢周作氏に敗れた以外は好調で決勝トーナメントでは胡桃沢正雄、瀬木健太郎、山中の選手の順に降した。山中氏も決勝で好勝負を展開したが最後に新井氏の気迫に押されて痛恨の逆転負け。山田氏は一昨年の準優勝に続く活躍を見せた。

B級(二段の部)
優勝:鈴木翼 準優勝:土屋朝陽 三位:五十嵐丈大

高校生同士の決勝対決を制した鈴木君が三段免状奪取。準決勝で難敵・福村政広氏を振り切ると、今年だけでも4度目となる土屋君との決勝戦に臨み(しかも3年前の安曇野大会B級および一昨年の中学選手権を入れると通算6度目の決勝対決)相穴熊戦を制して頂点に立った。土屋君も荻原拓也君や五十嵐君を倒しての決勝進出だったが新兵器として採用した振飛車穴熊が機能せず、予選に続いて鈴木君に連敗を喫した。尚、この一戦で、2人による6度の決勝対決の成績は3勝3敗のタイスコアとなった。

C級(初段の部)
優勝:井原千洋 準優勝:黒岩泰 三位:南沢祐仁

小学生の井原君が二段免状を獲得。予選は不調だったのか沓掛正太郎君を相手に敗勢となるも懸命の粘りで打っ棄りを決めてから調子を取り戻し。上のヤマでは高校生強豪の斎藤慶太郎君を、更には決勝で大敵を撃破した。黒岩氏も南沢戦は苦しい将棋を凌いで勝ち上がり、A級に続く中信同士の決勝戦を実現させたが最後に力尽きた。

D級(級位者の部)
優勝:角谷嶺平 準優勝:中畑和将 三位:斉木温彦

角谷君が初段免状をゲット。このクラスでは頭1つ抜けていたのだろうか?ともあれこれで中信地区からは3人目の優勝者となった。2位の中畑君を含めて小学生選手の活躍が目についた。

E級(初心者の部:小学生以下)
優勝:長谷川歩 準優勝:大和巧 三位:小林暖希

シーソーゲームを制した長谷川君が優勝。長谷川君の横歩取りに大和君が△3三角戦法で立ち向かった戦い。消費時間は長谷川君が20分、大和君が15分。このクラスにしては時間を使った方で熱戦の要因となった。大和君が決勝に進んだ事で中信勢は全クラス決勝進出。その内、優勝者3名、準優勝者2名、更に3位1名を加えて6名の上位入賞者を輩出した。



 

空穂教室・懇親会の会場決まる

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月15日(水)15時10分25秒
返信・引用
  先ほど幹事様から御連絡があり、18日の土曜日の懇親会の日程が決まりましたので、御報告致します。

日時・11月18日(土)17時30開始
場所・3代目鳥メロ(松本市中央1ー4ー7)
会費・大人6000円、子供4000円。

多数の御参加お待ちしています(^-^ゞ
 

山梨団体戦参戦状況

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月13日(月)21時24分47秒
返信・引用
  その前に坂口様。空穂教室の要綱の御掲載有難うございました。

今回はプロ棋士5名参加という豪華版!

その中には日本将棋連盟の子供将棋スクール講師を務める高田プロと、何といっても地元松本市出身の長沢女流プロが待望の初参加という事で、期待が大きく膨らみます。秋の松本第2公民館での小学生大会(赤旗予選と重なったが、それでも参加人数は約90名!)でも佐藤紳哉プロと共に熱心に指導なされておりました。

多数の御参加を心よりお待ち致しております。

山梨団体戦、現時点での参加予定選手は次の通り

赤木氏、英樹氏、越山氏、坂口氏、黒岩氏、朝陽君、三島君、新井氏、太田氏、山中氏、津田君、京谷氏、そして私・丸山の合計13名。

4チーム全て昇級しているので、あと7名欲しい所であります(一応ベテラン希望。若しくは有段者クラスの実力を持つ学生。但し荻原君、井上君に声をかけてみるも残念ながら参加不可)

あと独自にもう1チームの作成に協力する為の援軍選手も若干名募りたいと思います(場合によっては、そのチームを塩尻支部4つ目のチーム目、しかもDクラスで戦ってもらうかもしれません。恐らく最下級クラスで戦う事を熱望しているでしょうけど)

とりあえず、このような方針で行きたいと思います。
 

18日は、窪田空穂生家将棋教室です。

 投稿者:坂口  投稿日:2017年11月11日(土)20時43分22秒
返信・引用
  来週は、窪田空穂生家将棋教室が下記のとおり開催されますので、道場はお休みです。
窪田空穂生家将棋教室は、プロ棋士の先生方から、ご指導いただける貴重な機会ですから、皆様ぜひぜひご参加ください。

ーーーーー
窪田空穂生家将棋教室

日時 11月18日(土)
   午前の部 10時~12時 小中学生対象
   午後の部  1時~3時30分 小中高・大人対象
講師 日本将棋連盟棋士 石川陽生七段 小林宏七段 高田尚平七段 田中悠一五段  長沢千和子女流四段
   日本将棋連盟塩尻支部会員

内容 プロ棋士模範対局 お話 指導対局 子ども腕試し大会(午後)
   初心者コーナー 入門コーナー

会場 松本市和田窪田空穂記念館・生家
会費 無料

申込先 窪田空穂記念館 電話 0263-48-3440 FAX0263-48-4287
    ☆当日受け付けもできますが、できるだけ事前申し込みにご協力ください

ーーーーー
翌19日は、棋望会です。
強者を目指している皆様のご参加をお待ちしております。お互いに切磋琢磨しましょう!

 

その山梨団体戦ですが・・・

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月 9日(木)16時44分58秒
返信・引用
  塩尻支部から参加の4チーム、本日ファックス送信にて申込致しました。

まあメンバーが決定する前にしたという事で「仮申込」をしたという心境ですね。
 

棋望会~山梨団体戦~大会案内

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月 8日(水)15時04分33秒
返信・引用
  今月の棋望会は19日であります。

その前日の空穂教室、更に翌週の安曇野囲碁・将棋大会と共々切磋琢磨に励みましょう。

山梨団体戦ですが新たに太田啓介氏が参戦OKとの事。
頼もしい助っ人が加わり心強い限りです(どこのチームに編入するかは、まだ未定)

1月3日・4日には群馬で恒例の大会が開かれますので下の画像を御覧の上、奮って御参加下さい。

私も行きたいけど箱根駅伝観たいし仕事始めになりそうだし・・・

群馬と言えば、かつて大雪の内山峠(国道254号線)をノーマルタイヤの4㌧トラックで登り降りして生きた心地がしない思いをした事が、懐かしい思い出ですね。
(;^_^A
 
    (MSG総統) なお本日から信濃毎日新聞の将棋欄にて長野県アマ名人戦の棋譜の掲載が開始されました。  

県選手権の展望

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月 6日(月)21時42分56秒
返信・引用
  > No.1002[元記事へ]

来週の日曜日に塩尻市に各地区各クラスの代表80選手が集い熱戦を繰り広げる県将棋選手権。ハッキリ言って優勝の行方など全クラスハズレとなる方が自信あるくらいだ。従って私の独断と偏見を持って注目度の高さを基準にして優勝候補を挙げてみたいと思う。

・A級(信州王将戦)

中信:土屋英樹 新井浩実 山中達也 胡桃沢正雄
南信:山田洋一 三浦義人 尾沢忠典 瀬木健太郎
東信:倉沢周作 小川 顕 伊藤喜幸 松井清利
北信:市川憲治 北原匡尚 清水祐太 黒岩雄大

※本命:山中 対抗:倉沢 注意:市川・北原 台風の目:土屋

心境著しい山中氏と今年のアマ棋王・倉沢氏の対決が熱戦となりそう。注意に挙げた北信の重鎮2選手による決勝対決の可能性も高い。大一番に強い新井氏や山田氏にも多大な期待を寄せたい所だし高校大会で2度ベスト4まで勝ち進んだ黒岩君の力強さも侮れない。

・B級(三段免状戦)

中信:中沢拓人 松坂 満 土屋朝陽 五十嵐丈大
南信:武居正起 荻原拓也 中畑太翔 福村政広
東信:井山 茂 斎藤文雄 羽毛田貴 菊池友恒
北信:鈴木 翼 長原輝彦 江沢光起 小林英文

※本命:土屋 対抗:鈴木 注意:五十嵐・荻原 台風の目:福村・中畑

高校大会の熱戦再び!となるだろうか?これまで3度決勝戦を戦った土屋君と鈴木君に、どうしても注目が集まる。これに同じ高校生の荻原君や中学生強豪の中畑君と菊池君が加わるのだから痺れる激戦は必至である。ただ五十嵐君や福村氏にも優勝のチャンスは十分あるし元・北信越大学王者を倒した斎藤氏や羽毛田氏も強力なダークホースとなりそうだ。

・C級(二段免状戦)

中信:渡辺秀雄 井原千洋 黒岩 泰 斎藤慶太郎
南信:小口雅彦 武居成正 松沢 咲 関島大輝
東信:加藤雅也 東城秀文 小林義人 沓掛正太郎
北信:南沢祐仁 中嶋哲雄 丸山信友 山田進次郎

※本命:井原 対抗:南沢 注意:黒岩 台風の目:松沢

小学生2冠にして赤旗新人戦2年連続4強の井原君が最大の注目選手であろう。土屋朝陽君を居飛車党にしたような積極的な攻撃姿勢は暴走につながる危険もあり諸刃の剣と言えそうだが、それでも己を貫き通せるかが最大のポイントだ。学生大会では2度県代表の実績を持つ南沢君は常に自分の得意形で戦える強みを持つ。機動力と破壊力を併せ持つ黒岩氏の鋭い嗅覚も侮れず、独特の穴熊戦術で相手を翻弄するか?女子学生のエース格・松沢さんの本格派的な将棋もベテランを苦しめそうだ。後は全国高校大会を経験した斎藤君や東信の学生ホープ・沓掛君と加藤君に注目してみたい。

・D級(初段免状戦)

中信:望月佑成 宮下知也 角谷嶺平 井上遼太郎
南信:鈴木 恂 萩原隆行 高山日那 中畑和将
東信:竹村 空 桜井 薫 土屋勝徳 斉木温彦
北信:鈴木千尋 宮下勇治 上田聖二 目黒隆雄

※本命:角谷 対抗:中畑 注意:井上・萩原 台風の目:鈴木千・高山

実に難しいが信大の角谷君を敢えて本命に推す。期待を込めて中畑君を対抗としたがベテランでは萩原氏、若手では、かつて東日本小学校団体戦で活躍した広丘小の東日本4強トリオの1人、井上君といった侮れない面子が揃っている。更に中畑君と接戦を演じた鈴木(千)君と高山さんも手ごわい。他の選手の実力も半端ナシのようなので、ここの予想が1番大外れとなる可能性が極めて高い。

・E級(小学生以下の初心者)

中信:平林朋也 松田大成 伊藤凛空 大和 巧
南信:岩井那瑠 池田惟路 鈴木陽太 竹村恒輝
東信:倉沢奏志 市川桜也 竹内勇椅 菊池尚史
北信:滝沢峻平 長谷川歩 小林暖希 増田康太郎

本命:滝沢 対抗:倉沢 注意:菊池 台風の目:大和

実績を重視して考えたつまりだが大体こんな感じか?個人的には1年半もの間、塩尻道場に通い詰める大和君の成長を、もっと考慮に入れたい気もするが・・・あと浮上を期待したいのは北安のホープ池田君や飯田の鈴木君辺りか?  
 

とんだ災難に(*_*)その2

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月 5日(日)10時52分9秒
返信・引用
  まあこんな感じでして・・・

結局買い換える事に致しました。
 

とんだ災難に(*_*)

 投稿者:MSG総統  投稿日:2017年11月 4日(土)21時19分6秒
返信・引用 編集済
  早い話が車の衝突事故に遭ってしまいまして。

塩尻道場からの帰りに交差点を直進で通過しようとした時に、交差点内で右折車と正面衝突。

ブレーキを掛けて停止した為か未だ自分の身体に痛みとかは全くないが、エアパックが初めて活躍する程の衝撃に思わず戦慄を覚える私。

しばらくは自分の身体を監視すると共に月曜からの仕事に備えて早急に代車を確保しないと・・・
 

レンタル掲示板
/20