teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


朝日アマレポート④

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年12月11日(水)22時57分49秒
返信・引用
  画面上段=準々決勝・奥村VS菊地戦

前年の信越王者VS県大会ベスト4、勝った方が県代表に連続王手という一戦です

菊地氏は初戦の井原戦を落としたものの小川遥希&三島孝太の高校生2選手を撃破、更に本戦で吉川、北原孝の2氏という骨太強豪を連破して実力者ぶりをみせつけましたが、残念ながらこの奥村戦で力尽きました。

画面下段=準決勝・高山VS鈴木戦

赤旗県名人&VS北信越大学準優勝、確か2人とも、この時点で18歳だと思いますがフレッシュかつ豪華な学生対決です。これに勝った方が県代表、信越大会に駒を進める事になります

高山君は西田新君や高橋智哉君との、これまた同世代対決を制して勝ち上がり、鈴木君も三島君とのライバル対決、更には田中氏との殆どが師弟対決に等しい大一番を制してきました。これに勝てば今年4度目の県代表となります。

勝負の方は先の柏原戦に続いて振飛車との対決となった高山君が銀冠の堅陣を頼りの攻めが功を奏して鈴木君のレグスペを攻略。初出場で初の信越大会進出を決めました。

次回の坂口VS奥村戦の紹介を持って朝日アマレポートを完結致したいと思います
 
 

朝日アマレポート③

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年12月10日(火)22時01分52秒
返信・引用
  その前に今年最後の棋望会を22日に行います
皆様の御参加をお待ち致します。

また山梨YBS杯将棋団体戦の写真集を
第2掲示板にて掲載致しますので是非御覧ください

さて、ここから本題に・・・
画面上段&中段=準々決勝・田中博己VS鈴木翼

もはや北信の頂上対決と言って良いでしょう。戦型は角換わり腰掛け銀。千日手模様となるも先手の田中氏が果敢に打開。

その向こう側では菊地康文氏が北原孝浩氏を破り準決勝進出。

終盤になると沢山の人集り。その殆どが北信の方々というのが象徴的です。試合の方は最後まで難解でしたが冷静な対応を崩さなかった鈴木君が長手順の即詰みを読み切り。VS田中戦初勝利で準決勝進出

画面下段=こちらでは中信同士の対決が2つ

坂口VS井原戦にも人が沢山集まり、ここからでは両雄の勇姿が全く見えませんでした。安曇野大会を制した井原君のエルモ囲いを攻略した坂口氏が意地の貫禄勝ち。代表決定戦で当たるのは奥村氏か菊地氏か?

その手前では柏原VS高山戦がクライマックスを迎えていました。

高山君が優勢ながら1手でも緩めば柏原氏の逆転勝利が確定するというスリリングな終盤でしたが、高山君の突進ついに止まらず。最後は端への金捨て2連発という豪快な大技で難敵を粉砕。代表決定戦で鈴木翼君と同年代対決に挑む事になりました
 

山梨YBS杯将棋団体戦・長野県勢の戦況報告

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年12月 9日(月)23時02分47秒
返信・引用
  ・信州大学棋道部(藤野、五十嵐、角谷、日景、田中)
3勝2敗でB級4位。

最後勝てばA級昇級だったが惜しくも2VS3で敗北。あと1勝が届かず。予選2位通過などのハンデ等があって4位に甘んじた。

・信州学連選抜(高橋、鈴木、南沢、岡村、三浦)
4勝1敗のB級5位。

昨年C級優勝したHIROSHO愛将会の改名。このまま消えるのは勿体無いと何とか志願者を揃えて結成。昨年来のメンバーは鈴木麻修君のみ。全くの別チームとなった。メンバーは若い順で決めた為、最年少の高橋君が大将、チームリーダーの三浦氏が5将を務めた。

初戦の信大戦を落とすも、その後は連勝して2位タイとしたが昨年の順位の差によって惜しくも下位リーグに。そこでは松本道場支部と軽井沢佐久支部の共にAチームを連破して5位を確保。来年に望みをつなげた

B級は昇級は2チームで降級は4チーム。残念ながら長野県勢から昇級チームはなく、逆に降級4枠が全て長野県勢(松本道場支部A&B、軽井沢佐久支部A、小諸支部)という厳しい結果となった。
 

山梨YBS杯将棋団体戦・長野県勢の戦況報告①

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年12月 9日(月)22時41分53秒
返信・引用
  ・塩尻支部A(赤木、新井、有田、土屋、田代)
2勝3勝の4位でA級残留

有田、土屋、田代の3選手が3勝をマーク。引き分けが1つあった分、田代氏がチーム1の最高勝率者となる。優勝は甲府サロンAチーム。2年振りの返り咲きであった

・塩尻支部B(坂口、三島、津田、丸野、井上)
4勝1敗でB級2位。勝ち数わずか0.5差で惜しくもA級昇級ならず。

高校生3人を加えたフレッシュな強力チーム。予選は2位通過だったが予選1位通過2チームから勝利を挙げて、ついに塩尻支部からA級2チーム入りかと思われたが、初戦で五味正臣氏を擁する千葉工大OBチームに競り負けたのと、内藤誠氏を擁する若駒会チームの驚異的なラストスパートによって悲願達成ならず

・塩尻支部Cチーム(丸山、長原、池田、小川、大和)
2勝3敗でD級4位。私・丸山と長原氏、中学生の大和君が3勝と勝ち越し。未勝利者はゼロであった。予選は2位で通過したが本戦では2VS3の敗北を2度重ねて4位に終わった。

初日には松本仁志氏が率いる塩尻カルチャーチーム(チーム名はSCS)や羽毛田貴氏が率いる軽井沢佐久支部Bチームが登場して健闘した
 

山梨団体戦メンバー緊急募集

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年12月 6日(金)08時41分39秒
返信・引用
  募集人員は明日の土曜日のCチームにて1名であります  
    (MSG総統) ご心配おかけしましてスイマセンでしたが何とか1人参加希望者が出てきてくれました
深く感謝すると同時に大会での御健闘を期待致します
 

朝日アマレポート②

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年12月 5日(木)22時15分9秒
返信・引用
  ・画面上段
奥村氏を交えた感想戦。
津田君にとってはハードながらも有意義な時間でした

・画面中段
右側に位置するは松本道場支部期待の2人です
向う側では中学生ホープ・井原千洋君が三浦義人氏を撃破。
手前側では柏原哲也氏が栗林清登氏との激戦を制しました

・画面下段
先ほどは若手強豪の挑戦を退けた坂口氏と土屋氏。
2戦目もまた学生強豪との対決となりました
坂口氏は井原君と、土屋氏は高山渓汰氏と。
しかし土屋氏は残念ながら高山君に敗れました
果たして坂口氏は?
 

朝日アマレポート①

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年12月 5日(木)21時49分16秒
返信・引用
  総勢120名の参加者が集った長野県最後の大勝負。名人戦には34名の参加者がありました

予選を突破した猛者による決勝トーナメントは画面上段の通り

・画面中段
左側では長野県を代表する2人が登場。
向う側では奥村龍馬氏が瀬木健太郎氏に予選のリベンジを果たし、手前側では田中博己氏が一瞬の隙を捉えて強烈な先制パンチ。守りも磐石で屈指の高校生強豪・津田隆汰君を退けました。

右側では向う側で菊地康文氏が吉川幸宏氏を破り、手前側では鈴木翼君が木谷健太郎氏を破りました。

・画面下段
左側には長野県将棋界を代表する2人の重鎮選手が、ドッシリとした姿勢で若手を迎撃。

向う側では坂口謹一氏が高橋智哉君を、手前側では土屋稔氏が、最近売り出し中の高校生ホープ・佐藤駿君の挑戦を力強く跳ね返しました。

18人のトーナメントという事で、所謂0回戦が2試合ありまして土屋氏と菊地氏が、これを戦い、勝ち上がりました。
 

【朝日アマ名人戦】奥村龍馬&高山渓汰の2選手が信越大会進出

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年12月 3日(火)21時42分26秒
返信・引用
  12月1日に長野市・安茂里公民館にて行われた上記大会、代表決定戦で奥村氏が坂口謹一氏に逆転勝利、信州大学の高山君が長野工高の鈴木翼君のレグスペを攻略。15日の信越決戦に駒を進めた。

名人戦を始めとする各部門の優勝&上位入賞者は
画面下段の通り

画面上段=名人戦の戦いの様子

画面中段=名人戦以外の部門の戦いの様子
(一般A、一般B、シニア、女流、小学生A、小学生B)
 

朝日アマ長野県予選決勝トーナメントの経過

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年12月 1日(日)15時29分43秒
返信・引用
  ・0回戦
☆土屋稔VS佐藤駿★
☆菊地康文VS吉川幸宏★

・1回戦
☆高山渓汰VS土屋稔★
☆柏原哲也VS栗林清澄★
☆田中博己VS津田隆汰★
☆鈴木翼VS木谷健太郎★
☆坂口謹一VS高橋智哉★
☆井原千洋VS三浦義人★
☆奥村龍馬VS瀬木健太郎★
☆菊地康文VS北原孝浩★

・準々決勝
☆高山渓汰VS柏原哲也★
☆鈴木翼VS田中博己★
☆坂口謹一VS井原千洋★
☆奥村龍馬VS菊地康文★
 

明日は朝日アマです!!来週からは大門公民館教室です!!

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月30日(土)07時03分27秒
返信・引用
  本日は、名画鑑賞を楽しもうと思う為、道場に行こうか否か未だ決めかねている丸山です。

明日は長野市安茂里公民館にて朝日アマ名人戦の長野県予選。先ずは予選突破を目標にして、その後も沢山勝ちたいなと思います(要綱を画面上段に再掲載致します)

そして12月7日と14日の土曜10時~12時に塩尻市大門公民館にて将棋教室が行われます。14日には長沢千和子女流プロが御来場、皆様是非御参加下さいませ。

そしてまだ大分先ですが来年の1月12日に大町市にて囲碁・将棋大会が開催されます。要綱を画面下段に掲載いたしますので、ジックリ御覧の上で奮って御参加下さい。また日が近づいてきたら再掲載致します

 

明科版・安曇野将棋大会レポート②

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月26日(火)20時23分26秒
返信・引用
  画面上段&画面中段=A級リーグ戦の模様

B級は浅川博文氏と川辺浩二氏の決勝戦となり浅川氏が優勝。C級は申し訳ありませんが忘れてしまいました。
m(_ _)m

A級では昨年B級で優勝した小川清香さんの初挑戦が目に引きました。ここには、大須賀氏の他に内川、小林、胡桃沢、甘利、萩原、中島の各氏という、松本道場支部の名だたるベテランが多数揃っていましたので良い勉強になったと思います。このブロックは内川氏が全勝通過。

一方のブロックは最近絶好調の井原君が、ここでも快進撃。群馬の丸山、丸野、三島、久保、丸山、柏原、高田の各選手たちを相手に力強い将棋を見せて、こちらも全勝通過。因みに私・丸山は穂高勢からの2勝のみでした

画面下段=決勝戦は師弟対決。内川氏のツノ銀模様の陣形に対しエルモ囲いに構えてからの速攻を成功させた井原君が見事に優勝を飾りました(向う側は3位決定戦。柏原氏が大須賀氏に逆転勝利)

井原君は竜王戦、名人戦、赤旗戦いずれも県大会進出を果たし市民タイムス杯に続く中信の大きな大会に優勝。今が1番乗っている次期のようです。朝日アマや山梨団体戦にも注目・期待したいですね

以上で明科版・安曇野将棋大会の戦況報告を終わります
(^-^ゞ
 

明科版・安曇野将棋大会レポート①

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月26日(火)19時53分3秒
返信・引用
  画面上段=囲碁会場。70余名の参加者がありました
画面中段=将棋会場。40余名の参加者がありました
画面下段=子供たちを指導する長岡祐也プロ

我が故郷・安曇野市にも頻繁にプロ棋士が来て下さるようになり非常に嬉しいです

小学生の部は今井遼一君が優勝、長谷川真大君が2位でした
 

これからの予定

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月23日(土)11時07分9秒
返信・引用
  明日は明科版の安曇野将棋大会に参戦予定です
来月は三郷版の安曇野将棋大会に参戦予定です
(画面上段の大会要綱を御覧の上、皆様も奮って御参加下さい)

11月30日ですが多分私は安曇野に居たまま塩尻道場に行かないかもしれません。理由は画面中段と下段を御覧いただければ・・・

松本道場支部の会員で県の高校大会で3度の準優勝を飾り全国大会にも勝ち上がった山本一輝氏が日本画家として安曇野市にて初の個展を開くという事で、久々の再会と名画鑑賞を満喫したいと思います。

興味ある方は是非、会場に足を運んで下さい。
(こども病院が1番の道標かも)

11月の棋望会の結果
1位=坂口謹一、2位=三島孝太、3位=丸野崇志
(棋望会ルールにより優勝は三島君)

山梨団体戦の参戦状況
井上遼太郎君が日曜に出場希望も参加の可否は不明。三浦義人氏が参戦希望、日曜参戦を要望するも配属先はまだ未定。あと配属先未定者がもう1人いるも参戦不可の可能性もアリ
 
    (MSG総統) ベテランの池田先生が参戦希望という事で塩尻支部系統の4チーム全て埋まりました。

参戦を希望してくれた20人の選手の方々の熱意に深く感謝しながら決戦当日の御健闘を期待致します!!
 

県将棋選手権の結果

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月13日(水)15時05分10秒
返信・引用 編集済
  その前に、この投稿の下に棋望会の案内、安曇野大会での御願い事、そして山梨団体戦の参戦状況を掲載致しましたので、そちらも是非御覧くださいませ

さて上記大会での各クラスの優勝&上位入賞者は次の通り
(3位の2選手の内、最初に名前を載せた選手が優勝者と準決勝にて対戦)

A級(信州王将戦)
優勝=新井浩実  2位=小川顕  3位=中畑太翔&清水祐太

新井氏(画像中段左側)が2年ぶりの優勝。敗れたのは西田新君(画像中段右側)のみ。伊那北高の中畑君は昨年の8強を上回る活躍を見せた

B級(三段免状獲得戦)
優勝=角谷嶺平  2位=日景皓大  3位=間部拓二&小林暖遥

決勝戦は3年連続の学生同士&2年連続の松本エリア代表同士の対決(画面下段)右側の角谷君が160手を超える熱戦を制した。北信の中学生・小林君が中高生の有名強豪・浅品寛人&中畑和将君を破り3位入賞を果たした

C級(二段免状獲得戦)
優勝=滝沢竣平  2位=丸山颯斗 3位=小口尚輝&松井秀真

北信の小学生・滝沢君が今年3月の初段免状獲得戦に続いて頂点に駆け抜けた。丸山君は今年の春に続き、あと1勝で二段免状獲得ならず。

D級(初段免状獲得戦)
優勝=仁科拓人  2位=青沼航太  3位=樋口瑛太&河原大葵

3位までが小学生で優勝は仁科君。ここでも北信の小学生が躍進した。もう1人の3位は諏訪東京理科大学の河原君が入った(当大学からは2名が参加)

E級(小学生初心者の部)
優勝=堀米真爾  2位=橋詰昂平  3位=中村奏太&堀米真喜

伊那の堀米兄弟が優勝&3位と活躍した。以外と時間を使う選手が多く両者秒読みの熱闘を何局が見掛ける程であった

 
    (MSG総統) 山梨の団体戦ですが
塩尻支部Bチームに続いて塩尻支部Aチームも5人揃いました

参加希望者&有志を誘って下された方々には厚く御礼を申し上げます
 

各種大会の経過と御案内

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月13日(水)14時12分53秒
返信・引用 編集済
  まず今度の日曜17日は棋望会です。
強者を目指して切磋琢磨を望む有志の方々の御参加を心よりお待ち致します。

その翌週24日は明科公民館にて「安曇野囲碁・将棋大会」が開催されます。締切日が設けられていましたが当日申込でもOKとの事。更なる奮っての御参加を待ってます!

来月1日は朝日アマ名人戦。その翌週は山梨団体戦であります。塩尻支部系統の参加チームの編入状況は次の通りです

Aチーム(Aクラス)
赤木、新井、土屋、有田の4氏が確定、残り1枠が未定

Bチーム(Bクラス)
坂口、黒岩、丸野の3氏+津田、三島の2君の予定

HIROSHO愛将会(Bクラス、ただしチーム名を改名予定)
大学生3名(鈴木、南沢、高橋の3君)が候補者。残るは、あと2人

Cチーム(Dクラス)
私・丸山+中信の中高生2君が候補者(小川、大和の2選手)
残りは、あと2人。岡村氏(深志高―明治大)が参戦希望も編入先は未だ未定
 

甲府3大イベントの御案内②

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月 7日(木)21時55分8秒
返信・引用
  その前に山梨団体戦の参戦状況の続報を

> 参加希望=丸山、坂口氏、赤木氏、土屋英氏、三島君、津田君、丸野氏

この7名に加えて新井氏、黒岩氏、有田氏、高橋智君、月岡君、大和君が参戦希望という事で現在は13名であります。

さて甲府3大イベントですが、最後に紹介するのは日本将棋最大のイベントが、ついに山梨県にて開催される運びとなりました。下の画像を御覧の上、奮っての御参加下さい(私は安曇野大会に参戦予定なので残念ながら行けませんが・・・)

山梨県の運営の方々も物凄く大変かと思います
3大イベントの御盛会を心より祈念致します
m(_ _)m
 
    (MSG総統) 月岡君は残念ながら参戦不可となりました

あと前年出場者の内、幡宮氏が参戦不可。京谷氏も厳しそうです
 

甲府3大イベントの御案内

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月 7日(木)21時38分5秒
返信・引用
  1つ目のYBS杯団体戦は既に紹介済みとして
2つ目として竜王戦第4局を御紹介致します。

下に要綱の画像を掲載致しますので
是非ご覧の上、参加の御検討よろしくお願い致します
 

R県選手権の展望②

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月 6日(水)21時38分32秒
返信・引用
  ・C級(初段の部)
中信=朝倉達雄、浅井博文、丸山颯斗、黒岩泰
南信=小口尚輝、加藤招郷、松井秀真、松沢咲
東信=金子凛太郎、清水輝元、柳沢勉、東城秀文
北信=滝沢峻平、鈴木千尋、中川雄太、丸山信友

ここから下のクラスは正直私では予測不能なので注目点だけを述べる事にしたい

個人的には同じ塩尻支部の黒岩氏に期待したい。ガッチリ固めてバンバン攻め終盤粘り強い。昨年、三段戦の優勝者を負かした迫力は健在だ。ただ本命視したいのは松本第一の丸山君か?今年春の二段戦は惜しくも準優勝。来年の全国大会出場を目指す為のジャンプアップと行きたい所だ。

高校生としては上田高の金子君や、高校女子最強の松沢さんにも注目。金子君には丸山君との絡みに注目したい。松沢さんは赤旗の高山日那さん同様台風の目になるか?そして北信の小中学生が、例年になく粒揃い。随分と有段者を倒しているようなので大暴れが楽しみだ。

ズバリ!黒岩氏の難関になるのは丸山君と鈴木君辺りか?


・D級(級位者の部)
中信=滝沢真吾、田中皓基、樋口瑛太、井上遼太郎
南信=河原大葵、熊田徳貴、青沼航太、尾名高逸純
東信=内川慎也、山宮準史、佐藤香織、相原瑞樹
北信=仁科拓人、柳沢水詞、目黒隆雄、石渡達也

高校生では、これまた上田の山宮君、更には松本秀峰の井上君に期待。それにしても上田高校、小川君だけでなく飯島君、金子君、そしてこの山宮君と1年生が結構シッカリしているように見えるが・・・中学生では穂高東の田中君に注目したい。アマ竜王戦では中南信予選で勝利も経験している。女性の佐藤さんも基本がしっかりしているようなので侮れない

ただ今回の主役は小学生になりそう。進境著しい仁科君に東日本大会の空気を知り負けん気の強そうな柳沢君、まだキャリアが浅い割には力強そうな相原君に馬力が売りの樋口君、更に赤旗では果敢にA級に挑んだ尾名高君、そして、さなる杯で活躍した青沼君。願わくは早指しを控えて時間を有効に使うように心掛ければ小学生対決だけでも好勝負が続出しそうだ


・E級(初心者の部)
中信=斉藤悠馬、花岡蒼太、今井遼一、中村俊尚
南信=三浦愛加、橋詰昴平、堀米真爾、堀米真喜
東信=荻原草士郎、沓掛喜章、中村奏太、塩川秋成
北信=佐野冬馬、丸田倖士朗、小林龍平、土屋知大

中信では攻めっ気の強い今井君と中村君に期待したい。南信は堀米兄弟が活躍しそうだがアマ強豪の父の訓導を受けた女子選手・三浦さんのセンスも見逃せない。小中学生の層が厚い北信も手強そう。混戦は必至だ。
 

県選手権の展望

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月 5日(火)20時42分41秒
返信・引用 編集済
  ・A級(信州王将戦・三段以上の部)
中信=大須賀欽一、胡桃沢正雄、新井浩実、田中滉人
南信=三浦義人、北村遼平、中畑太翔、中村忠雄
東信=小川顕、田畑忠晴、土屋稔、佐藤駿
北信=西田新、菊地康文、清水祐太、小野沢憲雄

(丸山予想)
本命=新井  対抗=西田  注意=大須賀、小野沢  伏兵=小川、土屋

2年ぶりの復位を目指す新井氏の攻守のバランス(どちらかと言えば攻めっ気強し)を僅差ながら本命に推すが西田君同様、ベテランの手厚さへの対応がカギを握りそう。伏兵に挙げた小川氏は井原千洋君に勝ったり山中達也氏を苦しめた事もあり侮れない。

高校生では西田君の他に中畑君や佐藤君にも注目。実績を頼りに中畑君が上に行きそうだが高校新人戦でダークホースと見なした佐藤君が、どれだけやれるか?他には準優勝の経験を持つ三浦氏や県のシニア名人にもなった中村氏、更には独特のスタイルの田中君にも注目したい



・B級(二段の部)
中信=中島修、中沢拓人、角谷嶺平、日景皓大
南信=西沢貞夫、間部拓二、中畑和将、竹村篤
東信=小川遥希、井山茂、小野寺駿、飯島龍
北信=浅品寛人、長原輝彦、小林英文、小林暖希

(丸山予想)
本命=角谷  対抗=日景  注意=浅品、中畑  伏兵=小川、竹村

2年連続で高校生以下の学生同士の決勝戦となった、このクラス。今回も学生強豪が目白押しだ。中でも秋の北信越大学団体戦を制した信州大学が充実しており今回も本命・対抗としてみた。

長野高専の浅品君や伊那東部中の中畑君も去る事ながら台風の目は小川君等の上田高校勢か?秋の団体戦優勝に貢献した小野寺君や飯島君が、どこまで強豪を苦しめるか?ベテランでは竹村氏を一押しとしたが塩尻支部の道場に出入りする長原氏の重厚なスタイルや安曇野の中学生・中沢君の馬力も要注意と言えそうだ
 

窪田空穂生家将棋教室懇親会のお知らせ

 投稿者:北部遠征師団長  投稿日:2019年11月 5日(火)14時24分19秒
返信・引用
  連絡が遅くなりまして大変申し訳ございません
将棋教室も懇親会を行います
皆様ふるってのご参加よろしくお願いいたします

窪田空穂生家将棋教室懇親会
会場:三代目鳥メロ(松本駅前)
日時:11月9日(土) 17時30分より二時間程度
会費:大人6,000円 学生4,000円
参加希望の方は事前にご連絡ください
塩尻支部幹事 松本
携帯090-4700-1888
 

11月の棋望会を11月17日に開催致します

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月 4日(月)17時40分19秒
返信・引用
  強者を目指して切磋琢磨する有志の方々の参加を心よりお待ち致します。奮って御参加下さいませ!!  

信州大学が頑張りました!!

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月 4日(月)17時19分39秒
返信・引用 編集済
  その前に
赤旗レポート完成致しましたので是非御覧下さい
m(_ _)m

秋の北信越大学将棋大会にて
信州大学が久々の団体戦優勝を全勝で飾りました

更に所謂、裏の名人戦にて山田隼大君が準優勝、
女子の部にて石川珠妃さんと優勝と上位入賞者が次々と誕生致しました

個人戦は優勝には届きませんでしたが
高山渓汰君が準優勝、角谷嶺平君が3位入賞
これもまた見事な活躍ぶりでありました。

この勢いをそのままに全国大会での御活躍を期待したいと思います。ともあれ北信越制覇おめでとうございました!!
 

高校新人戦の画像、来週から第2掲示板にて掲載

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月 4日(月)10時13分37秒
返信・引用 編集済
  画像上段&中段=高校新人戦男子A級準決勝の様子

いずれも左側の選手が全国大会進出を果たしました
優勝は上段の三島孝太君(松本深志)
準優勝は中段の鈴木麻弘君(伊那北)

画像下段=女子個人の部の長野県代表3選手

真ん中が優勝した松沢咲さん(伊那北)
左側が準優勝の西田誉さん(長野西)
右側が3位の小川清香さん(松本深志)

さて赤旗が一息ついた所で
来週より高校新人戦長野県大会の画像を
男子団体戦を主に掲載したいと思います。
早い話、春の団体戦を舞台とした連載の続編みたいな形で書き綴りたいと思いまして
また我慢してお付き合い下さいませ
(;^_^A
 

赤旗県大会⑨

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月 4日(月)09時57分23秒
返信・引用
  画像上段は朝日アマ名人戦の要綱です
是非御覧ください

赤旗名人戦の最終結果

優勝=鈴木翼
2位=三島孝太
3位=田中博己
4位=佐藤清文
 

赤旗県大会⑧

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月 4日(月)09時50分0秒
返信・引用
  (画像上段)準決勝・佐藤清文VS鈴木翼
(画像中段)決勝戦&3位決定戦の様子
(画像下段)史上初・高校生同士の長野県予選決勝戦

田中VS三島戦と同様、この準決勝も熱戦でした
津田君と井原君が見つめる中、軍配は鈴木君に上がりました

赤旗県大会も、いよいよ大詰め。3位決定戦は田中氏が制しました。今年の信大対決は先輩の方に分があったようです。そしていよいよ決勝戦・・・

決勝戦は三島VS鈴木戦。昨年のアマ棋王戦でも決勝戦を戦った両雄ですが当時三島君は中学生。更に全国に繋がる大会ではありませんでした。しかし今回は勝てば全国大会。

令和元年の赤旗名人戦。これが長野県史上初の長野県予選決勝戦が学生同士の対決が実現を見た大会となりました。

千日手指し直しの一戦は鈴木君の角換わり向飛車に三島が玉頭位取。三島君が上部から圧力を掛けますが8六桂・8九飛型が、どう生きるか?鈴木君も飛車が成り込み風雲急を告げて来ました

鈴木君が上部から逆襲するも決定機を逃して龍が撤退。再度三島君が上部から攻勢をかけましたが鈴木君がこれをガッチリ受け止め、ついに鈴木君が念願のタイトル初戴冠。全国大会初出場を決めました。本当におめでとうございました!!

惜しくも準優勝に終わった三島君ですが、上との戦いの経験値の差による場慣れの有無が、鈴木君との勝敗を分けた感があります。更に研鑽を積み重ねれば必ず長野県の第一人者になれる逸材だと思います。今後の御活躍を祈念致します
 

赤旗県大会⑥

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月 4日(月)09時11分20秒
返信・引用
  お次の中信期待のホープの御紹介
塩尻支部期待の高校生ホープ・三島孝太君です

(画像上段)1回戦・VS福村政広戦
(画像中段)準々決勝・VS黒岩雄大戦
(画像下段)準決勝・VS田中博己戦

独特の効率性に寄せの正確さと速さを兼ね備える三島君。百戦錬磨の振り飛車党の2選手を相手に最後まで自分の将棋を指し通して結果を出したその強さに唖然と致しました。

準決勝では、ついに田中氏との初対決が実現。
試合は矢倉模様の出だし。前の2局と違って右側に着座した三島君不動の7一銀を咎めんと田中氏が右の銀を早目に繰り出した事から双方矢倉に入城せず(王様の位置は6九と4一。しかも田中氏は自らカニ囲いを崩す)中央で激しい戦いが始まりました。

田中氏が更に激しく中央から圧力をかけていれば
あと終盤、もう一手早く8七歩打を敢行していれば
まあ色々勝負所は有りましたが、ともあれ田中氏の攻撃を米長玉の体制で何とか持ちこたえた三島君。

支部と高校の先輩・土屋朝陽君を連想させる独特の秒読みペースと正確な寄せで大殊勲の大金星!!見事決勝戦進出を果たしました。
 

赤旗県大会⑤

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月 4日(月)08時45分14秒
返信・引用
  中信期待の中学生ホープ・井原千洋君の熱闘譜2局
(画像上段)1回戦・VS南沢祐仁戦
(画像中段)準々決勝・VS田中博己戦

いずれも右側に着座した井原君。現在中学2年生
今年は竜王戦、名人戦、そしてこの赤旗戦と全て県大会まで勝ち上がり、更に市民タイムス杯でもA級優勝。今や飛ぶ鳥を撃ち落とす勢いです。中学選手権では未だに決勝進出すら果たしてませんが長野県最強の中学生棋士と言っても差し支えないでしょう

この2局が象徴的でした。初戦は早繰り銀を駆使、逆に田中戦では早繰り銀を迎撃。共に王様の守りを簡略にして激しい戦いに。井原君の持ち味が出るのは、こういう場面かも

苦戦の1回戦を乗り切り、更に田中氏相手にも押し気味に試合を進めて大きな駒得に。ここで待ち伏せの銀を外しながら自陣に竜を引き付ければ勝勢でしたが、敢えてリスクの高い寄せを敢行。本局はそれが裏目に出て逆転負けを喫しましたが、その積極的な姿勢は今後の大成に大きく繋がる事でしょう

画像下段、左側が市川椋氏、右側が佐藤清文氏
準々決勝で1番長引いたのが、この信大OBでした。
1回戦では山田君相手に先輩の貫禄を見せた市川氏でしたが
ここでは逆に佐藤氏に先輩の意地を見せつけられました
 

東京より朗報

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年11月 3日(日)22時43分42秒
返信・引用 編集済
  第32回全国障害者将棋大会にて
長野県から出場の柏原哲也氏が優勝致しました。

激戦を勝ち抜いて大きな勲章を手にした快挙に
祝意を表したいと思います。お見事でした
 

赤旗県大会④

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月31日(木)22時04分0秒
返信・引用
  さて今度は名人戦の戦いを見てみましょう

画面上段=名人戦1回戦
向側が山田隼大VS市川椋、手前が佐藤清文VS佐藤誠司

画面中段=名人戦1回戦
向側が菊地友恒VS萩原敏孝、鈴木翼VS瀬木健太郎

画面下段=名人戦準々決勝・鈴木VS萩原

角谷嶺平君との現役信州大学生同士の代表決定戦を勝って県大会に進んだ山田君でしたが、ここでも先輩と激突。今度は意地を見せつけられました。

「佐藤対決」は相穴熊の捻り合い。誠司氏が勝勢でしたが土壇場で決定的チャンスを逃がし痛恨の逆転負け。

復活した萩原氏。私にとっては安曇野豊科の先輩に当たります。信州大学の精鋭たちを、ことごとく連破しての県大会登場。野沢北高の菊地君からもシッカリ勝ちを掴みました。

瀬木氏の猛攻に冷や汗をかいた鈴木君でしたが辛くも凌ぎました。この時点では調子が悪い鈴木君でしたが準々決勝では本来の力を取り戻したようで萩原氏を退けて準決勝進出を果たしました。
 

赤旗県大会③

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月31日(木)19時11分19秒
返信・引用
  画面上段=赤旗新人戦準決勝
画面中段=同・決勝戦&3位決定戦
画面下段=同・最終結果

準決勝は津田VS鈴木(向側)と高山VS五十嵐(手前)となりました。戦前私は、は津田君を本命と致しましたが、その津田君のエルモ囲いを攻略した鈴木氏の機動力は見事でした。高山VS五十嵐戦も激戦でした。終盤までは高山さんがリードしていたようですが五十嵐君の懸命の粘りが実り逆転勝利を飾りました。

決勝戦は予選2位通過同士の対決(その向側では3位決定戦が行われ津田君が高山さんを降しました)準決勝に続いて鈴木氏が好調な指し回しを見せたようでしたが終盤で決定機を逸したのを契機に形勢が急変。五十嵐君か準決勝に続く逆転劇で優勝を勝ち取りました。

最終結果は画面下段の通り
五十嵐丈大アマ三段の誕生に心からの祝意を表します
m(_ _)m
 

赤旗県大会②

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月31日(木)18時56分38秒
返信・引用
  画面上段=開会式の様子

画面中段=赤旗新人戦1回戦・津田隆汰VS長谷川歩
(対局中の選手の紹介は、なるべく左側からとしています)

画面下段=赤旗新人戦1回戦
向側が臼井一真VS五十嵐丈大、手前が月岡晃太郎VS高山日那

新人戦は優勝すると三段免状が獲得できます。
そんな大きな勲章を巡り激しい戦いが展開されました

小林敏雄氏の欠場で不戦勝となった鈴木氏の相手を決める中高校生対決は、この数日後の高校新人戦でも優勝候補の津田君が北信の中学生ホープの粘りを振り切りました。

1回戦は全て学生同士の対決でした。そんな中、信州大学の五十嵐君が中学生ホープ、臼井君を撃破。

その手前は中学生屈指の黄金カード。
中学生選手権では男子の部2年連続の準優勝の月岡君と、女子の部優勝の高山さん。凄い組合せです

中盤で月岡君が銀桂交換の駒得になるも高山さん必死の手作りで形成不明のまま終盤へ。最後は強気の姿勢を崩さなかった高山さんに勝利の女神が微笑みました。
 

各種大会の情報

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月27日(日)21時36分58秒
返信・引用
  ・山梨団体戦の参戦状況

参加希望=丸山、坂口、赤木、土屋英、三島、津田、丸野
現時点で7名。丸山以外は日曜に参戦を予定&切望しています。

ただし西田兄妹は参戦不可となりそうです。

・10月の棋望会(参加6人)
優勝=三島孝太(5勝0敗)
2位=丸野崇志、3位=赤木崇幸

次回のの棋望会は11月17日であります

(高校新人戦の結果)

・男子個人A級
優勝=三島孝太(松本深志)
2位=鈴木麻弘(伊那北)
3位=佐々木秀峰(松本第一)
4位=津田隆汰(木曽青峰)

三島、鈴木の1年生2選手が全国大会初出場

塩尻支部会員の優勝は土屋朝陽君、西田君に続き3年連続。鈴木君は兄・麻修君も優勝経験がある為、兄弟アベック代表となった

・男子個人B級
優勝=浅川和之(松商学園)
2位=江沢光起(長野)
3位=奥井真二(上田)

・男子団体
優勝=上田A(小川遥希、小野寺駿、山辺竣)
2位=飯田、3位=野沢北

・女子個人
優勝=松沢咲(伊那北)
2位=西田誉(長野西)
3位=小川清香(松本深志)
4位=市川鈴(松本第一)

松沢、西田、小川の3選手が全国大会出場

・女子団体
優勝=松本第一(市川鈴、松本圭美、柏原有紗)
2位=伊那北、3位=大町岳陽

いずれ近い内に第2掲示板にて戦況レポートを作成予定であります
 

今度の棋望会は10月27日です

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月25日(金)22時19分48秒
返信・引用
  対局は5試合、持ち時間は30分30秒です
強者を目指して切磋琢磨する有志の方々の御来場を心よりお待ち致します!!

高校新人戦は女子個人で代表が決まり男子も熱戦竹縄。三島君と津田君も勝ち残っており準決勝(代表決定戦)で当たる可能性があるとか。もう片方では松本第一同士の代表決定戦の可能性も残されているようで中信勢の活躍を期待したいです

なお、この投稿の下の管理人返信欄にて男子個人の準々決勝の結果を掲載致しますので昼食前後辺りに赤枠が出るかどうか御注目下さいませ。

あと朝日アマ名人戦の要綱の画像も掲載致します。
事前申込制ですので出場希望者は締切日までに申込を完了して下さい。
 
    (MSG総統) 高校新人戦男子個人A級準々決勝の結果

☆三島孝太(松本深志)VS所附快和(長野高専)★
☆津田隆汰(木曽青峰)VS小川遥希(上田)★
☆鈴木麻弘(伊那北)VS丸山颯斗(松本第一)★
☆佐々木秀峰(松本第一)VS菊地友恒(野沢北)★

準決勝(代表決定戦)の組み合わせ
三島VS津田  佐々木VS鈴木
 

第28回山日YBS杯将棋団体戦開催のお知らせ

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月24日(木)21時05分54秒
返信・引用
  日本将棋連盟山梨県支部連合会の会長・小池正夫様より上記大会の御案内が届きましたので挨拶分を掲載致します。

紅葉の候、皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。

さて例年開催されております「山日YBS杯将棋団体戦」ですが12月7・8日(土・日)と2日に分けて開催致します。

また、本年より「小学生限定クラス」を新設(12月8日に開催)初級者~中級者の小学生にも気軽に御参加できる様に致しました。

つきましては別添「`19  第28回山日YBS杯将棋団体戦案内」を同封致しましたので、多数お誘い合わせの上、ご参加下さいますよう、お願い申し上げます。

↑挨拶のコメントは以上であります。
その案内文と、クラス編成は下の画像の通りであります。

なお会場ですが通常の団体戦が昨年と同じく山日YBSホール、小学生限定クラス(5級程度まで)が山梨文化学園(山梨文化会館東館)と異なっていますので御注意下さいませ。

どちらも5人1組&申込締切が11月20日(水)必着であります。

以上です。

 

学生大会の展望(高校新人戦③)

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月23日(水)22時28分7秒
返信・引用
  ・男子個人(代表2名)

本命=三島孝太(松本深志)
対抗=津田隆汰(木曽青峰)
注意=山崎晃太朗(松本深志)
伏兵=佐藤駿(野沢北)

本命と対抗の選定が難しいが数日前の赤旗名人戦の戦いぶりから三島君をハナ差ながら本命としてみた。根気良くジワジワとポイントを重ねて完封まで持っていく、いぶし銀の味わいを感じる勝ちパターンに加え寄せのスピードも早い。赤旗名人戦では最後に鈴木翼君に敗れ準優勝に甘んじたが田中博己氏を破った事は大きな自信となった筈。受けを重視し過ぎて攻め込まれる展開にさえ注意すれぱ頂点に立てるだろう。

対抗馬とした津田君だが、高校大会ではテクニックや安定感よりパワーと勢いを前面に出した者が有利だと思っている私から見れば三島君より彼の方が優勝への条件を満たしてと思う。未だ優勝経験はないが全国大会を2度経験しているのも強みだ。中盤の力が更に強化されたら優勝争いの主役は津田君になるであろう

出場の可否が注目された山崎君だが、どうやら出場する模様だ。定跡から離れた中終盤の戦いでの強さは健在で高校竜王戦での準優勝に繋がった。序盤の厳しさ、精密さに磨きがかかれば台風の目になりそうだ。

今回、伏兵・ダークホースと呼べる選手は数多く存在するが敢えて佐藤君を推してみた。彼の母校・野沢北には菊地友恒君(彼も要注意!)が居るので部内でもナンバーワンとは言えないかもしれないが、鈴木翼君を破ったり黒岩雄大君を剣ヶ峰に追い込んだ地力は侮れない。真面目そうな態度で強くなろうというオーラの露出度も相当高そうだと見てダークホース扱いする事にした。

だが今回は強豪がかなり多い。前述の野沢北の2人に加え松本第一の佐々木秀峰君と丸山颯斗君。伊那北の中畑太翔君と鈴木麻弘君。更には小学生の頃から腕を磨いている小川遥希君(上田)や佐原智輝君(松本県ケ丘)、県の中学生名人を倒すまでに力をつけた水橋峻良君(松本深志)辺りが上位に食い込んできそうだ。

2日目になっても参加選手の数が、さして減らない為、選手権や竜王戦よりも賑やかで運営の方々の苦労が倍増するのが新人戦の特徴である。今回は個人戦も団体戦も競争率が例年より高くなりそうで、選手も運営者もタフな仕事を強いられそうだ。
 

学生大会の展望(高校新人戦②)

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月22日(火)21時17分58秒
返信・引用 編集済
  ・女子団体
伊那北の優位は動かない。松沢咲さんの存在が大きく、また他の選手たちも終盤の緊迫感にも簡単に崩れない強さを持っている。ただ松本第一も粒揃いで鍛えられている。伊那北も容易に松本第一を振り切れないであろう。久々に3名揃えた大町岳陽の挑戦にも注目したい。

小川さんや西田さんが混成チームで出ればとは思うが可能性は極めて薄いと私は見ている。最もこの2人に松沢さんを加えたトリオで男子団体戦に挑戦させれば非常に面白そうなのだが。

・男子団体
第2掲示板でも述べたが今年の春の選手権で敗れ、来年に雪辱を期そうと闘志を燃やす選手が例年以上に大勢いる分、激しく火花が飛び散りそうだ。

実名を挙げれば伊那北の中畑太翔&鈴木麻弘君、松本第一の佐々木秀峰&丸山颯斗君、野沢北の菊地友恒&佐藤駿君、そして長野高専の下級生部隊であろう。彼等の課題は自身の実力強化と3人目の台頭。そう言う意味では重要な前哨戦となる。

小川遥希君を擁する上田や準優勝チームから水橋峻良&坂之上碧君を残した松本深志にも注目が集まる。特に気になるのは深志だ。1年生の層が物凄く分厚い深志。坂之上君や山崎晃太朗君、そして三島孝太君。果たして彼等を、どう運用していくのか注目される。最もこれはあくまで来年の話題だが。

戦力の点検とライバル校との小手調べ。男女共に全国に縁のない団体戦といえど激しい鍔迫合いが展開されるであろう。
 

学生大会の展望(高校新人戦)

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月22日(火)20時30分34秒
返信・引用
  赤旗の戦評は後日必ずレポート形式でという事で、今回は今週金曜と土曜に松本市にて行われる高校新人戦を占いたいと思う。

・女子個人(代表3名)
本命=西田誉(長野西)
対抗=小川清香(松本深志)松沢咲(伊那北)

上記3選手が全国大会出場の可能性が高く更に実力が拮抗していて、優勝争いが相当激しくなりそうだ。高校女子のレベルを遥かに超えるレベルで、ある意味長野県最強女流棋士決定戦と言っても過言ではないが、平日開催の為、観戦に行けないのが何とも残念だ。

それでも西田さんを本命に挙げたのは、遥々塩尻まで数多く出稽古に赴く積極的な姿勢と県大会の常連レベルの男性選手を何人か負かす程の実力を勝っての事である。強気な姿勢と勝負所で読みを入れる習慣がついているなら僅かながら本命に推したい。

高校女子の2冠で県予選では負け知らずの小川さんもバランスの取れた将棋が身上で当然優勝候補だ。松沢さんを相手に、どんな対策を披露するのかが注目される。

1年生の松沢さんだが高校の女子部門で小川さんや西田さんと覇を競うのは、これが最初で最後になるかも知れない。プレ大会では色々な戦法を見せて引き出しの多さを相手に植え付けた。本番では、どのような方針を以って作戦を選ぶのか?勿論実力は限りなく本命に近い。

後は伊那北や松本第一の精鋭陣に期待がかかる。上記3選手と言えど人の子であり、負けられないというプレッシャーやライバル対決の後の疲労感などで普段通りの将棋を指せない時があるかもしれない。

基礎はシッカリして簡単に崩れる事なないだろうから。懸命に食い下がって接戦を展開して相手の焦らせれば充分に勝機はある。大町岳陽も含め粘り強く戦って欲しい所だ。
 

県選手権の地区代表一覧

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月21日(月)23時03分46秒
返信・引用 編集済
  ・令和元年10月22日午前6時15分に再編集
(まあしょうも無い文言を管理者返信欄の赤枠に作成致しました。是非御覧下さい)

・三段以上の部
中信=大須賀欽一、胡桃沢正雄、新井浩実、田中滉人
南信=三浦義人、北村遼平、中畑太翔、中村忠雄
東信=小川顕、田畑忠晴、土屋稔、佐藤駿
北信=西田新、菊地康文、清水祐太、小野沢憲雄

・二段の部
中信=中島修、中沢拓人、角谷嶺平、日景皓大
南信=西沢貞夫、間部拓二、中畑和将、竹村篤
東信=小川遥希、井山茂、小野寺駿、飯島龍
北信=浅品寛人、長原輝彦、小林英文、小林暖希

・初段の部
中信=朝倉達雄、浅井博文、丸山颯斗、黒岩泰
南信=小口尚輝、加藤招郷、松井秀真、松沢咲
東信=金子凛太郎、清水輝元、柳沢勉、東城秀文
北信=滝沢峻平、鈴木千尋、中川雄太、丸山信友

・級位者の部
中信=滝沢真吾、田中皓基、樋口瑛太、井上遼太郎
南信=河原大葵、熊田徳貴、青沼航太、尾名高逸純
東信=内川慎也、山宮準史、佐藤香織、相原瑞樹
北信=仁科拓人、柳沢水詞、目黒隆雄、石渡達也


・初心者の部
中信=斉藤悠馬、花岡蒼太、今井遼一、中村俊尚
南信=三浦愛加、橋詰昴平、堀米真爾、堀米真喜
東信=荻原草士郎、沓掛喜章、中村奏太、塩川秋成
北信=佐野冬馬、丸田倖士朗、小林龍平、土屋知大
 
    (MSG総統) 令和元年10月22日午前6時15分に投稿

祝日と知らず長靴で会社に出勤、上司に軽く叱られた後、只今帰宅した丸山です
(;^_^A

という事で、余程の事がない限り、本日は安曇野市から一歩も外に出ない事を誓いたいと思います
m(_ _)m
 

赤旗将棋大会の結果

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月21日(月)16時28分26秒
返信・引用
  ・名人戦
優勝=鈴木翼
2位=三島孝太
3位=田中博己
4位=佐藤清文

・新人戦
優勝=五十嵐丈大
2位=鈴木治雄
3位=津田隆汰
4位=高山日那
 

赤旗県大会①

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月20日(日)10時20分41秒
返信・引用
  画像上段=急遽変更となった会場・日本共産党委員会事務所。

画像中段&下段=名人戦と新人戦の組み合わせ。今年は一発トーナメントです

速報は第2掲示板にて、お伝え致します
 

安曇野囲碁・将棋大会のお知らせ

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月16日(水)22時24分1秒
返信・引用
  上記大会(プロ棋士指導対局含む)が今年も例年通り11月の最終日曜日に開催致します。

秋の終幕と冬の幕開けを告げる安曇野市のビッグイベント。皆様どうか多数の棋友をお誘いの上で奮って御参加下さい。

画面は安曇野囲碁・将棋大会の挨拶状、要綱、そして申込用紙であります。受付期間を御確認の上で、申込用紙に必要事項を記入して下さい。

なお長野安茂里支部のイベントの通知の画像も併せて掲載致します。こちらにも参加の御検討よろしくお願い致します
m(_ _)m
 

赤旗県大会・延期のお知らせ

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月13日(日)12時17分43秒
返信・引用
  まずは、この度の台風で被災した方々にお見舞いを申し上げると共に御無事である事を心から祈りたいと思います。

さてこの台風により14日に開催予定だった赤旗長野県大会の日程延期及び会場変更をお知らせ致します

日程は10月20日(日)

会場は日本共産党長野委員会事務所であります
住所=長野市若里1ー12ー7
電話=0262268376

以上です。取り急ぎ御報告まで
 
    (MSG総統) 因みに私も長野に参上予定です
(つまり県選手権は不参加予定です)
 

塩尻道場お休みのお知らせ

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月11日(金)20時33分46秒
返信・引用
  12日の土曜日ですが台風接近の為
広丘の道場は、お休みと致します。
大変申し訳ございませんが、どうか御了承下さい
 

赤旗大会の展望(名人戦)

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月10日(木)21時11分8秒
返信・引用
  台風による悪天候が危惧されるが、それが過ぎて直ぐ様に始まる赤旗決戦。全国出場を目指す16選手は次の通り

中信=萩原敏孝、三島孝太、山田隼大、井原千洋
南信=福村政広、宮崎義則、市川椋、瀬木健太郎
東信=田中博己、佐藤清文、菊地友恒、川口博司
北信=佐藤誠司、南沢祐仁、黒岩雄大、鈴木翼

(丸山予想)
本命=田中、対抗=市川、注意=鈴木
伏兵=佐藤清、ダークホース=黒岩

若手の台頭が目立っているが、やはり田中名人が本命だろう。隙の無い安定した総合力に加え劣勢時での決め手を与えない実直な粘りも健在。この大会も優勝争いを先頭に立って牽引する事になりそうだ

第2グループは、ほぼ横一線と見る。バランス感覚が非常に高い選手が揃う中、攻撃力の高い市川氏を対抗に推してみた。この大会では奥村龍馬氏を倒した事もある実力者。相手の研究を跳ね返すパワーを持てば優勝も夢ではない

佐藤清氏も一度は田中氏を倒した事もあるので当然優勝候補だ。高校生との戦いがカギとなりそうだ。その高校生だが今回は4人出場する。中でも注目のは高校竜王戦全国8強の鈴木君だろう。大人交りの県大会でも選手権優勝、竜王戦と棋王戦で3位。そろそろ全国切符が欲しい所だ。

しかし上位食いに最も期待したい学生選手は黒岩君だ。軽快な動きで急所を的確に突くスタイルに狂いがなければ面白そうだ。

中信の若手、三島君と井原君も実力的には黒岩君と遜色がなく台風の目になりうる存在。三島君は厚みと駒得を生かしての完封勝ちが身上。破壊力と粘り腰が備われば脅威となる。中学生の井原君の課題は外敵対策。このようなビジター戦で勝率が伸ばせれば瞬く間に大ブレークするであろう

信州大学の山田君も同校の先輩・角谷嶺平君を倒して勝ち上がってきただけに初出場ながら楽しみな存在だ。野沢北高の菊地君も2回目の出場で場馴れしている筈なので思い切り良く指せれば侮れない。自分のスタイルを貫き通せれば南沢君も相当手強い。

久々登場の萩原氏や、伊那の若手のリーダー格の福村氏には、ネチッコイ展開に持ち込んで相手を消耗させる粘力を期待したい。この2人が真の伏兵か?

元・名人の川口氏の柔軟なスタイルと佐藤誠氏の剛健な指し回しで若手を翻弄する場面を見てみたい。田中氏相手に力を出し切れるかがポイントであろう。瀬木氏の機動力や宮崎氏の思い切りの良さも要注意だ

山中達也氏や有田高大氏が長野県を去った今、これまで以上に若手の台頭とベテランの奮起が熱望される。14日の月曜日の大会では、意地と意地のぶつかりあって見応えある名局が沢山出てくる事になるであろう
 

赤旗の展望(三段免状獲得戦)

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月 9日(水)22時07分51秒
返信・引用 編集済
  その前に、この1つ下に棋望会と窪田空穂教室の事を書き記してありますので、そちらも是非御覧下さいませ。
m(_ _)m

さて来週月曜日に長野市で開催される赤旗大会
そろそろ各クラスの戦いを占いたいと思う。
先ずは三段免状獲得戦から。代表8名は次の通り

中信=津田隆汰、五十嵐丈大
南信=高山日那、小林敏雄
東信=臼井一真、鈴木治雄
北信=長谷川歩、月岡晃太郎

(丸山予想)
本命=津田、対抗=五十嵐、
注意=月岡、ダークホース=高山

勢いと厚みが売りの高校生強豪・津田君を本命に推す。最近は終盤も粘り強くなり逆転勝利も増えてきた。逆に言えば中盤が課題。好不調の波の激しさが軽減されれば不動の本命であろう

対抗と注意は、ほぼ互角か?信州大学の五十嵐君も、このクラスでは上位の常連だけに、そろそろ殻を打ち破りたい。中学生の実力者・月岡君は体力的の持久力は申し分なしなので頭脳の持久力が追い付けば優勝にグッと近づいてきそうだ。

台風の目は女子中学生期待の星・高山さんであろう。正確な読みに思い切りの良い強気な攻めが身上で実力だけでなく内容にも大注目。津田君とは支部対抗戦で大熱戦を展開したようで今回も期待したい。課題は月岡君、五十嵐君タイプにを相手に自分の将棋を指しきれるかどうかであろう

伏兵は北信の中学生・長谷川君と見る。北信予選では競争相手となった2人のベテランの全勝を阻止して逆転で代表を勝ち取った。小中学生の競争を豊富に揃う北信棋界で揉まれた底力を是非発揮して欲しい。中学生では更に東信の1位代表・臼井君も楽しみな存在だ。指し盛りの鈴木氏に手厚さが備われば、また小林氏がベテランの妙技を数々披露してくれたら優勝争いは更に激しいモノになる。

大学生と高校生が1人ずつ、これに4人の中学生が絡むフレッシュな顔触れが最大の注目点。ベテランの方々も意地見せて若手をキリキリ舞いにしてくれる事を期待したいと思う。
 

10月の棋望会&秋の空穂教室の日程ですが

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年10月 9日(水)16時37分30秒
返信・引用
  今月の棋望会ですが最終日曜の10月27日に開催致します。強者を目指し切磋琢磨する有志の方々の御参加をお待ち致します。

また秋の窪田空穂生家将棋教室の日程が決まりました。

11月9日(土)午前10時から

・講師の先生
石川陽生七段
小林宏七段
田中悠一五段
野島崇宏指導棋士四段

詳細・続報は、また後日お知らせ致します
 

赤旗中信予選⑥&県将棋選手権・中信予選のお知らせ

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年 9月29日(日)22時52分58秒
返信・引用 編集済
  画面上段
10月開催の県将棋選手権の一次予選
その中の中信予選の要項が届きましたので
この場にて御紹介致します。奮って御参加して下さい

赤旗一次予選は全て終わりました
中信代表は次の通り

A級=萩原敏孝、三島孝太、井原千洋、山田隼大
B級=津田隆汰、五十嵐丈大

記念撮影
画面中段=A級代表。萩原氏を写せなかったのが残念
画面下段=B級代表

県大会での御健闘を祈ります!!
 

赤旗中信予選⑤

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年 9月29日(日)22時39分35秒
返信・引用
  画面上段
手前が小林勇司VS三島孝太戦
小林氏の迫力VS三島君の手厚さ。勝ったのは三島君
初戦で田中滉人君に敗れ黒星発進も、その後は快進撃
津田君同様、前日の高校大会の無念を晴らしました
これで高校生代表は本大会4人目。

向側は萩原敏孝VS藤野裕太戦
予選1位突破の萩原氏、三島君に負けただけでした
信州大学のホープ相手に底力を発揮
見事に優勝を飾りました

画面中段
手前が井原千洋VS田中滉人戦
角谷君に敗れただけの井原君に十八番の得意戦法で三島君や柏原哲也氏を倒して勝ち上がった大学生の田中君。一進一退の捻り合い末、中学生の井原君が勝利。
大会最年少の地区代表になりました

その向側では角谷嶺平VS山田隼大の信大対決
これが1番長引きました

画面下段
熱戦を制したのは山田君。2人目の大学生代表に
信州大学関係の地区代表は、確かこれで5人目か?
 

赤旗中信予選④

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年 9月29日(日)22時20分32秒
返信・引用
  画面上段
さて少し別方向に目を向けてみました。
囲碁の大会に挑むはナント!新井浩実&内海悠馬の2選手ではありませんか!!

特に新井氏はB級に出場して見事県大会進出。
将棋と囲碁の両方で地区代表の快挙は田中博己氏以来
多分6年ぶりかと思います。いや凄いですね

画面中段=さてこちらは将棋A級の様子
今回も混戦でした

画面下段=予選最終戦・小林勇司VS角谷嶺平戦

ここまで唯一の全勝者・角谷君と2敗の小林シニア名人の激突。
前半連敗しながら後半踏ん張る。まさに今年の県シニア名人戦の優勝パターンを見るような感じで角谷君を撃破

これでA級は全勝者も全敗者も居なくなりました
 

赤旗中信予選③

 投稿者:MSG総統  投稿日:2019年 9月29日(日)21時34分39秒
返信・引用
  画面上段=前の投稿に引き続きB級の戦いの様子です
子供たちだけでなくベテランの方々も真剣かつ楽しく指しておりました。

画面中段=B級代表決定戦
手前が黒岩泰VS津田隆汰戦、向側が中島修VS五十嵐丈大戦

黒岩VS津田戦は黒岩氏の優勢に見えました。黒岩氏の攻め駒が急所に利いているように見えるのに対し津田君は駒が足りず攻めの手掛かりもないように見えたのですが・・・

一方、その隣では
安曇野の親分肌・中島氏が若手強豪に真向勝負!!

画面下段
しかし県大会進出を果たしたのは津田君と五十嵐君
百戦錬磨の中島&黒岩氏、無念の敗退でした
塩尻支部会員も何人か加わり感想戦に熱が入ります
 

レンタル掲示板
/29